こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

CPUでWindows10の動作は変わる?

Celeronのような低スペックのCPUでも最新のWindows10は問題なく快適に動作するのでしょうか?それとも動くことは動くが、やはりCPUのせいで動作が重かったりするのでしょうか?

※OKWAVEより補足:「Lenovo:ノートブック (IdeaPad・Lenovo等)」についての質問です。

投稿日時 - 2018-07-20 00:52:38

QNo.9519918

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

 Win10自体は対応したCPUであれば廉価版CPUでも問題無く作動します。
 現行機種であればいちばん安いPC(CPU)でもネット閲覧とオフィスソフト程度であれば不満は出ないと思います。既出ですが作動が重く(遅く)なるのはCPUの性能不足よりもメモリ容量不足というケースが圧倒的多数です。
 アプリによってはCPUの種類や性能を指定しているものもありますからその場合は指定された種類の指定された性能以上のものでなくてはまともに作動しないのはいうまでもないことです。

投稿日時 - 2018-07-23 16:48:47

ANo.10

Celeron N3350の性能はATOM x5 Z8300とほぼ同等です。
普通に使えますが、サクサク快適には至らず、しばしばもたつきを感じるでしょう。HDD機種だと、輪をかけて重く感じられ、早晩嫌気がさすと思います。

フロントエンドの操作がサクサクになるには、この二倍程度の性能と高速な記憶装置が必要です。具体的にはPentium, あるいはATOM x7で、HDDではなくSSDまたはeMMCです。

不自由せず使えるとなると、せめてこれくらいは必要です。
http://kakaku.com/item/K0001050419/

投稿日時 - 2018-07-21 22:54:21

ANo.9

ここまでの回答は、ほとんどが基本的に
Windows10搭載のCeleron機についてコメントされています。

実際には、最初のCeleron機はWindows10が一切動きません。
Celeronを世代ごとに分けて考えれば、少なくとも8世代あって
細かく見ると十数世代に分けることもできます。

なお、以下便宜上8世代に分けてCeleronを分類しますが
Celeronとしての世代分類が、他のCPUやパソコン自体の世代分類で
同じく連動することは無いので、比較時には
もう少し掘り下げた理解で比較を行なう必要があります。
つまり、Celeronについてのみの世代分けによる比較です。

8世代に分けて考えて
第3世代までのCeleronは、Windows10のインストール自体できません。

第4世代第5世代は導入できるかもしれませんが、まともに動きません。
第6世代も、シングルコアのものしか無く、快適足りえません。

2008年ころの第7世代のCeleronはCore2ベースでデュアルコアのものが出てきて
64bit OSにも対応し、8GBのメモリーを搭載し、64bit版を使えば
用途によっては快適にWindows10が使える場合があります。

しかし、それでも初期のCore2Duoと比べても、けっこう遅く
多くの用途で、Celeronは所詮Celeronと言われます。

この問題は、Celeronが廉価版CPUとして作られてきたためで
Core2Duoくらいの時代からは、Core2やCoreiの下に
Pentiumがあって、その更に下にCeleronが位置づけられています。

デュアルコアの導入も、Cereronは遅い時期からでしたが
一貫として、CPUの内蔵キャッシュの容量削減によって
上級CPUとの差別化が行われてきました。

ですから、CPUキャッシュの効果が低いため
反復処理の高速化効果が低く、いろんなところで性能不足を起こします。


また、Celeronに限らず、どのCPUブランドでも
デスクトップ向けとノートPC向けでは、消費電力が大きく違い
省電力性に配慮されたノートPC用は、格段に性能が低くなります。

ですから、現在のCeleron最速クラスのCPUであれば
ベンチマークテストで、Core2Quadに匹敵しますが
ノートPC用であれば、未だせいぜいCore2Duo並です。

Core2QuadやCore2Duoは、2008年以上前のCPUですから
10年前並のスペックと考えると
最新OSが快適に動かなくても、仕方がないと思います。

まぁ、用途によっては快適に使えるわけですが
一口にCeleron機と言っても
同じ時期に、良いCeleron機としょぼいCeleron機が売りだされています。

中古購入を検討する場合や
古いPCの延命目的でWindows10化を考えるなら

Celeronという時点で、個別に性能を分析して、充分に検討する必要があります。
特に、シングルコアのCeleronは、もう実用性を期待できないと思います。

既に持っているものなら、延命の検討はあるでしょうが
Windows10を買い足すだけの価値は無いと思います。


余談ながら…
最近Celeron900機をいじっていましたが、Windows7ではまともに動かず
Xubuntu16.04LTSなら、まだマシでしたが
YouTubeの視聴程度でも滞り、かなり無理があります。

ダメ元で、CPU換装を検討したら成功例もある構成のはずが
BIOSアップデートとかまでやって、起動自体できず

道楽でいじっているぶんには、おもしろいのうちなんですが
もし切実に増強を期待している人なら、かなりへこんでいるはずで
安易に、CPU換装を進められるものでも無いなぁ…と思っているところです(苦笑)

まぁ、Celeronから上級CPUへの換装は
昔から「想像としているのと違う(笑)」という結果がよくあったので
やっぱり素人には薦められないです。

まぁ、うちのはLenovo G550(2958-5QJ)なんですけどね…

某所では、5QJにT7700挿して、エラーが出るけど動くという人がいて
P8700にしとけば…と突っ込み入れられているのに
ダメなはずのP8700と
G550(たぶん5QJじゃ無い)での動作例のあるT8300を試して
両方動かないのはなぜなんだろう←ここがおもしろいところ←笑い事じゃない

5QJだとBIOSもバージョン44(2.53)までしか無いし
T9300で動いている例は、なぜかBIOSが46(2.55)だし
なんでDLに46が無いんやろうなぁ…
たぶん最終世代だけ、M/B設計から微妙に違うのかもなぁ
44(2.53)までしか挙げられない5QJで、T9300動くかなぁ…

T8300で動かなくて、T9300で動く道理が無いのに
T9300は今2000円以上が相場で、ちょっとダメ元で買うには微妙だよなぁ…
(T8000系に比して、T9000系はCPUキャッシュ量が倍増し大人気です)

という感じで、煮詰まることもあるのが、メーカー製PCのCPU換装です。

自作PC用のM/Bだと、対応CPUリストもあるし
変な制限を設けたりもしないんですけどね…
メーカー製PCは、何が起きているのかもわからない世界だったりします。

そういう意味では、性能を求めるなら
最初からCeleronは選ばないほうが良いとも言えます。

まぁ、ジャンクとして入手するぶんには、良いおもちゃなんですけどね…

投稿日時 - 2018-07-21 01:23:41

ANo.8

一昔前のCeleronと比べると 今のCeleronはデュアルコアで遅く無いですよ
どちらかと言えば Windowsが重いですからメモリを多くして対処するべきです
(最低8GB以上搭載がお勧め)

ソフトの使い方 Windowsのメンテナンスをすれば 遅くなりにくいです
何の作業します?
(動画編集 写真加工などソフトの種類で厳しい場合も有ります)

投稿日時 - 2018-07-20 20:28:35

ANo.7

windowsを起動するとかブラウザを開くとかソフトを起動するとか
そういったことでもCeleronとCore i5以上とでは違います。

投稿日時 - 2018-07-20 12:26:50

ANo.6

>Celeronのような低スペックのCPUでも最新のWindows10は問題なく快適に動作するのでしょうか?

快適に動作します。よほど重いアプリ(たとえばゲーム)を動かさない限り。

>それとも動くことは動くが、やはりCPUのせいで動作が重かったりするのでしょうか?

そりゃCore i7に較べたら遅いですよ。200馬力の高性能スポーツカーと軽自動車程度には。重いのではなく遅いのです。でも普通に街中を走っているだけだったら、どちらも変わりはないでしょう。それと同じです。

投稿日時 - 2018-07-20 11:38:37

ANo.5

ゲームなど負荷の掛かるアプリケーションを使用しなければCPUの性能は余り関係ありません。
OS自体はほとんどCPUを使用していません。

Windowsで快適性を求めるならメモリの搭載量を増やしHDDの速度を早いモノに換える事が手っ取り早い解決方法です。

投稿日時 - 2018-07-20 07:22:33

ANo.4

https://www.cpu-monkey.com/en/cpu-intel_celeron_g4920-861
セレロン=低スペックではありません
廉価版です

ただしソケットやチップ周りは最新になるので
相対的に古い高機能CPUより早くなります
特にM.2:SSD化やDDR4によって快適になります

計算速度やコア数は制限があるので
動画編集などは負けますが
DVD鑑賞等のスペックは越えてるので快適に見えます

コア数が少ないので複数立ち上げたりすると極端に落ちたりしますが

投稿日時 - 2018-07-20 03:26:32

ANo.3

CPU以外の要素が大きい。

動かすソフトは?
メモリ容量は?
HDD?or SSD?

例えば・・・WEBサイトを開いてる場合、ブラウザのタブを
多数開くと、メモリを喰いますし、ソフトをどの様に使うか?
で、PCの動作が変わります。

貴方の質問では、CPU以外の要素を全く考慮していないので、
現実的回答は難しいです。

投稿日時 - 2018-07-20 02:53:04

ANo.2

インターネットを見たり、word等で簡単な文章を作る程度の事ならCeleron程度でも問題ありません。
しかしメモリが8GB程度だと辛いですね。
出来れば32GBあると快適でしょう。

インターネットでも高画質の動画を見たり、パソコンで画像加工や映像処理を行ったりExcel等で大量のデータを扱うようならCeleronではかなり辛いと思います。

快適性はCPUの性能でかなり変わります。
CPUの性能を最大限発揮するためにはメモリも可能な限り多く搭載する必要があります。

投稿日時 - 2018-07-20 02:27:16

ANo.1

パソコンで何をするかによるのだと思います。
重い処理をするならCPUの性能が低いと遅いですが、軽い処理だけなら普通に使えるのではないかなと思います。
使い方によってはHDDではなく、はやりのSSDにした方が快適度がより上がったりすると思います。

投稿日時 - 2018-07-20 01:20:41

あなたにオススメの質問