こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

リニア中央新幹線の工事が始まったらしいですが、品川

リニア中央新幹線の工事が始まったらしいですが、品川-名古屋間の開通は2027年でノンストップでJR東海は開発していくと社長が言ってますが、2020年って東京五輪で建設会社の人手不足だと言われているのに、リニア中央新幹線の人手は大丈夫なのでしょうか?

投稿日時 - 2016-01-27 22:01:27

QNo.9118110

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

こんなに心配してもらって、JR東海の社長は幸せですね。

作業者は、現場ではなくてお金のある所に流れますから、きっと大丈夫なんだと思います。

投稿日時 - 2016-01-27 22:44:55

お礼

みなさん回答ありがとうございます

投稿日時 - 2016-01-28 20:54:25

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

JR東海は監督だけ、請負会社・孫請負・曾孫請負・・・・請負会社には、縦に繋がって
いますので心配要らない。
機械も近代化されていますので。

投稿日時 - 2016-01-28 07:55:28

-広告-

ANo.3

最新のシールド工法でのトンネル工事のやり方をご存知でしょうか?

ほとんどの工程では、人手不足は影響しません。トンネル部分はごく一握りの最高級の技師と、あとは機械が行います。むしろ、このほぼ完全自動化の機械は東京の地下構造を作るために使われてきましたが、これを転用できるのか、新たに作るのか、作る場合間に合うのかが興味深いです。
最難関の南アルプス貫通部分の工事はすでに昨年末に始まっています。

トンネル以外の部分、特に駅周辺が人手がいる部分になります。オリンピックで人手が取られる前に始めようということなのかと思います。作りきった品川駅の部分はそのままに、土台部分を事実上ぶち壊して駅の下に駅を作るわけです。ここも誰でもいいという類の人手ではなく、熟練した人たちが働く場所になるのでは? 設計時点で予算オーバーしてやり直しなんて人たちが関われる工事ではないはずですよ。建物ではありますが、構造の強度計算を仕切った土木や橋梁を作る人たちの仕事場のはずです。

投稿日時 - 2016-01-27 23:25:00

ANo.2

2027年完成予定なら、2020年の五輪開催後から7年あります。2016年着工としても完成に11年ですから、総工期の半分以上は重なりませんから大丈夫なのでしょう。

青函トンネルを作ったときのような難工事でもない限りは問題ない、ということです。

投稿日時 - 2016-01-27 22:57:41

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-