こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

災害時ディーゼルとガソリン発電機どちらがいい

災害時に電力を確保する手段としてディーゼルとガソリン発電機どちらが良いでしょうか。(日本全てのインフラが破壊されるどうしようもない災害では対応できないですが)

質問の動機は以下の通りです。
1500Wのガソリン発電機を持っていますが、非常時にはガソリンが不足することが考えられます。今、50Lの備蓄がありますが、安全性の上でも不安です。軽油ならまだマシと考えています。

投稿日時 - 2018-05-10 20:58:52

QNo.9497148

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>災害時に電力を確保する手段としてディーゼルとガソリン発電機どちらが良いでしょうか。

ディーゼル発電機ですね。
燃料云々は、基本的に考えなくても大丈夫です。
災害時には、自動車はガソリン・建設機械(重機)はディーゼルです。
何故、ディーゼル発電機が良いの?
質問者さまもご存知の様に、ガソリン発動機は「水・雨に弱い」のです。
水を被った発電機は、使い物になりません。
特に、電気系統に弱点があるガソリン発電機は問題です。
※プラグが着火しないと、エンジンがかからない。
その点、ディーゼル発電機はプラグがありません。
つまり、雨天の中で発電機を使う事が出来ます。
トルクも強いしね。^^;
農機具(トラクター・コンバインなど)が、ディーゼルエンジン採用なのが良い例です。
「雨天の中で+力強く動く」これが、重要。
うちの自治会では、ディーゼル発電機を準備しています。

投稿日時 - 2018-05-10 23:36:50

お礼

ありがとうございます。

特に混合ガソリンを使用する発電機だと、長いこと使わないと、エンジンがかからなくて、キャブを分解清掃したことが何度もあります。


田んぼをやめてしまったのですが、トラクターはたまに使います。やはり、長期間放置した後の始動性はディーゼルですね。

投稿日時 - 2018-05-11 20:01:58

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

『災害時に電力を確保する手段として、ディーゼルとガソリン発電機』ですか。

二つとも、何時起きるか判らない災害時までの、メンテナンスが、大変で、大抵役に立たないようですよ。

投稿日時 - 2018-05-12 20:59:03

お礼

経験上、年1回程度しか使わないディーゼルエンジンでも、ちゃんと始動出来ますね。
構造が単純なので・・・。
ただ、鉛蓄電池バッテリーは、充電しておく必要があります。

投稿日時 - 2018-05-17 20:40:24

ANo.3

燃料に保存に関しては、軽油の方が200リットルまで無届で貯蔵できますが、ガソリンは40リットル以上貯蔵することは、市町村の火災予防条例により、事前に管轄する消防機関に届け出なければなりません。

投稿日時 - 2018-05-11 19:31:48

お礼

50Lはオーバーでしたか・・・。
軽油なら200LまでOKですね。これなら十分な備蓄になりそうです。

投稿日時 - 2018-05-11 20:14:18

ANo.2

こんにちは。

私は、若い頃から魚釣りやアマチュア無線(ハム)が趣味でしたから、魚釣り用(夜釣り照明用)にホンダの350W出力2ストロークガソリンエンジン発電機とアマチュア無線用(無線機の電源用)にヤマハの600W出力4サイクルガソリンエンジン発電機を所有してますが、災害時の非常用発電機を持つならディーゼルエンジン発電機を持ちたいです。

やはり、ガソリン燃料の確保が難しいと思いますし、ディーゼルエンジンでしたら最悪の場合は灯油でも燃料になるからです。

投稿日時 - 2018-05-11 01:04:04

お礼

ありがとうございます。
私もアマチュア無線はやっていましたが、自宅だけでしたね。
夜釣りで小さなガソリン発電機を持って行ったことは有ります。

ディーゼルは最悪の場合、灯油でも動きますが、焼き付きが心配です。
2スト用のオイルをちょっと混ぜると良いようです。

投稿日時 - 2018-05-11 20:09:21

あなたにオススメの質問