こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

無線LANの電波が弱い

11ac対応の親機を使用しています。
※NEC社製品
1階に親機を設置しており一階で使用する際には問題なく使用できるのですが2階の機械から接続しようとすると繋がったり繋がらなかったりします。速度もまちまち。。。
PC上の無線の強度を見るとアンテナ5本中2本とか・・・

機器が悪いのかと思ったのですが家の前の道路を挟んだコンビニ等でも自分の家の無線がスマホで使えます。
親機の設置の向きとか関係あるのでしょうか?また二階で使用しているPCに11acも使用できる子機をつなげればよくつながるようになるのでしょうか?

投稿日時 - 2016-01-22 14:45:53

QNo.9115330

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

無線がどれだけの距離に届くかにはいろいろな要素があります。
アンテナの向き・場所 
無線の周波数 5GHz,2.4GHzでそれぞれ建物や障害物を通過する特性が違います。
建物・壁の素材

周波数に関しては、ワイヤレスルーターから両方出ていると思うので、受ける機器側で、変えてみると状況が変わるかも知れません。一般には2.4GHzは使用している機器がWiFiだけでなく、また近隣のWiFiとも混線しやすいので5GHzの方が有利です。ただ、2.4GHzよりも水分に弱い事があり、意外と木造の壁を通過しにくかったりします。
建物・壁の素材は変えようがないので、結局WiFiルーターの向きや接続周波数を変えてみるしかないのですが、壁の通過は電波にとっては難題です。前のコンビニからお宅へはいくつ壁を通過するでしょう?多分2個。それに対して、ルーターから2階の部屋や床を含めるといくつでしょう?決して距離だけではないので考慮して設置場所を考えると改善するかもしれんません。二階の部屋でつながりにくいのは必ずしも異常じゃないです。

間にもう一台WiFiルーターをブリッジとして設置するのは解決策の一つですが、1階と2階のWiFiルーター同士の接続がうまく確保できる場所があるかどうかです。あるいはLANケーブルが2階にも出ているのであればそこに設置する方法もあります。その時にはブリッジの設定にしなくても良いのですが、IPアドレスの割り当てが1階とぶつからないようにしないといけないので、取説をよく読んでやってください。

投稿日時 - 2016-01-22 15:09:38

お礼

回答ありがとうございます。
詳細な説明でわかりやすくとても助かりました。

投稿日時 - 2016-01-22 19:04:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

建物は、鉄筋コンクリートでなく、木造ですね?
鉄筋コンクリートなら、WiFi電波が通りにくいです。

建物が木造でしたら、壁・天井・床の断熱材には、金属の材質を使っていないですね?
金属の材質を使っていると、WiFi電波が東リにくいし、反射もしもしたりして、WiFi電波が届きにくくなります。

壁は「鏡面」になっていると、WiFi電波が反射しやすくなって、WiFi電波が届きにくくなります。
また、ガラスも多く使っていると、親機と2階のパソコンの角度によっては、WiFi電波が反射しやすくなって、WiFi電波が届きにくくなります。



> 機器が悪いのかと思ったのですが家の前の道路を挟んだコンビニ等でも自分の家の無線がスマホで使えます。
> 親機の設置の向きとか関係あるのでしょうか?

この文章から推測すると、水平方向にはWiFi電波が飛んでいるらしいですね。
そうすると、親機のアンテナが「垂直」で、水平方向(直角方向)のコンビニへ飛んでいるのかもしれません。
もし、親機のアンテナが、いろいろな角度に調整が出来るならば、アンテナの角度を「水平」にして2階のパソコンの位置と「直角」になる様に調整してもだめですか?



> また二階で使用しているPCに11acも使用できる子機をつなげればよくつながるようになるのでしょうか?

親機と、パソコンの両方が、11acの機能が有ることが条件です。
また、パソコンの1部に11acの機能が無い場合、親機の機能によっては、同時通信が可能の親機と、11acの通信をせずに共通の11gでの通信をする焼きがあるようです。
つまり、11acのパソコンの通信と、11acが無いパソコンとが「混在して同時通信をする」と、親機の機能によっては同時通信が可能の親機と、11acの通信をせずに共通の11gでの通信をする親機が有る様です。
11acと、11gとが、「混在して同時通信」が可能かどうかは、親機の仕様で確認するしかありません。私も、どのメーカのどの型番が「混在して同時通信」が可能か分かりません。

また、11acでの通信は、周囲に雑音が無く、また、よほどの電波状態が良くなければ、11acの通信にはなりません。つまり、家電・電化製品の雑音が無いこと、家屋密集地での隣近所のWiFi無線LANが無いことなどの条件が有ります。
家電・電化製品の雑音は、どんな製品でも雑音が出ています。テレビ・洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ・食洗器・電気ストーブや温風機・乾燥機・電気毛布やコタツ・固定電話機・携帯フマフォ・FAX機・・・・・・

もし、11acでの通信状態になっていても、サイトのサーバーが高速では対応をしていないため、速度を低下させて通信をしていることもあります。

◎ WiFi無線LANの親機に11acの機能設定をしていても、11gで通信をしていれば「正常です」。
11gの通信ならば、通信規格は54Mbpsですが、実際の通信は3~12Mbpsの間の通信ならば、これも「正常です」。測定時のいろいろなタイミングで、速度の数値はいろいろに変化します。
11acの通信ならば、通信規格はたしか1Gbps(1000Mbps)以上も出る機種もありますが、パソコンの高速能力と、回線会社の速度・プロバイダへの回線速度・サイトのサーバーの能力等で、100Mbpsも出ていれば御の字でしょう。(速度は、どこかにボトルネックのところが有れば、そこの速度が全体の回線速度になります)

投稿日時 - 2016-01-22 16:01:09

お礼

回答ありがとうございます。
11acと一言でいってもいろいろな条件があるのですね。

投稿日時 - 2016-01-22 19:11:04

-広告-

ANo.1

http://allabout.co.jp/gm/gc/457818/
親機の向きについて

投稿日時 - 2016-01-22 15:05:32

お礼

回答ありがとうございます。参考になりました。

投稿日時 - 2016-01-22 17:39:53

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-