こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

格安スマホ MOTOG5のDSDS対応について

今月の15日の夜中に、私の端末にシステムアップデートの知らせがきたので、ダウンロードOKにしてそのまま寝て朝起きたら完了していました。android7.0から8.1.0へのアップグレードとMOTOG5のDSDSへのアップデートが行われていました。

私は、電話のみソフトバンクの電話し放題を契約しており、データ通信は基本的に自宅のWi-Fiを利用し、たまの外出時のみfreetelの格安シム(docomo)を使っています。

翌日にソフトバンクから高額料金(3万円)の警告メッセージが入り、直ぐにソフトバンクに連絡したら、15日に20GBを超えるデータ通信があり料金は29万円台になっていると言われました。

その時のダウンロード時はWi-Fiで行っており、ソフトバンクのモバイル通信はオフになっていたはずです。
しかし、後で端末で確認してみると、805MB使用していました。

結局、以上の状況をソフトバンクに説明したところ、今回に限り、5000円の料金で良いということになりました。

納得がいかないので、モトローラ社にも問い合わせて、改めて連絡をするということで電話を切りました。

さらに翌日、モトローラ社に連絡しましたが、システムアップデートの際のデータ通信量は分からないとのことでした。

ネットで調べたところでは、せいぜい1GBくらいのようでした。

上記のシステムアップデートで一晩で20GBを超えるような事があるのでしょうか?

データアプリを入れておけば良かったと後悔しています。

投稿日時 - 2018-10-19 16:29:10

QNo.9549235

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

平時はDSSSの設定でWiFiが切れても問題がない状態であったとしても、DSDSのOSアップデートが降ってきた後では普通に通信できる状態になってしまうということです。なのでSIMをデータ通信不可能な契約状態にしておく備えが必要です。データ定額を外すのは特殊な運用ですから、それは必須です。

GBについては、キャリア側で計測するデータ通信量はTCP/IPのオーバヘッドも全て含めた状態になりますので、端末側の値に比べると大きくなり、通信で失敗再送/再ダウンロードが発生するとそれもすべて課金対象として計上されます。よほどのシステム障害でもない限りキャリア側の記録は正確です。OS更新で色々設定が既定値に戻ってしまい、普段は無効にしていたクラウド同期がソフトバンクLTE回線で始まってしまった可能性もあるのではないでしょうか。

節約のために特殊なことをすると、その辺はやはり、すべて自己責任の世界に足を踏み入れることになります。それでも、初回はキャリアが救済してくれる分、御の字です。自分もキャリアSIMと格安SIMのDSDSで費用を抑えた運用をしていますが、端末側の設定は変わってしまうことがある(不注意で変えてしまうことも)前提で、高額請求が生じ得ないよう契約レベルで措置しています。インターネット接続契約を残してデータ定額を解約するのは絶対にNGです。

投稿日時 - 2018-10-20 04:29:10

お礼

回答、ありがとうございます。
1年前、データ定額を外す時にソフトバンクからは、当方が、これからはデータ通信はWi-Fiでしかやらないと言っても、web使用料は外せず、そうでないと電話し放題契約も出来ないと言われ、以来、web使用料200円を払っています。
今朝、改めてソフトバンクに連絡をして、15日のデータ通信量を確認したところ、1GB程との回答がありました。
前回の20GB超のデータ通信量という回答は全くの嘘でした。また、ソフトバンクの3GBまでのデータ定額は3500円とのことで、私はデータ定額契約をしてないので1GBでも5000円を請求するとの事でした。
私のスマホのソフトバンクモバイルデータ使用量は805MBであり、ソフトバンクの言う1GBは誤差の範囲だと思います。

