こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

マック、ポメラ、Chromebook、一太郎の利点

マック、ポメラ、Chromebook、一太郎の利点欠点限界盲点とは?

文章書くのに適したパソコンとは?

パソコン買うならば、マックが良いと思うが、
今は、マックはしか持っていないが、
(マック使うのが、飽きてしまったのと、
マックしかパソコンを知らないのは
マックに洗脳されていると同じではないかと感じたので、
他のパソコンが知りたい次第)
マック以外のオススメの良いパソコンとは?
(もしくは、文章書くのに適したアプリとは?)

昔の日本の方はWindowsで一太郎を使い文章を
書いたらしいか、
今一太郎と言うと、どの様な存在なのだろうか?
(懐かしいアプケーション?)

マックの進化は止まったのだろうか?
今後のマックは、
生活シーンを劇的に変える様な
新たな付加価値あるものを生み出せるのだろうか?

皆さんにとって、
マック、Windows、、ポメラ、一太郎
Chrombook(クロームブック)、
google ジャストシステム マイクロソフト、キングジム
とは?

パソコンカテゴリー皆さんの
ご回答のほど、
お待ちしております。

関連質問
Okwave マックカテゴリー
マックの利点、欠点、限界、盲点とは?
2017-01-23 11:00
質問No.9284736

http://sp.okwave.jp/qa/q9284736.html


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ポメラ
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/キングジム

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/Chromebook
https://en.wikipedia.org/wiki/Chromebook
https://ru.wikipedia.org/wiki/Хромбук

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/一太郎
https://en.wikipedia.org/wiki/Ichitaro
https://ko.wikipedia.org/wiki/이치타로
https://zh.wikipedia.org/wiki/一太郎

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/マイクロソフト
https://en.wikipedia.org/wiki/Microsoft
https://ru.wikipedia.org/wiki/Microsoft

投稿日時 - 2017-01-23 19:04:04

QNo.9284927

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

IT機器は飽くまでも『道具』で有って価値を生むのは利用者です。
利用者にとって手になじむならWindowsだろうがMacは関係無いです。

Windowsは未だにDOSの操作体系、仕様を捨てきれず、決まった事は
確実に遂行出来るが、枠からはみ出ると途端に難解になるのが欠点。
Macと比較すると体感速度は遅い。

一太郎はしぶとく生きてます。
ある程度完全に日本語書類を作成するのはこれしか無い。
ワードは縦書きが出来なかったり、句読点の処理が雑だったりする。

ポネラ系の文書専用器はPCに挫折した御仁に重宝されているかもね。

ChrombookはOS自体が軽いのが利点だけどネット環境必須が難点で、
スマフォの台頭に割りを食ったか、鳴かず飛ばず状態。


Windowsはこの道具で何ができるか?
マックはこれをするにはこの道具を使う。

投稿日時 - 2017-01-24 14:26:04

お礼

ご回答のほど、
ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-01-24 15:02:23

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

深く考え過ぎでは?
前回も回答してますけど。
Macを使ってきてるなら別にMacを選択しても問題は無いです。

極端な例えで言えば字を書くのにボールペン・シャープペン・万年筆・サインペンどれが向いているか?と聞いている様なもんです。


あと
>今後のマックは、生活シーンを劇的に変える様な新たな付加価値あるものを生み出せるのだろうか?

どんなコンピュータもそんな事は出来ません。
なぜなら既にコンピュータが普及しているのですから。
普及していない時代であったからこそ、改革されてきた訳で。

他のコンピュータやデジタルデバイスに興味を持って手を出すのも良いですし、そうでなくても良い訳で。
しょせんは道具なんですから、誰かに言われたからではなくご自身で選ぶべきものです。

投稿日時 - 2017-01-24 12:49:43

お礼

ご回答のほど、
ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-01-24 13:26:51

ANo.3

ご質問者さんのいうMacって、インデザインとかは入ってないんだよね?

テキスト入力なら、ポメラかWzエディタ。
いろいろな漢字をフォント付きで使うならワードか一太郎。異体字や超漢字まで使える環境はあまりないし。
他の国産ワープロが滅んだ時点で、整段整行できちんとかけるアプリは一太郎くらいしかないので。
と、いいながら、OASYSのWindows版はまだ生き残ってるんだよね。

なにがしたいかによるんじゃない?

投稿日時 - 2017-01-24 12:31:37

お礼

ご回答のほど、
ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-01-24 13:26:45

ANo.2

>皆さんにとって、
>マック、Windows、、ポメラ、一太郎
>Chrombook(クロームブック)、
>google ジャストシステム マイクロソフト、キングジム
>とは?
そんなことは考えてないし気にしたことありません。

用途とコストを天秤にかけて最良のものを選択するだけ。

OSを含むソフトウェアも同様。
コストと利便性と運用コストを考慮して、自分にあったものを選ぶだけ。ついでに使っていて楽しめれば尚良!

パソコン歴はそれなりに長いし、パソコンの自作もそれなりにやってきたので用途に合うコンピューターの要件というのもそれなりに出来上がっています。
だから、パソコンを新調するときも迷うことはあまりないですね。迷うとしたら値段くらい(笑)

ChromeBookのようなものの場合は、バッテリー駆動時間を重視します。
モバイルパソコンという言葉ができた当初の頃は、モバイル用途で実用的な駆動時間を確保できている製品は殆どありませんでしたからね。
快適に使おうと思ったら30分持たなかったし、1時間以上使おうと思うとテキストエディタですらまともに使えないくらい遅くなった・・・

だからノートパソコンってあまり買わずにミドルタワーのデスクトップが多い。
最近のノートパソコンはバッテリーだけで5時間は快適に使えるようになったので認識を変え始めたところですが、スマホやタブレットのほうがバッテリーは持つのでやはりモバイル用途でノートパソコンを選ぶことは殆ど無い。

文書入力だったら秀丸エディタが一番慣れていて快適。
スマホ、タブレットに秀丸はないから文書作成はあまりやらないかな・・・
一太郎やWordのようなソフトは重くてデカすぎるのであまり使いたくない。
秀丸のようなテキストエディタは、どんなにチープなスペックのパソコンでも快適さに差は余り感じられない。
それ以下製の部分で差は感じますけどね。例えば日本語入力とか。

投稿日時 - 2017-01-24 06:03:52

お礼

ご回答のほど、
ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-01-24 13:26:37

ANo.1

マックはWindowsに比べて使い方がシンプルと言う利点がありましたが、その長所はスマートフォンにすっかり取って代わられた印象はあります。晩年のジョブズがiPhoneに入れ込んだのも納得できるところです。スマホの黎明期はやはりジョブズの影響が大きく、その人生を総合的に振り返ればマックよりスマホと言う評価になると個人的には思います。

投稿日時 - 2017-01-23 19:45:31

お礼

ご回答のほど、
ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-01-23 20:02:38

あなたにオススメの質問