こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ラストチャンス(ドラマ)の内容は粉飾決算?

フランチャイズ本部が、一年後に変換・返金することを認める約束でフランチャイズ権を売りまくって、その年だけ決算内容をよくすることは粉飾決算にあたるのでしょうか?

物品でも返品を認める約束で問屋が在庫を売りまくるケースはあるかと思いますが、このような場合どう処理されるのでしょうか?

投稿日時 - 2018-07-25 08:30:57

QNo.9521652

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>実体あり・無しはどの変がボーダーラインでしょうか?

出店しない場合の加盟金返金を裏約束で付けていたこと。
いつでも返金できるものは預り金です。売り上げにはなりません。

投稿日時 - 2018-07-25 21:35:00

お礼

なるほど返金の約束が生きてる時点では売り上げとすること自体が間違いですか、明確な回答です、ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-07-26 05:50:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

フランチャイズ権とは そのフランチャイズの名称を使って開業する権利のことです。
実態があるというのは 実際に開業したということです。
実態がないとは 開業していないということです。

投稿日時 - 2018-07-25 21:00:20

お礼

一部開店・一部開店予定の建前というのがややこしいやつです。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-07-26 05:47:06

ANo.3

実体のない売り上げを計上し、財務内容よく見せているので粉飾決算です。

投稿日時 - 2018-07-25 11:33:07

お礼

実体あり・無しはどの変がボーダーラインでしょうか?

投稿日時 - 2018-07-25 17:10:35

ANo.2

実際に取引が成立していれば 粉飾ではないでしょう。
架空の取引であれば 粉飾。
その1年後に約束を守れなければ それけそれでまた別の問題。

投稿日時 - 2018-07-25 10:07:36

お礼

ご回答ありがとうございます。
最初に5店出店、その売り上げで残り5店出店予定という形で10店分の契約を売り、売り上げが出なかったので5店分返還だと実態ありでよろしいのでしょうか?

これが最初に5店出店、その売り上げで残り95店出店予定という形で100店分の契約をし、1年後に実現しなかったので95店分返金だと実態なしでよろしいでしょうか?

投稿日時 - 2018-07-25 17:09:47

ANo.1

フランチャイズ権を売りまくる? 

どういうことを言ってるんですか。意味不明です。

フランチャイズというのはフランチャイザー本部に対して自分がフランチャイジーとして契約したいといってする契約です。その契約はたった一つです。しかも契約ですから転売なんかできるものではありません。もし権利を譲りたいというならフランチャイズ本部に相談をし、譲りたい人間を同席させて交渉する必要があります。契約を変えるだけですから、決算内容をよくして粉飾決算なんてありえない。

物品在庫を処理する話とは違うでしょう。在庫は資産だからたくさんありますけど、契約はたった一つで、それを手放すなら自分には損も儲けもなにもないことになります。

投稿日時 - 2018-07-25 09:48:42

補足

>どういうことを言ってるんですか。
1店出店にあたり○万円をフランチャイズ本部に支払うという形でフランチャイズ展開するフランチャイズ契約です。

投稿日時 - 2018-07-25 17:07:30

あなたにオススメの質問