こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

簿記2級の連結決算について

簿記2級の連結決算の初歩で質問があります。
投資と資本における相殺消去についてですが、
たとえばS会社の純資産が1,000とした場合、
期末にP会社がその株式の80%を1,200で取得したと
したら、相殺消去の仕訳は

資本金 1,000 / 子会社株式 1,200
のれん 400 / 非支配株主持分 200

となるかと思いますが、この仕組みがよく分かりません。
P社がS社の株式80%を1,200で取得したときのPとSの
仕訳はたとえば

P社
子会社株式 1,200 / 現金 1,200
S社
現金1,200 / 資本金 1,200

となり、そうするとS社の純資産はその時点で2,200となる
のでしょうか。それとも80%分、つまり800が1,200となり、
残りの200と合わせて1,400となるのでしょうか。
そうすると株式取得時のS社の仕訳はどうなるのでしょうか。

資本金 800 / 資本金1,200
現金 1,200 / ??? 800

このあたりが上手く理解できません。どなたかご教授いただけますと
幸いです。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2018-08-15 10:42:30

QNo.9527678

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

P社がS社の株式80%を1,200で取得したとき,P社の仕訳は
子会社株式 1,200 / 現金 1,200
でしょうが,その取引の相手先はS社ではなくS社の株主です。したがってS社には仕訳は必要ないのではありませんか?

投稿日時 - 2018-08-15 13:53:42

お礼

あ~、なるほど、ようやく理解できました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-08-15 16:10:57

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問