こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

WindowsUpdateを一時停止させる方法

ディスク使用率が常に100%で激重なので、PCを使っている間はWindowsUpdateを一時停止させたいです。ですが、どこにも停止させるためのボタンやリンクがありません。(添付画像)
一時停止の手順、また再開の手順をよろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-12-07 22:13:59

QNo.9405456

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

一時的に停止させるならタスクマネジャーのサービスタブにあるwuauserv (Windows Update サービス)を停止してはどうでしょうか?
停止してもすぐに再開する場合は、wuauserv をマウス右クリックして、「サービス管理ツールを開く」をクリックし、サービス管理ツールが開いたらWIndows Update をマウス右クリックしてプロパティを開き、スタートアップの種類を「無効」にします。サービスが開始されていると無効にできないと思います。そのときは、まず、停止にしてから無効にします。
無効にしっぱなしだと永久にWindows Update が動かないので、用が済んだら「手動」に戻しておきます。

Windows 10 Pro なら、グループポリシーで、更新プログラムのダウンロードとインストールを手動に設定することができます。コマンドプロンプトを管理者として開き、gpedit と打ち込んでエンターします。
グループポリシーディターが開きますので、「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」を開き、「Windows Update」を選択します。
「設定」の中に「自動更新を構成する」という項目がありますので、それをダブルクリックして「自動更新を構成する」画面が開きますので、「自動更新を構成する」の「有効」をチェックし、その下の、「自動更新の構成」のプルダウンメニューから「2. ダウンロードと自動インストールを通知」を選びます。
これで、更新プルグラムが公開されると通知アイコンに「x件の通知」と出ますので、Windows Update を見ると更新プログラムが一覧表示されているのが分かります。
ダウンロードボタンを押すとダウンロードからインストールまで一気に進みます。更新プログラムを選択してインストールすることはできません。
グループポリシーで上記のように設定しても、Windows Update で更新プログラムを確認するボタンを押して、更新プログラムがあるかないか確認して、もし、あった場合はダウンロードされ、インストールされてしまします。
ダウンロード・インストールが始まっては困る場合は、このボタンを押さないようにしてください。

投稿日時 - 2017-12-07 23:05:53

お礼

WindowsUpdateが終わったので軽くなりましたが、今後参考にしますのでベストアンサーにさせていただきます。

投稿日時 - 2017-12-08 00:05:19

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

詳細オプションでアップデートを35日延期することが出来ます。でも35日経ってもディスク使用率が100%であればしょうもないことですね。ディスク使用率が100%出ない時間を作っておかねばなりません。でもディスク使用率が朝から晩まで100%と言うのはあり得ません。何かシステムトラブルがあるのでは?

投稿日時 - 2017-12-07 22:57:56

補足

WindowsUpdateが原因でディスク使用率100%なのです。

投稿日時 - 2017-12-07 23:20:30

ANo.1

「詳細オプション」を開いたら、Win10のエディションを選択して、機能更新プログラム(大型アップデート)や品質更新プログラム(従来からのセキュリティ更新)を一定の日数延期できますよ。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1710/20/news026.html

「グループポリシーの編集」からでも、同じように、Windows Updateの延期設定ができます。
https://www.nekojab.com/win-update-slv-cbb-mod.html

投稿日時 - 2017-12-07 22:32:05

あなたにオススメの質問