こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

macbookpro 2009 midについて

宜しくお願いします。

3年くらい前にに、hddを160GB→750GBに、MEMORYを2GB→8GBに自分で換装しました。
HDDを2分割し、bootcampにてOS X(確か10.11.3)とWINDOWS7で使用しています。

立ち上がりが遅く、動作も遅いような気がしてならないので、
1.750GBのhddを128GBのssdに、
2.cpuをcore 2 duo 2.26からcore 2 duo 2.53に変えてみようかと思います。

質問です。
1.hddをssdに換装する際、bootcampをやめ、os xのみにしたいのですが、再インストール無しで可能でしょうか。例えばUSBケーブル等でmacとssdを接続してクローンを作成するとか。
※動画や写真などのデータは入っていません。
リカバリディスクはあるのですが、snow leopardからの入れ直しになるので極力避けたいです。
手持ちにhddのデュプリケーターはあります。

2.cpuを換装しても大丈夫でしょうか(まともに動作するでしょうか)
macbookproでhddとMemoryの換装は行ったことはあります。工具も持っています。
グリスも手持ちにあります。

windows用のノートパソコンではcpuの換装は行ったことがあるのですが、macbookproではやったことがないので質問いたします。

cpuを換装してもほとんど意味がない(誤差の範囲)からやめておけ、cpuはp8800でもいけるとか何でも結構ですのでアドバイスをお願いいたします。

このシリーズってcore 2 duoの2.53も選べたはずなので、性能は変わってくるんじゃないかと思った次第です。

やりたいことは、主にiMovieでの動画編集です。その他の作業ではcpuを換装しても変わらないと思います。cpu換装にて動画編集で効果が出るものと期待しています。

Windowsのpcでも出来るのですがデスクトップしか持っておらず、この季節、こたつに入りながら操作したいと思った次第です。

投稿日時 - 2016-01-21 16:46:30

QNo.9114855

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 Windows不要なのであれば、SSDをUSB接続で外付けディスクにするケース(高くありません)に入れ、Carbon Copy ClonerでMacOSの部分をバックアップ。次にSSDを本体に取り付けて起動すれば、使えるようになるのではないかと思います。(自分ではやったことがないので、それで立ち上がるかどうかが少し心配ですが)

 128GBのSSDでは心許ないので、少なくとも250GB(1万円ぐらい)、できれば500GB(2万円ぐらい)を購入された方がいいと思います。

 CPUの交換はMacではあまり聞いたことがなく、たぶん不可能だと思います。CPUなど交換しなくとも、HDDをSSDにしただけで、起動時など爆速になって驚かれると思います。私のMBP15インチ(2010mid)は、HDDのときには起動するのに1分30秒以上かかっていたのが、SSDにしたら20秒ちょっとで立ち上がるようになりました。

投稿日時 - 2016-01-22 13:34:54

補足

ご回答ありがとうございます。

128GBのSSDはすでに手元にあります。USB接続のコネクタもあるので接続は問題なしです。

Carbon Copy Cloner了解しました。やってみます。起動しなくても元のHDDがあるので何とでもなりますからね。



CPUの換装ですが、HDDをSSDにしたところで、macbookpro自体がSATA150なので心もとなく、CPUの換装が頭に浮かんだ次第です。無理なら諦めます。

WINDOWSのPCをいじるのが飽きたので手持ちのMACに手を加えてみようと思った次第です。
SSD換装の結果はお礼にて連絡いたします。

投稿日時 - 2016-01-22 16:36:44

お礼

CARBON COPY CLONERで無事SSDに換装できました。

CPUの換装はCPUが半田付けのようですので諦めます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-01-23 10:44:22