後日談があり、私が1G使った4日後に、速達便で47万円の請求書と振込用紙を送ってきました。
これは、ソフトバンクの部署内の処理のズレが原因と分かりましたが、それにしても、当初の担当者の言う20Gと今朝の担当者の言う1Gと、余りにも開きがあり過ぎて、狐につままれた気持ちでおり、また、ソフトバンクという会社の恐ろしさを体感しました。
気の弱い人なら、そのまま払い込んでしまいそうです。
それにしても1Gで47万円請求とは、まるで振り込め詐欺みたいです。
携帯代の価格破壊を起こした孫さんには感謝していたのですが、認識が全く変わりました。

投稿日時 - 2018-10-22 11:11:02

ANo.3

GBの量はすでに回答がありますので別として、今回の高額請求の原因は単純で、OS更新に伴いWiFi接続が切れ、SIMがS!ベーシックパックを契約したままであったために自動的にLTE通信となり、データ定額を契約していなかったために青天井になったものです。

これは、WiFiが切れたときにLTE通信に自動的に切り替わるような契約状態を放置していた契約者側の落ち度とみなされます。データ定額契約を解約する場合は、キャリアメールは諦め、インターネット接続オプションは必ず解約してください。そうしないと、今後再び同じことを繰り返すと思いますよ。これは端末にアプリを入れても対策になりません。SIMがインターネット接続可能で青天井な請求となり得る契約状態であること自体が問題なので。対策としは、データ定額契約をするか、インターネット接続オプションを解約するかどちらかです。

ソフトバンクでインターネット接続オプションを外せない場合は、ドコモでの契約を勧めます。ドコモはインターネット接続オプションのない「純粋な通話定額」の契約が可能です。

納得がいかないという心情はお察ししますが、今回の請求は自己責任です。

投稿日時 - 2018-10-19 22:22:56

補足

実は私のスマホはDualSIM SINGLE Standby仕様のもので、SIM1にはfreetel(docomo)の格安SIMを挿し、SIM2にはソフトバンクの通話専用SIMを挿しており、Wi-Fiが切れても自動的にモバイルデータ通信が始まるような設定はできず、その都度、手動で切り替える必要があり、これまでも、Wi-Fiが切れてもモバイルデータ通信が自動的に始まったことは一度もないのです。
Wi-Fiによるデータ通信量も、今回のシステムアップデートによると思われるデータ量が端末に記録されており、ソフトバンクのモバイルデータ通信を20GBも使ったとはどうしても考えられないのです。

なお、今回のシステムアップデートにより、本機はようやくDSSSからDSDSになりました。
ご指摘、ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-10-20 01:01:12

ANo.2

Android8.0.0の私のスマホでは、ストレージからみたシステムの容量は8ギガしかないっすよ。
ごっそり入れ替わるだけなら、8ギガが上限の気がします。

ただメジャーバージョンアップだと、バージョンの前後に、Googleへのバックアップや復元、アプリの再インストールを伴うケースもあるので、ご質問者さんがインストールしたアプリの容量や、溜め込んだコンテンツなどのデータの容量によって、それくらいはいくんじゃないかな。

投稿日時 - 2018-10-19 18:58:48

お礼

ありがとうございます。
内部共有ストレージを再確認したところ、16GBのうち11GBほどの使用率で、アップデート前より少し増えていたくらいでした。ですので、ダウンロードで8~10GBほど消費したようです。
それも、ほとんど自宅のWi-Fi経由でダウンロードしたのに、ソフトバンクの対応には納得がいきません。再度、ソフトバンクに電話するつもりです。

投稿日時 - 2018-10-19 21:27:44

ANo.1

 
Android 8 のシステムは16GBほどあるそうですよ
https://tomandroid.com/2018/03/android-8-0-oreo-internal-storage-capacity.html/
上記の記事はAndroid 8なのでAndroid 8.1が20GBとしてもおかしくはない
 

投稿日時 - 2018-10-19 16:38:51

お礼

早速の回答、ありがとうございました。
私の端末のストレージは16GBなのですが、システムアップデート後は使用率が7割近くの11GBと、前より少し増えていました。
Android8.1がこれ程大きなデータ量とは知りませんでした。

投稿日時 - 2018-10-19 21:03:36

あなたにオススメの質問