こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

クレジットカードを所有してるかまで信用情報に載る?

同僚が家を買うらしく、住宅ローンの審査で不利になるから、他のローンを完済したと言ってました。
ただその中で気になるのが不動産屋の言われるままに「クレジットカードも解約した」ということ。

信用情報には現在と過去にどれくらい借金をしたかの情報しか載ってないのではないでしょうか?

借りてる分だけ全部返して、クレジットカードはそのまま持っていれば良いのにと思いましたが、信用情報には現在クレジットカードやローンカードなど、借金ができるものをいくつ持ってるかまで載っているのですか?

解約すれば解約したことも記録されるんでしょうか?

投稿日時 - 2017-11-27 18:57:20

QNo.9401983

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

簡単に言うとNo.1の方の回答の通りなのですが、その後混乱させる回答が出ているので、もうちょっと詳しく。

まずは、クレジットカードの信用情報を扱うCICの開示報告書を見てみましょう。
https://www.cic.co.jp/mydata/report/documents/kaijimikata.pdf
この開示報告書の内容が、カード会社から登録され、CICで保有され、さらに他のカード会社等から照会ができます。

カードを契約する事により、開示報告書の(属性)と(契約内容)の部分が登録されます。
利用があるとその他のところも埋まっていくのですが、利用がなく解約すると(お支払いの状況)の「31.終了状況」のところに「完了」と入ります。
この情報は「完了」を報告した日(お支払いの状況の「報告日」)から5年間保有されます(その5年後の日付が開示報告書右上の保有期限に記載されます)。

従って、借金しなくても持っているだけで信用情報に記録されます。
ただし、持っているだけで審査が不利になるかと言うとそうでもありません。

審査は、金融機関や保証会社によっても審査基準が異なるし、借りる人の属性(年収、勤続年数、勤務先、年齢、家族構成等色々)によって変わってくるので、一概に駄目とか逆に「都市伝説」と言って切り捨てられるものではありません。

ただ、一般的に言われているのは、キャッシングやローンの残高があるのは不利になる(オートローンも含まれますが、携帯の分割はショッピング扱いなので含まれません)と言うことです。
なお、ショッピングとキャッシングは開示報告書では、(割賦販売法の登録内容)、(貸金業法の登録内容)に分かれてでてきますので、一目瞭然です。
(ショッピング一回払いは割賦販売法の登録内容にも含まれません)

クレジットカードを持っていて、ショッピング一回払いのみの利用あるいはまったく利用していない場合は、まず不利な状況にはなりません。
心配ならば、解約ではなくキャッシング枠を0にしてしまうのが一番良いのではないかと思います。

投稿日時 - 2017-11-28 00:14:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

>住宅ローンの審査で不利になるから、他のローンを完済したと言ってました。

不利になると推測されるのは、無担保・無目的のローンです。
自動車ローン・家電ローン・携帯電話ローンなどは、住宅ローン審査に悪影響はありませんからね。

>不動産屋の言われるままに「クレジットカードも解約した」ということ。

担当した不動産屋は、金融業界について100%無智だったのでしようね。
少しでも融資に詳しい担当者だと、こんな馬鹿げた話はしません。
現に、住宅ローンを申し込む時に「一緒に、クレジットカードも申込みませんか?」と関連会社のクレジットカードを勧める事も多々あります。
無智な不動産屋が担当になった同僚は、不幸でした。^^;

>信用情報には現在と過去にどれくらい借金をしたかの情報しか載ってないのではないでしょうか?

各個人信用情報機関では、借金の内容(契約日・借金総額・返済状況・借金残高)の記載があります。
質問者さまの認識で、間違いはありません。

>クレジットカードはそのまま持っていれば良いのにと思いました

その通りなのです。
某有名なクレジットカード専門家と称する方が「色々な都市伝説を広めた結果」なんですね。
1.クレジットカードを持っているだけで、融資枠が少なくなる。
1.クレジットカードの与信枠は、借金をしているのと同じと見做される。
最近も、この都市伝説宣教師が書いた雑誌を見ました。
もう、先輩(都銀重役・クレジットカード担当)と大笑いしました。^^;

>信用情報には現在クレジットカードやローンカードなど、借金ができるものをいくつ持ってるかまで載っているのですか?

色々な都市伝説がありますが・・・。
金融庁指導で、次の様に決まっています。
1.カード(クレジットカード・ローンカード)申し込み事実は、半年間データを登録・保存。
※審査OKかNGかの結果は、登録しない。
カードを一度も利用しなければ、カード申込みの半年後には情報は消える。
消えないと、同業他社に「自社の顧客情報が流れる=個人情報が流れる」のですよね。
民間企業だと、同業他社に顧客情報は開示しません。キッパリ!
質問者さまが半年前から新たにカードを申し込んでいない場合は、各個人信用情報機関に質問者さまの情報はありません。
つまり、質問者さまが何枚のカードを持っているのかは不明となります。
※一回払いの場合は、ローンでなく「立て替え払い契約」なので記録しません。
※一回払いでも、返済不能の場合は「金銭事故前科」として記録します。

>解約すれば解約したことも記録されるんでしょうか?

確か、カードの解約については登録しません。
金融機関にとって、解約情報は必要ありませんからね。
例えば、年会費無料のカードでは「期待したカードの利用がなければ、会社都合でカードの更新を拒否」します。
この場合でも、各個人信用情報機関には何も登録しません。
質問者さまもご存知の様に、各個人信用情報機関は「この者に、融資をしても良いの?」という信用判断の資料を提供する事ですよね。
カード申し込んでも解約しても、これだけでは何の意味も持ちません。
必要なのは「借金(ローン)残高と返済状況及び金融事故前科」だけです。
同僚は、残念な事をしましたね。
銀行系クレジットカードを持っていると、その銀行での住宅ローン審査にはプラスに作用したのですが・・・。

投稿日時 - 2017-11-27 22:38:30

クレカは解約はしないのではないですか。
信用情報記載。
名前・住所・生年月日・電話 固定か携帯か・勤務地の称号又は名前。
運転免許書番号・記載番号・契約年月日・貸付金額・貸付残高。
元本又は利息の支払い遅延有無・総量規制以外貸付。

口座費落とし日に残高が無い場合は金融事故として記載されます。
遅延・滞納解約として記載されます。
支払い遅延・滞納情報は契約期間中・取引終了後 5年間。

投稿日時 - 2017-11-27 19:40:44

ANo.1

契約情報と言うモノも登録されているので、クレジットカードを保有しているかどうかは判ります。
解約すれば解約したと言う履歴も登録されます。

投稿日時 - 2017-11-27 19:11:17

あなたにオススメの質問