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

はじめまして♪

この書き込みは、2010のMacBook Pro(当時の最下位機)Core2Duo2.4GHz/8GB/250G/10.6.8という環境からです。

OSを変更していないのは、個人的利用環境で少々事情が在るからですのでスルーして下さい。

さて、CPU変更は、ムリと考えてください。デスクトップ機の様に、ソケットに取り付けられている物では無く、基盤に直付けの薄型ですから、よほどの「半田職人」でも、ほとんど不可能です。
(そもそも、2.26GHzから2.53GHzにしても、せいぜい12%しか変わらん。体感的には「同じ様なもん」と言えるでしょう。)

HDDからSSDは、劇的な違いを感じられます。
特に「メモリー」を使い潰してHDD等とデータスワップが頻繁に行なわれる様な作業では、スゴイ体感差が得られると思います。

しかし、データスワップを低減するようにメインメモリーを増やす方が、確実に「より高い効果」を得られるのも間違いない事実です。

iMovieでの作業に関しては、メモリーを増やす事の方が、ほぼ間違いなく良い結果に成ると想像します。

さて、現実的な「内蔵ドライブ」の入れ替えですが、いろんな方法が有るとは思います。
もし、私だったら、、、、という前提で考えてみました。

1)SSDと、ソレをUSB接続で利用出来るケースを購入。
2)USB接続し、リストアディスク(リカバリーじゃないよぉ、Winとは呼び方が違うんだぁ~。)から起動し、USB接続のSSDに10.6(snow leopard)をインストール。
3)USB接続のSSDから起動し、環境移行アシスタントで内蔵HDDから基本設定を吸い上げ(コピー)
4)その後SSD側のOSを最新版にアップ
5)新しく成ったOS(外付けSSD)で起動し、内蔵HDDからアプリケーションやデータ類をコピー。
6)利用状況を確認し、HDDとSSDの入れ替え。

なお、4)と5)の間でHDDとSSDを入れ替えてもオッケーです。

Windowsとは違い、「C:¥」からしか起動出来ない。という縛りが無いので、外付けにOSインストールも出来ますし、外付けから起動も出来ます。
このため、いきなりSSDに入れ替えてから、、、、という方法も在ります。
(元のHDDをUSB接続ケースに入れて。)

Windowsともう一つ違うのが、CDやDVD等で、多様なMacintoshにインストール出来る,OS単体販売が無くなったため、全てが「アップグレード版」という扱いに成っている事です。
(たしか、snow leopardや後のLionあたりまでは、単体販売が在った、、、らしい。)

SSDに乾燥した後出も、取り外してケースに収めた今までのHDDから起動させれば、今の状況がOS-Xでは実現出来ます。(Windowsは、物理的に「C:¥」からの起動しか出来ないので、外付けに成ると少なくともブートキャンプでは起動出来ない。)

私はWindowsの前、MS-DOSも触れた事があります。Macデビューは遅くて2000年から。
仕事上では今もWindowsを利用していますが、趣味系、プライベートユースではMacを愛用していますし、かれこれ6台、不思議と完全に動かなく成った固体は無く、2000年に購入したノート型もBGM再生に今でも利用しています。
Win機は、NT/95/98/Me/2000/XPで使っていた物は、もうマトモに動く固体は無くなったなぁ。。。(苦笑)
(まぁ、Me以降は自作機に成っちゃったので、安物パーツの寄せ集めだったしなぁ、、、)

Macの特徴でもある、固定した「起動ディスク」に捕われない融通性を、活用した方が、良さそうに思いますが、いかがでしょうかねぇ。

参考に成るかはワカリマセンが、なにかヒントに成る事が在ればと、ダラダラ書き込みしちゃいましたぁ~(汗)

投稿日時 - 2016-01-22 19:39:24

お礼

ご回答ありがとうございます。

CPUは半田付けでしたか。確かWindowsのノートでもあったような・・・基盤職人ではないので諦めます。

さて、HDDからSSDへの換装ですが、CARBON COPY CLONERで無事終了しました。Trimも有効にし、起動が早くなりました。

これ以上いじるところがないのでこのまま使用します。

macはNASが故障した時に役に立ちそうなので(EXT3)重宝しています。

投稿日時 - 2016-01-23 10:41:03

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-
-広告-