こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

台所スポンジ油対策

 食器洗い用スポンジで油がついてしまって
落ちなくなる時があります。
 油落としに重曹、お酢とありますが、
スポンジについた油を落とせますか?
落とせるとしたら、上記を使ったどういう方法が一番落とせるでしょうか?
もとの普通に使えるぐらいにもどるでしょうか?
 回答はできれば、落とせるかどうか、で
油をふき取っておく、熱めのお湯を使うなどの他の方法は
もうすでにやっているので、
ここではおいといて、お願いします。

投稿日時 - 2016-01-19 22:32:27

QNo.9114001

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ANo.4です。
お礼欄読みました。

パイプクリーナーにせよ塩素系漂白にせよ、あるいは普通の洗剤でも、直接口にしたり肌に着けたりしてはもちろん良くはない物ですが、良く洗えば水に溶けて落ちる物ですから大丈夫ですよ。ごく微量の残存でも良くないような毒物ではありません。
強力な物は作用も強いので素手でやったりしないとか間違って飲んだり目に入れたり吸い込んだりしないとかは注意が必要ですけれども。
パイプクリーナーはそもそも台所流しなんかで使う物ですから大丈夫です。心配でしたらマスクとかゴーグルをしてやればいいと思います。
塩素系漂白でも重曹でも効率良く落ちさえすればお好きな物で良いのではないでしょうか。

最初に言ったようにマジックリンがお奨めです。

あと他の人も言ってますがたいした値段の物じゃないんで捨ててもいいように思います。
時間が経って固って来ているような油は着いてしまうと落としにくいのでそういうところは使い捨てのウェスでやった方が良いと思います。(ウェスはティッシュやペ-パータオルと違って強くこすって落とせます。スポンジより力が入れられます。)
使い古しの木綿の衣類などをきれいに洗って切って作ったウェスでしたら何度も繰り返し使っているような油引きより清潔です。

投稿日時 - 2016-01-21 21:43:40

お礼

 回答ありがとう。

投稿日時 - 2016-01-25 17:52:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.4

経験上いちばんてっとりばやいのはマジックリンを含ませて押し洗いする事ですが。
(当然ビニール手袋はして)


油に効果的なのは重曹などのアルカリです。油と炭酸ナトリウムや重曹は化合して石けんになります。石けんになれば水に溶けるので落ちるようになるわけです。(そもそも石けんというのはそうやって油脂とアルカリで作っています)

アルカリの手近な物としては粉状の酸素系漂白剤があります。他にはパイプクリーナー(排水管掃除剤)があります。どちらも重曹より強力です。
耐熱の容器、鍋とか皿とかにスポンジを入れ、上記の物をふりかけて、上から熱湯を注ぎます。濃さは説明書に書いてあるよりかなり濃いめで良いです。火傷に気をつけて容赦なく熱湯で良いです。配水管掃除剤には塩素系のもありますがそれは熱湯が使えません。熱いほど効果的なんで非塩素系のを探した方が好いと思います。
で、しばらくグチグチとさじなどの道具で押し洗いして一晩浸けたまま放置してからそこに洗剤でも石けんでも入れて洗えば落ちるでしょう。
塩素系漂白でも効果はあります。

投稿日時 - 2016-01-20 18:30:27

お礼

 回答ありがとう。
パイプクリーナとありますが、
台所、食用にかかるところに使って大丈夫なんでしょうか?
重曹、塩素漂白系でもいいようですが。

投稿日時 - 2016-01-21 18:55:49

ANo.3

スポンジ一つで、例えばグラスも洗うし
油で汚れたフライパンや皿も洗ったりして
付くってことですか?

それだったらその油がついたスポンジは
フライパンなど専用スポンジにして、
新しいスポンジを使えばいいのでは?
スポンジ2個体制です。うちではそうしています。

スポンジの油付着は伝染するので2個を使い分けていますよ。

投稿日時 - 2016-01-20 08:53:27

お礼

 回答ありがとう。
たしかに二つにわけるのもいいですが、
その油用がべとべとになった時の対策として。

投稿日時 - 2016-01-21 18:53:45

ANo.2

ベトベトになってしまったスポンジですか。

フライパンはスポンジ以前に酢をスプレーしてボロ布で拭いておくべきですが、それにはもう遅いベトベトになっちゃったよ、というなら石鹸です。

台所洗剤より効果あります。ぬるま湯で石鹸を塗りつけ、もみ洗い。なんども濯ぎます。

投稿日時 - 2016-01-20 06:46:23

お礼

 回答ありがとう。

投稿日時 - 2016-01-21 18:52:38

ANo.1

洗剤を使用することで界面活性作用により油と水とが結びつくので、台所用洗剤でOKです。実際に、それでスポンジが油がネトネトになっても落とせています。

もう既にやっているとのことですが、やり方の問題です。
油の流動性を考えると、温度は高い方がよいですし、魚は除いて動物性脂肪が常温で固体になるのでそれが溶ける温度の少量のお湯に、予め洗剤を高めの濃度で溶かしておくことがポイントです。
もし、お湯を含ませておいてから洗剤をつけるようなやり方では、洗剤濃度を均一に上げることができませんので、油はきちんと落ちにくいです。

自分は動物性脂肪の多い料理はフライパンなので、フライパンに少量の水と洗剤を入れて火に掛けてお湯にして揺すり、油と洗剤が結びついて水溶性の状態になったら一度捨てます。
次に、同じように少量の水と洗剤を入れてフライパンを火に掛けて、今度はスポンジで擦り洗いしつつ、スポンジをクシュクシュさせます。水溶性の状態になっているので、洗剤が不足していなければ、スポンジに油は残りません。もし残っても、もう一回同じようにすればスポンジの油も落ちます。

やかんで少量のお湯を沸かして、食器の中で洗剤水を作れっても同じ効果が得られます。

ただし、換気扇やコンロの油汚れのような粘度が異常に高い油は無理です。

投稿日時 - 2016-01-19 23:41:23

お礼

回答ありがとう。

投稿日時 - 2016-01-21 18:52:16

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-