こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

IC乗車券の買い物利用が少ないのはなぜ?

僕はよく、コンビニやスーパーマーケット、駅そば屋などで、支払いにSuicaを利用します。Suicaの宣伝などでも、買い物利用を促進するような内容が多いようです。
しかし、周りのお客さんは、支払いにそういったIC乗車券を使わず、未だに現金で支払う人が多いです。あれだけSuicaが買い物利用でも使えて便利な所をPRしているにもかかわらず、コンビニのレジなどで現金で支払う人を見かけると、わざわざ小銭を探して用意する必要はないのにとつい思ってしまいます。
SuicaやPASMOエリアの電車での利用は、圧倒的にIC乗車券の利用が多いのに、買い物利用になると現金の利用が多いという事は、恐らくIC乗車券を所持しても買い物利用は現金という人が多数派だと思うのですが、なぜ未だに現金で支払って買い物する人が多いのでしょうか?また、IC乗車券を買い物の支払いに使わない主な理由とは何でしょうか?

投稿日時 - 2016-01-24 17:36:44

QNo.9116451

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

おそらく次のことが考えられます。
・買って減った分またあとでチャージをするのが面倒臭い
・チャージしすぎて失くした時のリスクが大きい
・多く使用してしまって、そのあと鉄道などで使うという時にチャージが必要といわれて乗れないということが想定される
・払った実感がない
・わざわざカード使わない

おそらくこういった理由です。

とくに、3つ目のものは、急いでいるときに止められると大変です。「入っているから問題ない」と思って財布を持っていかなかったものの、不足で止められてしまうと家までもどらないといけません。
また、質問に「圧倒的にIC乗車券の利用が多いのに、買い物利用になると現金の利用が多い」とありますが、これは鉄道などはスムーズに乗り降りでき、券売機を使う回数を減らせるという大きなメリットがあります。しかし、買い物はお会計をするという大きな動作は変わらないので、小銭を使うのに慣れた人はわざわざカードは使わないでしょう。

私は小銭の出し入れが面倒臭いので、PASMOで払って残高が足りなくなったら家に帰る途中などでチャージしますが、駅から遠い人にとってはそれができないなど、周りの環境の要因も考えられます。

投稿日時 - 2016-02-05 16:59:50

お礼

為になる回答をありがとうございました。僕もこういうトラブルがないように、気を付けます。

投稿日時 - 2016-02-06 18:11:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.3

定期区間の利用ばかりで いくらの残高があるのかわからない

街中にあるコンビニですとその会社の電子マネー利用のほうが
圧倒的に得なので(ナナコ、ポンタなど)そちらを使うのでSuicaの残高は
不明

わざわざ小銭を用意するのでなく「小銭があるから 衝動買いした」だけで
別に絶対必要なわけでもない(飴・ガムなど)

投稿日時 - 2016-01-25 17:33:47

ANo.2

鉄道、バスの場合は乗車券の購入や精算の手間がない、運賃が安い、ポイントが付くなどのメリットがありますが、商品購入ではこれらのメリットがありませんね、自動販売機ならば金を入れる手間が無くなる程度。
同じ使うならばEdyやiD、Waonなどの金融、流通系の電子マネーの方がましですね。

投稿日時 - 2016-01-24 23:15:13

ANo.1

コンビニ支払はPASMOにしてる者ですが、確かに電子マネー支払はそれほど
多くありませんね。
理由を想像すると、支払できることを知らないか、使い過ぎを防ぐ為のどちら
かだと思います。

投稿日時 - 2016-01-24 19:59:45

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-