こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

HUAWEIとASUSの日本語変換候補

今、HUAWEIのスマホを使っています。そろそろ買い替えようと思うのですが、お値段と性能を考えて、HUAWEIとASUSあたりを検討中です。
今のスマホで気に入らないのは漢字変換の候補です。
中華製だからとはいえ、使ったこともない、見たこともない、今後使う可能性ゼロの漢字が前の方に出てくるのが嫌です。
例えば、「いん」。
殷、尹、吽、堙、婬、廴、恁、殞などなど…。こんな漢字がズラズラ並んだあとに「飲」が出てくるとか、使いづらいです。

HUAWEIのP20liteとかnovaあたりを使っている方、変換候補はどんな感じですか?

日本語漢字優先の配列に変更することは可能でしょうか。

また、ASUS(型番忘れてしまいましたが、新しいのから2~3番目当りのお手頃価格のもの)の漢字変換はどんな感じでしょうか??
こちらも中国語チックな漢字変換が優先なのか、それを変更することが出来るのか、を教えて頂けたら、と思います。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-09-08 18:36:40

QNo.9535284

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

Androidは、Google Playやアマゾンアプリで購入した日本語変換アプリを、機種を変更してもずっと使い続けられますから、ひとつ購入しておくことをオススメします。
変換辞書を1つ育てておくと、ご質問のケースも含めていろいろと便利ですよ。

私自身はATOKをオススメはしませんが、ATOKやWnnなど、好みのものを見つけることいいですよ。

投稿日時 - 2018-09-08 22:35:36

お礼

回答をありがとうございました
おぉ、機種変しても引き継げるんですか!それは嬉しい。
とても参考になります。

投稿日時 - 2018-09-13 12:14:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

P20liteがgoosimsellerで9800円と安く売っていたので気分転換用に購入しました。
普段はiPhoneを使ってます。iPhoneと比べると変換は糞ですね。
確かに中国語が基準なのか?って漢字が出たり変換されない漢字あったりしますね。

ただP20liteの純正の変換はHuaweiの物ではなくAndoroidの物なのでAsus製の物を使っても初期の変換能力は同じだと思います。
それを解消するには別のIMEをインストールすれば良いと思いますよ。

4G+4Gの待ち受けが出来る上にmicroSDも同時に使えP20liteの様なハイアスペクトで3万円のOppoも魅力です
上位機種はおサイフケータイも付くそうです

投稿日時 - 2018-09-09 12:40:48

お礼

回答をありがとうございます。
友達のASUSのタブレットを使ってみたら「いん」で同じ変換が出ました(苦笑)
変換を機種選択の判断基準にしなくても大丈夫なのだとわかってきました。

投稿日時 - 2018-09-13 12:20:31

ANo.2

ASUSを使っていますが、別に中華表記という訳ではありません。
サポートも日本支部でやってくれていますし。

漢字変換などはキーボードアプリによりますので、日本語入力の物を使えば問題ありません。

私はsimejiを入れて使っていますが、むしろ難しい漢字はなかなか出てきません。
例:「いん」→印刷会社 印刷 引退 インスタ いん イン 員 in 引 院 ・・・
予測変換も混ざってしてしまいますが、学習させれば使っている順になりますし、あえて難しい変換を登録することも出来ます。

日本の会社のスマホでも中国語などの外国語アプリを入れると中国語などになりますよ。

ちなみに私は3年前に発売された端末Zenfone2を愛用しています。
購入して半年も経たないうちに故障してしまいましたが、カスタマーセンターに連絡したら無料交換して貰えました。

投稿日時 - 2018-09-08 19:48:02

お礼

回答をありがとうございました。
キーボードもアプリなのですね。
お書きのように予測変換は学習効果があるのですが、単漢字を出そうとするといらん漢字が先に出てきて、地味にストレスでした。
メーカーサポートも手厚そうなASUS、いいですね。

投稿日時 - 2018-09-13 12:13:43

ANo.1

ASUSのスマホ、タブレットを使用しています。

ASUS Japanが日本国内で販売しているAndroid端末(スマホ、タブレット)にプリインストールされている日本語入力アプリは「ATOK for ASUS」になります。
ATOKとは徳島県日本車があるジャストシステムという会社が開発した日本語入力システムで、1981年から開発が始まり今に至っています。
パソコンでは「日本語入力という場ATOK」という時代がありました。

例えに上げられている「いん」ですが私が使用しているASUSのスマホ(ATOK)では院、印、因、陰、姻という変換候補が出てきます。

ATOKは「ATOK for Android」としてPlayストアから購入できます。
専門辞書(医療用とか建築用とか)も用意されていたはずです。ただしバンドル版のATOKには使用できなかったはず。

それに、Androidで使用できる日本語入力アプリはプリインストールされたものだけではありませんよ。
Google日本語入力やGoogle手書き入力、Simejiなどたくさんあります。

投稿日時 - 2018-09-08 19:47:26

お礼

回答をありがとうございました。
パソコンではIMEを使っていて他の物をインストールするという認識がなかったので、なるほどと思いました。

投稿日時 - 2018-09-13 12:11:14

あなたにオススメの質問