こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

トヨタ86 セル

某ディーラーで車(トヨタ86)がオイルの漏れが確認され、オイルパンの交換を行ってもらいました。オイルパン交換が終わり自宅まで帰り再度エンジンを掛けると、セルは回るがキュルキュルとこの音が今までにないぐらい長くしてからエンジンがかかりました。再度エンジンを切る掛け直すと通常通りかかりました。車にくわしくないのでキュルキュルと言う音の名称はわかりませんm(_ _)mが素人でも分かるぐらい長かったです。
バッテリーが怪しいのかと考えたのですが、三か月前に交換しており疑いにくい、ディーラーでの修理後なので、オイルパン交換でこの様な症状は出るもの長くしょうか?
また、原因は何かわかりませんでしょうか?
少ない情報ですが、解答宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2017-01-28 23:19:43

QNo.9287059

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>再度エンジンを切る掛け直すと通常通りかかりました。
何かの拍子にかぶったのでは?
この時期だと「寒いのでガソリン濃いめで」と言う判断をすることがありますが、それが原因かもしれません。

最近はキャブ車はほとんど見かけなくなったし、手動チョークなんて乗った事ないと思います、プラグがかぶるという状況に出会う確率はかなり低いので回答している方も思い当たらないし、体験したこともないので故障かと思うのも当然ですね。
この様な状況で修理に持ってくるユーザーはかなりいます、インジェクションになっても条件によってはかぶる時はあります、故障ではありません。

ただし頻繁に出るのであれば故障です。

エンジンオイルは関係ありません、要は初爆が遅れる状況なのでどんなに固いオイルを入れても初爆が遅れるという事はありません。
クランキングしないほどのオイルはありません。

投稿日時 - 2017-01-31 18:39:29

ANo.4

>セルは回るがキュルキュル
この音はセルモーターがエンジンを回している音でしょう。
エンジンは初速が無いと起動しません。(起動=「かかる」と言います)
>バッテリーが怪しいのかと考えたのですが
多くの人が勘違いしていますが、バッテリーの仕事はエンジン始動のための初速を与える物です。
それはセルモーターを回転させるエネルギーと言って過言ではありません。
セルモーターが勢い良く回れば、バッテリーの仕事は正常です。

>今までにないぐらい長くしてからエンジンがかかりました
一回だけなら「たまたま」と言って問題ないでしょう。
毎回だと何らかの原因があるかも知れません。
毎日初回だけとかだと、始動時燃料圧力の低下とかも考えられます。
「今までにないぐらい長くしてから」がどの程度で繰り返されるか等の情報がないと判断できません。

投稿日時 - 2017-01-29 10:48:07

ANo.3

多分、ですが
オイルパン交換なら
オイルは全交換してませんか?
キュルキュルが長くなるのは
交換したオイルが少々硬いのかもしれません
(オイルパンを交換したところで
オイル交換をしたのか聞いてみましょう。)

走っていればオイルが柔らかくなり
一発でかかるようになるとは
思われますがね。

投稿日時 - 2017-01-29 07:19:57

ANo.2

キュルキュル音がエンジンルームからではなく、セルだとしたら、点火系のプラグの劣化かイグニッションコイルあたりかな?

投稿日時 - 2017-01-29 03:02:07

ANo.1

エンジンオイルは、適正な量になっていますか?
エンジンオイルの適正量はオイルゲージのHとLの真ん中ぐらいが
望ましいとされています。
少ない分には足す事で補えますが、問題は「多く入れ過ぎた時」です。
オイルを多く入れ過ぎていい事はありません。
なぜなら、オイル量が多いとオイルが回ってはいけない場所にオイルが
侵入し、エンジンに負荷をかけてしまうからです。
セルを回した際に、キュルキュルという音が、長く続くようなら
一度エンジンオイルを抜いて、新しいエンジンオイルを適正量に
なるように入れ直すことをお勧めします。

投稿日時 - 2017-01-29 00:03:03

お礼

ご返信ありがとうございます。
後日オイルゲージを確認してみます。
多いようでしたらディーラーに電話して対応してもらおうと思います。
ありがとうございましたm(_ _)m

投稿日時 - 2017-01-29 00:28:37

あなたにオススメの質問