こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

インターネット ADSLから光に変更したい。

現在、普通の一軒家に住んでおり、ADSLで電話回線共用型のプランに加入しております。プロバイダーは「DTI」です。固定電話は1回線でNTTに料金を支払ってます。

光回線に変更したい場合、「DTI」は、使わず他のプロバイダーで検討してますが、いきなり現在のADSLが使えなくなっては、メールの使用等困るので、一定期間、光回線と同時稼働させて性能比較して、ADSLを解約するか、光回線を解約するか判断したいのですが、

質問1:同時稼働させることは、一般に可能なことでしょうか?

質問2:なにか注意事項などありましたら、アドバイスいただけますでしょうか。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-01-13 01:50:36

QNo.9280523

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

質問1:同時稼働させることは、一般に可能なことでしょうか?
→回答1.可能です。ただしコスト高となります。
その根拠として、現状の基本料金「アナログ回線基本料+ADSL回線料金+プロバイダ料金(DTI)」に追加して
新たな基本料金「ひかりインターネット基本料金+プロバイダ料金」←auひかりに限ってはセット料金です。
質問2:なにか注意事項などありましたら、アドバイスいただけますでしょうか。
→回答2.「光回線と同時稼働させて性能比較して・・・」との事ですが
地域(サービスエリア)にも因りますが、違いとして3点をご理解される事がポイントだと思います。
その1.速度の違い。最高でADSL下り50Mbps上り5Mbpsが局からの距離に応じて遅くなり、対して光は、戸建タイプで下り上り200Mbps~1Gbps、東京では2Gbps提供プロバイダも選択可能で、距離に無関係です。
その2.電話サービスをひかり電話へMNP同番移行する事で、基本料金が安くなります。
1級アナログ電話基本料1,700円/月額→ひかり電話・基本500円/月額と安くなります。
ただし、質問1の同時電話稼働させる事は出来ません。
その3.ADSL回線は、電話着信時にリンク切れを起こす場合が有って、回復するまでの数十秒ほどインターネットが止まります。対して光ファイバーは、メインテナンス工事以外で切れる事はほぼゼロです。
最後に光ファイバーの回線開通には、ファイバー引込み工事が必須となりますが、極まれに工事が不調に終わって、日時を改めて再工事する場合が有ります。
その場合は、電話をひかり電話へ移行+ADSLサービスを同日廃止の予定をキャンセルする事も緊急処置として可能です。
現在、光インターネット申込には、従来型とコラボの2種類の申込方法が有ります。
従来型とは、ひかり通信料金はNTT+プロバイダ料金と別々に申込或いは請求となる場合。
コラボは、NTTが2015(平成27)年2月から光サービスをプロバイダ等へ卸売り始めて、プロバイダが一括請求する事で自由な価格競争がスタートしました。
また、従来型→コラボへ換える事を転用と言います。
この転用の場合には、申込手続きのみで工事不要で月額料金が安くする事が可能となります。ただしその際に、プロバイダに因ってはひかり電話の請求分がNTTへ分離される場合が有ります。
最後に要注意事項として、プロバイダに因っては転用したひかり電話を元に戻したい時に、電話番号が廃止となる契約約款の場合が有りますのでご注意下さい。
補足として、FAXご利用の場合に限って、ひかり電話は通信品質を保証していません。
特にスパーG3速度は通信不可ですが、条件により9600~14.4K程度で使用されている場合があります。

投稿日時 - 2017-01-13 03:52:13

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-01-15 01:53:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

使えなくなるのはNTTが工事をやっている間だけで、ほんの1~2時間です。また光回線にするなら、同時に固定電話もひかり電話にするはずです。基本料など電話料金も格安になりますから。同時稼働はNTTに頼めばやってくれるでしょうが、回線引き込み工事が面倒なので嫌がられるかも知れません。追加工事料金を取られるかも。
光とADSLを比較して、光を解約することなどあり得ません。性能(通信速度)はADSLの比ではありません。格段に早いです。今までADSLを使っていたことを後悔するでしょう。

投稿日時 - 2017-01-13 11:55:42

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-01-15 01:54:36

-広告-

ANo.5

一定期間、光回線と同時稼働させて性能比較して、ADSLを解約するか、光回線を解約するか判断したいのですが、
>>比較するところは料金しか無いですけど
性能比較って?50M(絶対出ない)のADSLと1000M(1G)までの容量がある光は
数字だけ見ても明らかでしょう それでADSLが性能が上だと言うのなら
理解不能 メタルは廃止に成る事が決まってるので

投稿日時 - 2017-01-13 07:27:00

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-01-15 01:54:33

ANo.4

結論から言えばADSLと光を平行利用することは可能です。
しかし一般的にはADSLから光への切り替え工事を同日に行うようにすればインターネットが使えない時間は1から2時間程度です。
ただし事前の打ち合わせをしっかりしておかないと数日から数週間使えないようになりますので依頼する時に気をつけてください。

投稿日時 - 2017-01-13 07:14:27

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-01-15 01:54:30

ANo.3

>質問1:同時稼働させることは、一般に可能なことでしょうか?

電話は出来ません。
同じ電話番号で2つの経路というのは出来ません。

ADSLと光などを同時稼働というのも良くある話です。
私の場合は、光を2系統で切り替え時に同時稼働させていた時もあります。
同一名義では出来ませんが、別名義なので出来たものですが。


>質問2:なにか注意事項などありましたら、アドバイスいただけますでしょうか。

同時稼働中のコストアップと、ADSLを停止するときの電話番号を光に移動する際、再度光側の工事(自宅には来ませんが局内で電話の変更を行う工事)が必要になるので、その回線切り替え料などが発生する事です。

DTIを止めるのであれば、ご理解されて居ると思いますが、DTIのメールアドレスは自動的に廃止となります。
他のメールをお使いという事ですよね。
DITのメールアドレスは、DTIの契約者に対してサービスとして発行されて居るものですので、契約が終われば、廃止されてしまいますので。

投稿日時 - 2017-01-13 04:20:40

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-01-15 01:54:26

ANo.2

質問1:同時稼働させることは、一般に可能なことでしょうか?
可能です。
同時接続はそれ用のルーターが必要になるので, パソコンをadslルーターと 光回線終端装置に接続し直して使用すれば特別なルーターは必要ないでしょう。


質問2:なにか注意事項などありましたら、アドバイスいただけますでしょうか。

私はNTTのBフレッツ光回線(マイホームタイプ)とNTT系列プロバイダのぷららと契約してましたがぷららでも光回線契約可能になって一括契約に切り替え月額料金が1000円ほど安くなりました。光回線契約にはプロバイダーや携帯電話会社も参入し割引サービスをするようになりました。プロバイダーは契約すると無料メールアドレスが1つだけ付いてきます。光回線契約でインターネットWAN側接続が同時に2回線使用可能です。
自宅と実家の2か所で光回線接続契約をしてインターネットを利用しています。

投稿日時 - 2017-01-13 04:09:32

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-01-15 01:54:21

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-