こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

音質の差

音質の差は、本体とヘッドホンどちらに左右されることが多いのでしょうか。
ハイレゾのウォークマンとハイレゾ対応のヘッドフォンをあわせて利用すればいいとおもうんですが、ハイレゾのウォークマンと普通のイヤホンであれば、あまり意味がないのかなと思いました。
逆に普通のウォークマンとハイレゾ対応のヘッドフォンの相性も気になります。

投稿日時 - 2016-01-21 10:27:02

QNo.9114694

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

ハイレゾとは高解像度という意味です。
ところがハイレゾ対応イヤホンとかヘッドフォンは高周波数をウリにしています。
ハイレゾに相応しいイヤホンは解像度の高いイヤホンです。
しかもハイレゾとはデジタルの世界での定義であって、アナログ機器のイヤホンやヘッドフォンにはなんら関係のないことです。
このような消費者を混乱させるハイレゾ対応イヤホンなどは悪徳商品と言えます。

ハイレゾごときで高周波数を取り上げて騒ぐならレコードの時にもっと騒いでいないとおかしい話です。
ハイレゾで取ってつけたように高周波数を問題にするのはバカとしか思えません。
一種の宗教じみた感じがします。

本体とヘッドフォンの問題はバランスでしょう。
本体に余裕が有る場合、ヘッドフォンを高音質のものにすると直ぐに効果が出ます。
本体の音質が出切っていたら、幾らヘッドフォンを高音質にしても効果はないでしょう。

投稿日時 - 2016-01-27 19:18:04

ANo.4

はじめまして♪

「ハイレゾ」って、デジタル化する部分の「高精細デジタル化」が根本に成ります。
このため、「ハイレゾ対応」とは、「デジタル部分」の話なのです。

別に、人間に聴こえない「超音波」を記録再生するのが目的では無く、元のアナログ信号を「より高精細に記録/再生」するのが目的です。

実際に、ハイレゾに対応しないデジタル環境機器は存在し、再生が出来ないのですが、ハイレゾ非対応のヘッドホンって、無いのです。
百均の物から50万の物まで、「ハイレゾ対応」って書いていなくても、それぞれの性能/サウンドクオリティーで、アナログ音源でもデジタル音源でもハイレゾでも、聞く事には問題が在りません。

そもそも、レコーディングスタジオなどのプロ現場では「ハイレゾ対応」って書かれたヘッドホンじゃなくちゃ、、なんて話は笑われてオワリです。ハイレゾが実用化される以前からの旧製品にも沢山の名機/名品が有って、そういう物を活用する方が「普通」ダッタリしますからね。

まぁ、CDが登場した時代にも「デジタル対応」って書いてマイナーチェンジすれば「笑える程売れまくった」という時代が在りますので、各メーカーとも、同じ様な「売り方/宣伝の仕方」をしていますね。

結論:「ハイレゾ対応」と書いていないヘッドホンでも、「良いヘッドホン」なら、充分に「良い音」が楽しめます。
(逆に、「ハイレゾ対応」って書いていても、安物は所詮それなりです。)

投稿日時 - 2016-01-22 18:18:31

ANo.3

ヘッドホン(イヤホン)、プレーヤーどちらにも左右されます。
どちらも決まった音質(特性)の音しか出ないという訳ではありませんから
組み合わせ次第で違ってきます。
ハイレゾ対応のヘッドホンでも昔のラジオのような音質のヘッドホンであればハイレゾのプレーヤからキレの良い音であってもそのような音になります。
逆にプレーヤーがハイレゾでも昔の真空管アンプ調の音であればフラットでクセのない音質のヘッドホンでも真空管アンプ調の音の音になります。
好みの音質は一人一人違いますから自分が良いと思う組み合わせで使うのがベストだと思います。

投稿日時 - 2016-01-21 14:18:20

ANo.2

音質は出口に大きな影響を受けます。。。しかし。。。

音響機器とヘッドホンなら、ヘッドホンに影響を受けます。
極端な例えですが、5000円のイヤホンと100円ショップのイヤホンでは
殆どの人が違いが分かると思いますね。

同じ環境で同じ曲でCD音源(圧縮音源)の場合とハイレゾ音源の場合と
聞き比べた時に違いが分かる人がどれだけ居るかな?!という点ですね。
多分からない人が多いのでは?!

しかし聞いた人がいい音質だと感じれば、それはいい音質なのです。
他人がケチを付ける事ではありませんしね。
ネット上などではハイレゾは意味が無いとか、音響機器メーカーの
マーケテイングだとか言う人が大勢いますが、言わせて置けばいいのです。
音楽は個人的な趣味・嗜好なので、自分の感性で選べば良いです。

ハイレゾウオークマンと組み合わせるのは必ずしもハイレゾ対応ヘッドホン
である必要はありませんよ。まず貴方のお持ちのヘッドホンなどで聞いてみる
事をお勧めします>ただ余り安いのは元々の音が悪いので・・・。
CD音源(圧縮音源など)とハイレゾ音源を聞き比べてみて、どう感じるかで、
ハイレゾ対応ヘッドホンを買うなりしてみたらよいと思います。
音源を聞き比べて違いが感じられれば、いわゆるハイレゾ対応機器で
組み合わせてみれば、貴方の音楽の世界が広がるのでは?!

*再生周波数がどうのこうの能書きを垂れる人もいますが、そんなのは
専門家?に任せて置けば良いです。貴方が良ければそれは良い音です。
こうじゃなきゃいけない、なんて決まりはありませんよ。

@ちなみに個人的にはハイレゾ音源を聞きまくっています。
PCにハイレゾ音源をダウンロード購入して、USB-DAC内蔵アンプに
接続して聞いています。周りに迷惑をかけたく無いので、ヘッドホン試聴が
殆どですね>ヘッドホンはハイレゾ対応と、未対応の両方持っていますが、
どちらで聞いてもいい音はいい音だと感じます。

このお店(サイト)は参考になりますので、ご覧下さい。
http://www.e-earphone.jp/
ハイレゾとは・・http://www.e-earphone.jp/high-resolution-audio
もし行けるのでしたら、実際に行ってみる事をお勧めします。
膨大な数のヘッドホンなどが試聴できますよ。
*ちなみにこのお店は、フィギュアスケートの羽生選手の行きつけでも
あります。彼は音楽オタクなので、超高級イヤホンとかを複数持ってる様子。

投稿日時 - 2016-01-21 11:48:44

ハイレゾ対応のヘッドフォンはそれ以下の音源にも有効ですので
「普通のウォークマンとハイレゾ対応のヘッドフォン」についてはハイレゾ対応のヘッドフォンは「ハイレゾ対応」の部分はオーバースペックとなります。
ヘッドフォンが低音重視だとか音抜けの良さ重視というのは目的別であって、MP3圧縮だとWAVよりも高音が劣化するからMP3に最適化して高音を上げといてやろう的なチューニングをしている製品というのはあまり聞いたことがありません。

本体からヘッドフォンへとデジタルからアナログに変換されるところでの音質の差は本体側による所が大きいですが、ヘッドフォンの選び方でカバーできる部分でもあるかと思います。
「モニター用」以外のヘッドフォンは何かしら特徴を持って製品化されていますので。

投稿日時 - 2016-01-21 11:20:57

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-