こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

リーダーシップと民主的、責任(CEOなど)

昭和時代など企業は技術と経営など2人3脚などの例がありました。

ホンダ、ソニーなど。リーダーとサブリーダーの関係ですよね。

現在では、大企業などでは、会長社長と大きく複雑な組織のためそれぞれ担当役員、事業部長などがいますね。民主的なのか独断で社長が強いかはわかりません。

また最近いわれるCEOもCFOも責任者ですよね。CEOは総括していて、CFOは財務などの責任者で経理部長ともまた違う。子会社、カンパニーだとそこの責任者になりますね。
またミドルボトムの力もありますね。


中小企業など本当はそこまで細分化すると非効率なので、部分的に担当役員がいる感じが本当は合理的なのかもしれません。


リーダーシップ重視で開拓すると、サブリーダーがつく形で昭和時代の企業のようですね。
民主的だと事業部長、担当役員が均等なんでしょうね。

どのような権限責任が適切なのでしょう?

またCEOとCFOって両方責任者ですね。どのように最終経営責任はCEOにおもえるんですけど、どうなのでしょう?

投稿日時 - 2016-01-21 10:03:29

QNo.9114680

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

言葉の使い方の話なのですが、リーダーシップ、ヘッドシップ、トップシップは、各々違うものです。
リーダーシップを持つものが権限も持つこともありますが、組織論の時、両者が一致していない時に組織をどうマネジメントするかがキーになります。
組織が未熟なときは、マネジメント力に関わりなく、リーダーシップがある人がヘッド、やがてはトップになり、掌握する範囲を広げていきます。
ただ、これは下克上を産み、離反を促します。猿山の猿やヤクザの組織と同じで、部下によりリーダーシップがある者が出ると、乗っ取り、離反、分裂が生じます。
また、リーダーシップを持たない将の将たる器の人は、トップに立てない仕組みだと、組織が大きくなる、ただそれだけでその組織は瓦解します。

なので、ご質問者さんが迷われている組織は、役割と職責を分離したうえで、権限を分割し、分割した権限に応じた役割を当てはめたあと、役割に職責を割り振り直したものです。
もし、上下関係を考えたいのなら、誰か誰の承認を得て各役割の人を採用または首にできるかを調べると分かります。

ソニーのようにお遊びのような役員組織のケースもあれば、不適切な代表権を持つCEOを持たない担当役員が退任を図れる厳格な運用のところもあります。

投稿日時 - 2016-01-21 12:07:53

お礼

逆転がおくるというのはよくわかります。

最近は成熟した(成熟しすぎた)組織ばっかりでわからないですけど。

そうかとおもいます。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-01-24 08:55:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

どのような権限責任が適切なのでしょう?
   ↑
朝鮮戦争で苦戦した米国のマッカーサーは
仁川作戦を提唱しましたが、無謀過ぎるという
ので、参謀は皆反対しました。
「諸君は全員が反対か。ならこの作戦は成功
 間違い無い」
と強行し、見事北朝鮮軍を打ち破りました。

これを耳にした新聞記者が詰め寄ります。
「貴方のやり方は民主的でない」
するとマッカーサーが笑いました。
「軍隊に民主主義はない」

民主制てのは政治のイデオロギーです。
企業経営にはそのままでは通じません。
あるときは、天才的な指導者が皆を引っ張って
いく必要があるのです。
民主的に決めた製品は売れない、と言われています。

何よりも、儲けが重要な企業を経営をイデオロギーで捕らえては
失敗します。
毛沢東の密植みたいなモノです。


”CEOとCFOって両方責任者ですね。どのように
最終経営責任はCEOにおもえるんですけど”
    ↑
CEOですよ。
最高経営責任者は。

CEO,CFOなんてのは、法的裏付けはありません。
企業が勝手にやっているだけです。

ワタシは、これは、出世する能力と、仕事をする
能力が乖離している為に生じた現象だと理解して
います。

投稿日時 - 2016-01-21 11:45:52

お礼

>あるときは、天才的な指導者が皆を引っ張って
いく必要があるのです。
民主的に決めた製品は売れない、と言われています。

いい言い方かと思います。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-01-24 08:54:21

-広告-
-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-