こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ウイルスバスターについて

先月末にガラケーからスマホに変えました。
その際、ドコモショップのオリジナル割引で31日間無料のコンテンツ・あんしんパックプラス・ウイルスバスターに加入したのですが…ウイルスバスターだけ入っていませんでした。
先ほど入っていない事に気付きショップに連絡したのですが、機械が上手くいかなかった様な話をされ入る場合は来店して下さいとの事でした。
Google Playに無料のウイルスバスターもありますが、ショップの月額500円のウイルスバスターの方が良いのでしょうか?
それとも他におすすめなどありますか?
今、あんしんパックプラスとあんしんスキャンだけの状態なのですが大丈夫なのかも気になります。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2018-04-20 15:44:23

QNo.9490534

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

下記「Avira Antivirus Security」、「Avast Mobile Security & Antivirus 2018」は無料のアンチウイルス・アプリでウイルス検出率が ほぼ100%だそうです(アンチウイルスを2つ以上 動かすと調子が悪くなる場合もあるので注意して下さい)。
中華系端末にはバックドアが仕込まれてますが、通常これらのアンチウイルスではバックドアには対処できません(シャープも中華系に買収されました)。


Avira Antivirus Security(アンチウイルス)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.avira.android&hl=ja

Androidのバージョンによっては正常に動作しない場合があるようです。


Avast Mobile Security & Antivirus 2018(アンチウイルス)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.avast.android.mobilesecurity&hl=ja

ユーザー登録すると1年間無料で使えるようで、使用期限が過ぎるごとに再登録を繰り返せば良いようです。

投稿日時 - 2018-04-20 16:15:29

お礼

ありがとうございます。
とても参考になりました。
AndroidなのでAvast Mobile Securityの方を詳しく調べてみようと思います。

投稿日時 - 2018-04-20 18:12:42

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>今後、中華系端末(シャープも含む)は買わないようにしましょう。

中華スマホメーカー一覧

https://for-money.com/china-smartphone-manufacturer/

>Xiaomi(シャオミ)
>OnePlus(ワンプラス)
>Ulefone
>OUKITEL
>UMIDIGI(UMI)
>LEAGOO
>ASUS
>LeEco(LeTV)
>Vido
>Blackview
>BLUBOO
>Cagabi
>Elephone
>MEIZU
>ZTE
>Huawei
>OPPO
>Teclast

投稿日時 - 2018-04-20 18:53:10

お礼

こんなに沢山あるんですね。
中華系には気を付けます。
色々教えて頂き本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2018-04-20 22:08:58

ANo.4

>AndroidなのでAvast Mobile Securityの方を詳しく調べてみようと思います。

もし「Avira Antivirus Security」が動くなら、再登録を繰り返す必要がないので、最初に「Avira Antivirus Security」を試してみては如何でしょうか?

>もう既に…て事もあるのでしょうか。。。

そうですね、なのでアンチウイルスは必須です。
今後、中華系端末(シャープも含む)は買わないようにしましょう。

>Androidなので読んでて怖くなりました。

基本的にウイルス検出率の高いアンチウイルスを入れておけば良いと思います。

>中華系端末にはバックドアが仕込まれてますが、通常これらのアンチウイルスではバックドアには対処できません(シャープも中華系に買収されました)。

下記はバックドアの検出ができますが、システムのバックドアは削除できません(バックドアによってインストールされたウイルスなら削除できるかもしれませんが意味ないでしょう)。
バッテリーが消耗が激しいので充電しながら実行して下さい。
時間がかかります、Android2.3で40分ぐらい かかったので、OSのサイズが大きいなら もっと時間がかかるかもしれません(CPUのパフォーマンスによっても違ってくると思われます)。
中華系端末(シャープも含む)を持っているなら1度試しに実行してみると良いかもしれません。

Dr.Web Security Space
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.drweb.pro&hl=ja

↑有料版の試用版、14日間無料で利用できます。

投稿日時 - 2018-04-20 18:46:26

お礼

お返事ありがとうございます。
AndroidなのでAvast Mobile Security & Antivirus 2018の方でと打ったつもりが間違っていました。すみません。
スマホ2台あるので念のため、明日ショップで一度端末を見てもらう事になりました。
見てもらった後に教えて頂いたアンチウイルスを動くかどうか確かめてみてダメなら2018の方でやってみます。

投稿日時 - 2018-04-20 22:07:11

ANo.3

>中華系端末にはバックドアが仕込まれてますが、

中華系端末は要注意(シャープも中華系に買収されました)

Android端末のファームウェアに隠し機能、ユーザー情報を中国に送信
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1611/16/news059.html

>米国で販売されていた複数のAndroid端末のファームウェアに、ユーザーの個人情報を収集して許可なく中国のサーバに送信する機能が組み込まれていたことが分かったと発表した。

>hanghai Adups Technologyという企業が管理していたとされる。同社は2016年9月時点で上海や北京、東京、米マイアミなど150カ国以上に拠点を持ち、アクティブユーザーは公称7億人以上、市場シェアは公称70%超に上る。Shanghai Adups TechnologyのWebサイトには、同社のファームウェアが、(中華端末の)「ZTEやHuawei」をはじめとする大手メーカー、携帯電話会社、半導体メーカーなど400社以上の製品に採用され、幅広いウェアラブル端末やモバイル端末、自動車、テレビなどに組み込まれている旨が記載されていた。

7億台のAndroid端末に中国にデータ送るバックドア
https://news.mynavi.jp/article/20161121-a325/

>7億台のAndroidスマートフォンにデバイスデータおよび特定可能なユーザーの個人情報を所有者の許可を得ることなく送信するファームウェアが搭載されていると伝えた。

>指摘されているファームウェアは中国をベースとするファームウェア提供企業「Shanghai AdUps Technology」とされており、中国内のサーバにデータを送信する仕組みになっていると説明されている。また、このバックドアは遠隔からアプリケーションのインストールも可能にすると指摘がある。

投稿日時 - 2018-04-20 16:19:50

お礼

こちらにも詳しく回答頂きありがとうございます。Androidなので読んでて怖くなりました。
もう既に…て事もあるのでしょうか。。。
勉強になりました。

投稿日時 - 2018-04-20 18:17:20

ANo.1

スマホの使い方にもよると思いますが、インターネットバンク利用や
株取引など、もしもの場合に、金銭的に大きなダメージが予測される
ような使い方であれば、しっかりしたものを入れておく方が安心ですね。

ネットサーフィンやたわいのないメールなどは、フリーソフトでも
良いかと思います。疑わしいメールを開いたり、卑猥サイトへの
アクセスは避けるようにしましょう。
写真などは、クラウドサービスがありますので、バックアップして
おくのも良いかもしれません。

有料のセキュリティソフトを入れても、絶対感染しない保証は
ありません。また、個人情報などは、フェイスブックなどからも
流出しています。

パスワードの定期的な変更や、分かりにくいものにするなど、
できる限りの対策をしておくことが大切だと思います。

投稿日時 - 2018-04-20 16:05:36

お礼

ありがとうございます。
金銭的な事や卑猥なサイト・フェイスブックなどはやっていないので、定期的なパスワードの変更とバックアップはしっかりしていこうと思います。
ウイルスバスターは有料でも安全とは限らないのですね。何かあったら怖いので色々調べたいと思います。

投稿日時 - 2018-04-20 17:57:14

あなたにオススメの質問