こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Office2016

【どちらを購入したらいいものか】
あるSNSに同様の質問を投稿したら、いい回答が得られなかったので、こちらへ投稿しました。
Office2007の延長サポートが今年の10月で終了したと告知が出たので、いつもお世話になっている業者さんに聞くと【正規品を買うのが正解】と言われたので検索したら【Home and Business】と【Personal】の2タイプがあり、その違いがいまいち理解できず。
現在の2007は【Personal】でWindowsは7を使っています。
家で使用するものなので、基本的なソフトが入っていればOKだけど、将来的にはタブレット購入を考えているので、それを見越した形で購入したいと考えています。
PCに詳しい方、2タイプの違いと、どちらを購入した方がお勧めかをご指南下さい。

投稿日時 - 2017-11-20 05:40:21

QNo.9399277

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まぁとりあえず・・サポートが切れたと言っても
すぐに「使えなくなる」ものでもありませんので、
購入に当たっては色々とゆっくり考えてみるのも良いかもしれません。

パーソナルに含まれるソフトは
・ワード(ワープロ)
・エクセル(表計算)
・アウトルック(メールなど)
の3つのソフトです。
ホームアンドビジネスには、これに
・パワーポイント(プレゼンテーション)
・ワンノート(表現が難しいのですが「自由帳」のようなもの)
がついてきます。
両者の違いはココだけです。
いわゆる「家庭用」だけならパーソナルで充分と思います。
家庭内でプレゼンすることも無いでしょうし、
家庭内での「自由帳」なら、メモ帳やペイントで事足ります。
ココが切り分けのポイントになるのではないでしょうか。


さてさて、
> 将来的にはタブレット購入を考えている
> それを見越した形
さて、どのように「見越し」ましょうか?
そこが問題です。
「家庭内」での使用を見越しているときに、
「タブレットを使って外出先で」ファイルを編集することなんてありますか?
無いのならビューワーで充分、ってことでやはりパーソナルで充分。
あるのなら、例示のどちらでもなく、365Soloというエディションを
オススメしておきたいところです。

365ソロは、クラウド経由でオフィスモバイルとの連携が可能ですから
タブレットなどのモバイル端末機での操作も考えているのなら
コレが一番手軽と言えなくはないです。
メリットは
・常に最新版を使用できる
・常に最新のセキュリティの下で使用できる
・インターネット環境があればモバイル端末でも使用できる
などなど。
ただし、コレは年(または月)払い契約なので、
更新を忘れると使えなくなってしまいます。
加え、長期にわたって使うと考えるとやはり割高です。
これが最大のデメリットと言えます。

そんなわけで、
おそらくはそんなにヘビーなユーザーさんではないように思います。
例えばエクセルでVBAを使わない、だとか
ワードで差し込み印刷を使わない、というのであれば、
グーグルドキュメントを利用するのも手段の一つです。
スプレッドシートはエクセルの関数にほとんど対応しますし、
ドキュメントはワードの体裁にもほぼ対応していますし、
気になる互換の面でもほとんど問題はありません。
パーソナルユースであれば、ほとんどの機能を無料で使えます。
日本語フォントに人並外れたこだわりがある方にはオススメしませんが、
ホームユースのライトユーザーなら充分だと思いますよ。

どちらもWin7以降が必要ですから、そこだけご注意くださいませ。
2007ユーザーさんで未だに頑張ってVISTAをお使いの方が
チラホラ見受けられるので念のため。



あ、そうそう。
365ソロとグーグルドキュメントなどに共通する厄介な点として、
クラウドサーバーにファイルを蓄積することが挙げられます。
機密文書の取り扱いや管理方法に気を付けるほか、
作成した文書などの著作権の帰属先などなどについて
利用規約を熟読してからご利用なさることを強くオススメします。

