こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

ビートルズには革新的なところがあるでしょうか

うちの父はビートルズが嫌いです。
理由は第一にビートルズは「良い子の音楽」だからです。
ロックは不良の音楽でなければならないというのが、父の持論です。
ビートルズは健全な音楽で不良性が無いから嫌いだというのです。
また、ビートルズは革新的で無いと言います。
父に言わせれば、エルビス・プレスリー以降のロックは全てプレスリーの真似で、
プレスリーが唯一革新的であるとのことです。
そこで質問ですが、ビートルズに革新的なところがあるとすれば、それは何でしょうか?
楽器を弾きながら歌うというのも、自分で曲を作って歌うというのも、バンドを作って歌うというのもビートルズが最初じゃないと思います。
それならば、ビートルズはどこが革新的だったのでしょうか。

投稿日時 - 2016-01-18 21:14:12

QNo.9113416

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

今日は。エルヴィスが革新者なのは、3コードのRock'n roll,に於いてです。
Rockミュージックとなると、革新者の第一はビートルズで間違い無いでしょう。好嫌いに関わらず、その後の影響力は凄まじい。クラシックの複雑なコード進行やハーモニー取り入れた、♪ミッシェル等ですね。マッカートニーの力量と思われます。彼は不良ではないでしょね。~私は、ビートルズは大体聴いてますが、Albumは3枚しか持ってない。Johnレノンは全て持ってます。嗜好はお判り頂けるでしょう、父ちゃんに近いかな。
ローリングストーンズは初期を除いて殆ど所持。最初の5枚位は殆どR&Bヒット曲のカヴァーでまあ、コピーBandですよ。その点ビートルズはオリジナルも多い。
ストーンズの初期オリジナルなんてビートルズ真似してメルヘンのが有るよ、♪ダンディライオンたんぽぽ♪とかルビーチューズデイとか、。
〉不良性,唯々つぅのは「ハイプ(レコード会社の煽り宣伝)で、デヴュの頃は良く連んでた」とストーンズのKリチャーズが証言してる。不良性はストーンズが引受てファンの階層を分担しよう、とプロヂュース陣が目論んだのよと証言あります。ただ独立してからのストーンズ周辺には暴力ざたが吹き荒れます。
キースとレノンはワーキングClass出自で気が合ったでしょう。ジャガーは中流の上かな、でもケルトの王のような野獣性が有った。ミックはomit,のセッションで、
★Rock & roll Circus.より。ストーンズwith Jレノン、Eクラプトン
http://youtu.be/4KGmUWcLPbQ ビートルズ止めた頃ですね。レノンはストーンズに入りたかったとも伝えられてます。立派なシャウトですが、被ってしまうのでジャガーが反対した。スタジオLiveで此の後Yoko小野がVocalと成りますが御愛敬。ジョンは元来ロックンローラーだと想う。それと思想性が革新的。~ストーンズの革新性はキースのGリフ,とリズム隊のスイングBeatです。
◆エルヴィスはやはり私も、初期のSUNスタジオSessionですね。
★Tryin' to get to you.-/Elvis Presley.シャウトが立派に黒い!
https://youtu.be/-SRRRhdtzY8 でも黒人の真似とも言えるでしょう。白人で初めて黒っぽく歌ったので画期的エポックではある。R&Bluesの中心地メンフィスの黒人教会で育ち、ゴスペル歌ってたので堂に入ってる。最初ラジオから流れた時は黒人と思った人多いそう。その下地で白人カントリーと黒人カントリーブルーズを歌ったと云う事です。~折に触れキャリアの色んな時期にゴスペル吹き込んでて此れは聴き物。上品で敬虔でもあり、唯の不良ではないです。お父っつぁんは小泉純一郎さん?メンフィスで踊ってたなあ(^^;。
◉R&RollギターStyleの革新者はむしろ同時期レコードデビューのchuckベリー。エルