こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

上告は、書類は最高裁判所行きになったが、ヤバい。

上告は、書類は最高裁判所行きになった。
しかし、このまま待っていれば、却下されるのが、20分の19ぐらいの確率で
起きる。ホントの法的意味での私がナタを振り下ろせる限りのラストチャンス。
なんかいい作戦ないかな。と思っていたら、テレビで煙石 博・元アナウンサー置き忘れた6万6600円入りの封筒を盗んだ疑い冤罪事件をやっていた。煙石さんは勝てるはずの裁判なので、最高裁を開きたい、最高裁への上告までは成功していた、そこで、煙石さんらは世論を起こそうと署名運動をし、署名を送り付けたとしていた。最高裁を開くのに効き目があったとテレビでは言っていた。
で、この署名運動を私もしてみたらどうかと思った。
1署名運動で、何が書かれていないとダメかな。
2集めた署名はどこに送り付けるものかな。
3警察とかに、駅前で署名運動をする許可をとるものなのかな、
駅前なら、そこの土地所有者に許可をとるものなのかな。

以前も言ったけど今までの経緯は以下。
私はある公害に気づいたのです。
自動車が最軽量ホイールをはめていれば、交通事故がめちゃくちゃ減るってこと。
けど、私は交通事故にも逢ってないから、事件として訴えることができない。
そんな、いらいらしている最中、私を訴えるというか、食ってかかる連中が現れた。
それが裁判の一端な訳で、そこを発端に事件(自動車が最軽量ホイールをはめていれば、交通事故がめちゃくちゃ減る)を組み込み裁判が進行、けど、ひたすら、
裁判官は(自動車が最軽量ホイールをはめていれば、交通事故がめちゃくちゃ減る)を無視。
そこで、こっちは事件全体が最高裁行きになる際、
この事件(自動車が最軽量ホイールをはめていれば、交通事故がめちゃくちゃ減る)を裁判官が無視しているから、公務員法違反で、殺人で、業務上過失致死傷罪で、
正常な感覚を持たない連中な訳だから裁判が成立してないってことで上告。
この上告はとりあえず上手くいって、書類は最高裁判所行きになった。
しかし、このまま待っていれば、却下されるのが、20分の19ぐらいの確率で
起きる。ホントの法的意味での私がナタが振り下ろせる限りのラストチャンス。
なんかいい作戦ないかな。
参考にいえば、自動車が最軽量ホイールをはめてなければ、二酸化炭素問題も攻略不可能。つまり、コップ10とかコップ15とかいった、二酸化炭素会議も実質いままでインチキってこと。ホイールはリサイクルが効くパーツなので、みんなで頑張れば安いパーツになること。FF車ならフロントだけで、目的の90%は達成できる。
つまり、この裁判がちゃんと判断されると日本の公務員はみんな前科1っぱんってこと。こっちは(自動車が最軽量ホイールをはめていれば、交通事故がめちゃくちゃ減る)の話を、学校、市役所、県庁、警察、自衛隊、消防署とかいろいろ説明のために行っているし、一部録音がある、どこでも同じ対応は一部で十分でどこもいうこときかないし、市長には逢わせないとか、代理が聞いて終わりポンとか、地上派放送局のほとんどがご意見はメールで言ってください終わりポンとか、ちゃんと伝えても、顔を引きつらせて終わりとか。
つまり、今、日本は無血革命の革命前夜の状態。法律的に完全に成立している。
公務員の皆さん全員一度に刑務所行きです。
とにかく、交通事故で怪我した人、死んだ人たちが哀れ。
公務員全員、鬼だね。
とにかくこのまま、却下というか数カ月後に棄却の手紙が来て、チンは情けない。
これで言い訳ないないだろ。これは立派な公害で国のずさんの典型だ。
意見、作戦、待つ。

2番目意見への私の答え
ブレーキアシストが普及する前の10年前から、こっちは訴えをやっている。その間に国内で1万人以上死んだ。その死んだ連中が哀れと言っている。その責任を負う必要が私が会った公務員たちにはある。それに、二酸化炭素削減がこのままでは非常に遅れる。一般市民が安いいい車を持つのが20年は遅れる。こっちはそういう話をいっている。あなたの話しぶりは、モリカケ問題をとぼける安部さんみたい。そうやって私が会った公務員たちはとぼけてきた。

投稿日時 - 2018-05-10 23:44:27

QNo.9497200

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

 補足ありがとうございます。

> ●Q01. この意味は、全ての車は、
> 鍛造アルミニウム合金のホイール
>  を車に使用するべきと言うことですか?

 この質問に、イエスなんですか?

 ノーなんですか?

の回答者の質問に、質問者は、お答えいただいておりません。

 質問者が、質問していて、わたしが、解答しているわけですから。

 回答者が、不明だと言うことに、説明すれば、いかがですか?

 質問者の趣旨を理解しようとして、不明部分を質問しているわけです。

 回答者である私に説明したくないなら、解答も、協力もできないでしょう。

 回答者に対して、高飛車な、

> 少しは、あんたも勉強しろよ。
> ここまで細かいこといわなくても裁判じゃ全員みんなわかっていたよ。
> 「バネ下荷重の法則」、いっぺん自分なりに調べてそのイメージ言ってみな。

 のような発言をするのであれば、当方も、もはや、質問者の立場にたって、解答を続けることができないでしょう。

 私は、解答する義務無く、侮辱的な発言を受ける必要も、ありません。好意で、解答しているだけです。こちらで、謝る必要もないでしょう。

 上記のような高圧的な発言を受けなければ、ならない義理は、ないでしょう。

 裁判をかなえると言うことは、裁判官や、関係者を納得させて、説得する、賛同を得ると言うことです。この努力を放棄して、

> 少しは、あんたも勉強しろよ。

 と言ったら、質問者は、協力や賛同を得られず、拒絶されて終わりです。これは、他人が、拒否した、あなたの説明の通りです。

 もし、私の解答が、気に入らないのなら、解答を打ち切ったら、いかがでしょうか?

 もし、私の解答が、気に入らないのなら、気に入らないと返答していただいたら、もはや、解答は、打ち切ります。

 いかがでしょうか?

投稿日時 - 2018-05-14 20:29:25

ANo.3

> > 参考にいえば、自動車が最軽量ホイールをはめてなければ、二酸化炭素問題も攻略不可能。
>
> ●Q01. この意味は、全ての車は、
> 鍛造アルミニウム合金のホイール
>  を車に使用するべきと言うことですか?

 この質問に、イエスなんですか?

 ノーなんですか?

 質問に正直にお答えください。よく分かりません。
>
> ●Q02.鍛造アルミニウム合金のホイール
> は、他のホイールと比較して軽量だと言うことによってどんな良いことが、あるのですか?

 そんなことちゃんと説明できてますよ、

 とのことですが、私には、まるで、分からない。

 私にも、読者にも、分かるように丁寧に説明してください。

 質問者に好意的な解答が来るように協力ください。今では、言っていることが、支離滅裂、誰も、相手にされないでしょう。

敬具

投稿日時 - 2018-05-13 20:28:00

補足

いわゆるバネ下荷重の法則のことだね。
新幹線の開発のときも、サスペンション開発側が
一番軽い車輪作ってこいって言って、
あがってきた車輪の重さから、空気サスペンションで
いくしかないなってなった。
少しは、あんたも勉強しろよ。
ここまで細かいこといわなくても裁判じゃ全員みんなわかっていたよ。
「バネ下荷重の法則」、いっぺん自分なりに調べてそのイメージ言ってみな。

投稿日時 - 2018-05-13 21:15:14

ANo.2

 質問ありがとうございます。

> 参考にいえば、自動車が最軽量ホイールをはめてなければ、二酸化炭素問題も攻略不可能。つまり、コップ10とかコップ15とかいった、二酸化炭素会議も実質いままでインチキってこと。ホイールはリサイクルが効くパーツなので、みんなで頑張れば安いパーツになること。FF車ならフロントだけで、目的の90%は達成できる。

> 参考にいえば、自動車が最軽量ホイールをはめてなければ、二酸化炭素問題も攻略不可能。

●Q01. この意味は、全ての車は、
鍛造アルミニウム合金のホイール
 を車に使用するべきと言うことですか?

●Q02.鍛造アルミニウム合金のホイール
は、他のホイールと比較して軽量だと言うことによってどんな良いことが、あるのですか?

●Q03. 二酸化炭素問題と鍛造アルミニウム合金のホイールとどういう関係があるのですか?

●Q04. FF車ならフロントだけで、目的の90%は達成できる。

 と言うのと、最軽量ホイールとは、どういう関係ですか?

●Q05. 最軽量ホイールを使うとどのような根拠で、
 FF車ならフロントだけで、目的の90%は達成できる。
 のですか?

●Q06. 目的とは、二酸化炭素を発生しないようにすることですか?

●Q07. 車だけが、二酸化炭素を発生するわけでないから、車だけ改善しても、大量に発生する二酸化炭素を減少できないのでは。無いですか?

●Q08.なぜ、裁判にこだわる?

●Q09.なぜ、裁判でないといけない?

 これらを客観的に正しく説明できないと
100パーセント却下
されます。

敬具

投稿日時 - 2018-05-12 14:34:07

補足

そんなことちゃんと説明できてますよ、
だから、最高裁の前の知的財産高等裁判所で
私がちゃんと解説した際、私をてめーぶっ殺すみたいな構えになったってこと。
まるで、殺気にあふれた状態の裁判所の事務所全職員及び、裁判官、特許庁から来た職員という状況。
ちゃんと理解してるし、わかるように解説書もつけた。
専門業者の生の解説も添えた。
ほかの手段もつくしている、今は最高裁が食ってかかってきたってこと。
裁判にこだわる気は無い。ただ、いろんな手はつくしきってきた。
まあ、この話をよく考えてみな。
いろんな意味での突破口ってこと。
試せばよくわかるよ。
一番軽いホイールは14インチ以上ならレイズCE28Nのままのはずだ。

投稿日時 - 2018-05-12 21:27:03

ANo.1

> 参考にいえば、自動車が最軽量ホイールをはめてなければ、二酸化炭素問題も攻略不可能。つまり、コップ10とかコップ15とかいった、二酸化炭素会議も実質いままでインチキってこと。ホイールはリサイクルが効くパーツなので、みんなで頑張れば安いパーツになること。FF車ならフロントだけで、目的の90%は達成できる。

 上記の意味は、どういうことですか?


 自動車が最軽量ホイールをはめてなければ

 鉄のホイールをはめれば、良いのですか?

 質問者の趣旨が、回答者に正しく理解されて伝わらなければ、正しい解答を得られないでしょう。

敬具

投稿日時 - 2018-05-11 18:52:21

補足

100%鉄のホイールがあったら、重いでしょうね。
マグネシウム合金のホイールが本来軽いはずですが
商品がでてない。
軽いのは鍛造アルミニウム合金のホイールです。
鉄を多く含むスチールホイールで5.3キロ
最軽量アルミニウム合金ホイールは同じサイズで3.3キロのものが
あります。

投稿日時 - 2018-05-11 22:22:46

あなたにオススメの質問