投稿日時 - 2017-11-20 10:46:25

お礼

細かな回答をありがとうございました。
勤務先ではOffice365を使い、基本ソフトは2007でも十分に動いてます。
しばらく様子見しようと思います。

投稿日時 - 2017-11-20 19:42:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

【Home and Business】と【Personal】の違いは大雑把にはPowerPointが有るか無いかで前者がある、後者が無いだけです、またタブレットの場合はOfficeMobileが無料で使えます(Officeのアカウントが必要なのでOffice2016など持っていることが前提となるでしょうけど)
PowrePoint(プレゼンテーション)を使わないならPersonalです。
また、海外ではすでにPoerPointは無用と言うか、使うなと言う企業まで結構あります(生産効率が悪い)現在ではプレジやMicrosoftのSway(無料)の方が主流となっています、日本はPowerPointがいまだ主流ですが。
余談ですがOfficeno原型はAPPLEのWriterとVisCALCでそれを統合したSterOfficeなどが出来それの互換品としてのMicrosoftOfficeがWindowsと共に発売され大ヒットを産んだわけです(当時はWindowsPCにバンドルされていた)
SterOfficeの直径はOpenOfficeで分家がLibreOffice、派生が有料でOffice互換と言われているKingOffice等です、OpenOfficeやLibreOfficeは本流なのでMicrosoftOfficeとファイル交換できる用にはなっていますが、互換品との互換性を重視していません、ある意味独自な部分も結構あります、ただMicrosoftOffice自体も2003、2007.1010,1013,2016と互換性が完全ではないので、会社などで複数台使う場合はバージョンが違うものがあると、ファイルの互換性が取れない場合があります、また企業で複数導入(CAL)とかサーバに導入して、各PCがクライアントとして使うというライセンスもあります
https://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/learn-more/brief-cal-suites.aspx

投稿日時 - 2017-11-20 09:04:30

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-11-20 19:40:58

ANo.5

パーソナルは家庭用という意味で、商用利用が禁止されたタイプの商品。会社や店頭での利用はもちろん、家にインストールした場合、持ち帰りの仕事にも使ってはいけないことになっています。
日本人の生活形態としては学生以外、年賀状くらいしか用途がないとも言われています。

日本人はこのpersonalという区分けが海外の人たちと違ってできないので、office365では日本にだけsoloという契約形態があります。
soloは原則、個人での利用ですが、商用利用ができる利用形態です。
soloって商用利用できる契約としてはかなり割安に設定されているので、検討の価値はあるかと。

投稿日時 - 2017-11-20 08:53:34

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-11-20 19:39:56

ANo.4

>Home and Business】と【Personal】のほかに、今はOffice365というものがあります。これは1年更新ですべてのオプション(基本ソフト以外の)使えます。本来なら、全部を購入したらとてつもない価格になりますが。
基本ソフトとは、word,excel,OLのこと。なお、今はすべてダウンロードになっています。店で購入しても箱の中にはCDのメディアは入っていません何が入っているかというとライセンス認証番号です。
なお、古い2007は、いまのOfficeバージョンでは読み取れません。
ほかには、MS office互換製品もあります。聞いたことがあると思いますが、Kingsoftです。かなり価格安い。中国製です。使い方は一緒。

それと、2016は2007の時と使い方がまるっきり違うのでテキストを買ってきて勉強するか、講習会などに参加するといいと思います。office2013から仕様が全く変わりました。これは利用者のためにわかりやすく開発したとMSでは言ってますが。

投稿日時 - 2017-11-20 07:00:53

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-11-20 19:39:13

ANo.3

>いつもお世話になっている業者さんに聞くと【正規品を買うのが正解】と言われた
これは、ヤフオク等で出品されているもの、ネット通販等でdvdがついたものの指しております。

現在の販売形態は、以前の製品版で2台にインストールできるものと、office 365 soloという契約形態のものがあります。

>【Personal】は、Word、Excel、Outlook
>【Home and Business】は、Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote

違い
https://products.office.com/ja-jp/office-365-solo

タブレットのOSがWindowsでない場合は、製品版では、インストールできません。
現在はiOSやアンドロイド用は、無償でダウンロードできますが、編集できませんので、編集するには、Office 365 soloを契約する必要があります。

office 365 soloのインストールできるのは、PC2台とタブレット2台でタブレットのOSがWindowsであれば、PCとしてカウントされます。
Office 365 solo のバージョンは、Office Professional 相当と1TBのクラウド、60分無料のSkypeと契約中における無償アップグレードです。

そして現在は、dvdは付属しませんので、ダウンロードする必要があります。

ということで製品版だと高額ですのでoffice 365 soloの方が良いかと思います。
microsoftの直販だと月単位が年単位の契約で、一般の販売は、1年単位のものが販売されております。

ですので、購入するタブレットにも左右されますし、officeモービルがインストールされたものもあります。

だからどの製品を選択するのは、あなた次第です。

参考URL:https://products.office.com/ja-jp/office-365-solo

投稿日時 - 2017-11-20 06:26:51

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-11-20 19:37:49

ANo.2

https://products.office.com/ja-jp/buy/compare-microsoft-office-products?tab=1
Home and Businessの方は「PowerPoint」が含まれている当たりが一番の違いですかね。
「PowerPoint」を使わないならPersonalの方で十分かと。

投稿日時 - 2017-11-20 06:00:28

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-11-20 19:36:39

ANo.1

普通、理解できないほど難しいことはありません。
PersonalはWord、Excel、Outlookの3つのソフトだけで、Home and BusinessだとPowerPointとOneNoteが加わります。

投稿日時 - 2017-11-20 05:59:04

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-11-20 19:36:03