こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

中古業務用アンプと卓上スピーカの配線方法

家に卓上スピーカが2セットあります。1セットは裏を見ると3オームと書かれています。もう1セットは6オームと書かれています。頂いた業務用アンプは出力30Wと書かれています。並列で4個のスピーカーを繋いで2部屋で使用するようにしたいのですがアンプが壊れないか心配です。業務用のスピーカを2セット買って並列つなぎで使用した方がいいのでしょうか。教えてください。業務用アンプには「スピーカの合成インピータンスは330オームまたは4オーム以上になるようにしてくださいと書かれています」がよく分かりません。配線もどこに繋いだらいいかもたくさん端子がありわかりません。どなたか教えてください。

投稿日時 - 2016-01-23 11:34:49

QNo.9115746

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

その業務用のアンプは離れたところに設置したスピーカーを鳴らすための高インピーダンス出力と、近いところに設置したスピーカーを鳴らすための4Ωなどの低インピーダンス出力があると思われます。低インピーダンス用の端子は4Ω、8Ω、16Ωなど、いくつかあるかもしれません。これらのどこにスピーカーをつないだら良いのか見当をつける必要があります。
端子がどのように並んでいるか、端子の上(あるいは下)に何か書いてないか、それぞれの端子の色に違いがあるか...観察して、補足してください。
写真を添付するときは、小さい文字が判読できないので質問の本文でどこに何が書いてあるか説明してください。

何も識別する材料がない場合は、アンプに信号を入力し、ボリュームを絞りきって電源をオンにして、6Ωのスピーカーを一番端の端子と、その隣の端子に接続して、ボリュームを徐々に上げ、鳴り具合を試します。一番端と言っても、右か左かわかりませんので両方試します。(一番端の端子とその隣の端子が4Ωの端子である可能性が高いからです。)
高インピーダンスの端子は、一番端の端子から最も遠い(反対側の端)端子か、独立した2個の端子になっていると思います。
6Ωのスピーカーを高インピーダンスの端子に接続すると、音量が極端に低く、歪っぽくなると思います。
スピーカーをあちこちにつけてみて、どのような鳴り方をするか試してください。

「この2つだ」という端子を探り当てることができたら、スピーカーの接続方法について考えます。

3Ωのスピーカーと6Ωのスピーカーを並列接続すると、2Ωになり、アンプの最小インピーダンススペック(4Ω)を下回りますので、最大音量にするとアンプに負荷がかかり、壊れる恐れがありますが卓上スピーカーの許容入力電力はたかだか数ワットなので、アンプが壊れる前にスピーカーが壊れるでしょう。その前に、うるさくて、耐えられないと思います。ですから、望ましい接続方法ではありませんが、実用上並列接続で使用して構わないと思います。並列接続の場合は、3Ωのスピーカーの方が大きい音量で鳴ると思います。

合成インピーダンスが4Ω以下にならないようにしたいなら、6Ωのスピーカーに2Ωの抵抗を直列に接続し、見かけ上8Ωになるようにします。3Ωのスピーカーに5Ωの抵抗を直列に接続し、こちらも見かけ上8Ωになるようにします。そうしたうえで、並列に接続すると合成抵抗は4Ωになります。このように細工すると、アンプの出力の半分くらいが熱損失になります。この場合は、3Ωのスピーカーの方が小さい音で鳴ります。

もう一つの方法は、3Ωのスピーカーと6Ωのスピーカーを直列に接続し、合成抵抗を9Ωにすることです。この場合は3Ωのスピーカーの方が小さい音で鳴ります。

頂いたアンプを何とか使いたいという気持ちはわかりますが、このような面倒なことをしないで、アンプ付きスピーカーを調達した方が良いと思います。
または、もう一台アンプを譲り受け、部屋ごとに使い分けるのが良いと思います。その場合も、4Ω-3Ωの問題は残りますが、30W 目いっぱいで鳴らすことはないと思いますので、気にしなくて良いでしょう。

投稿日時 - 2016-01-23 14:27:37

-広告-

ANo.1

無難なのは、6Ωのスピーカーだけを使う方法でしょう。3Ωなんて変態的インピーダンスのは使わない方が無難です。パワーを上げなければ使えるとは思いますが、アンプの発熱量は確実に増えますので。

ちなみに並列つなぎだと合成インピーダンスが下がる方向になるんで、より危険です。同じインピーダンスの物を2個並列だと、合成インピーダンスは半分になります。3Ωと6Ωの並列では、3x6 / (3+6) = 2Ω となり、どう転んでも4Ω未満になってしまいます。

直列につなげば計算上の合成インピーダンスは足し算になり、安全な方向となるものの、あまりスピーカーを直列につなぐことはしません。ましてやインピーダンス特性が異なるスピーカーを直列につないでも、かかる電力が不均衡になる(インピーダンスの大きい方に多くかかる)ので、思ったような割合では鳴ってくれませんし、またスピーカーのインピーダンスは周波数ごとに変化するから、音量がこの2つのスピーカーの間で常に変動するという気持ちの悪いことになります。

> 配線もどこに繋いだらいいかもたくさん端子がありわかりません。

その話だけでは、私にだってわかりませんよ。スピーカー端子なのか入力端子なのか、スピーカーだとしても2本が対になるけど、どいつとどいつが組だなんてことは、物も見ないで区別なんてできるわけない話ですよね?なので、そのアンプの端子部分の写真でも貼るとか、アンプのメーカーと型番を書くとか、そう言うヒントが必要です。ただ、わかってしまえば難しくないと思います。使いたい場所だけつなげばいいので。

投稿日時 - 2016-01-23 12:26:54

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-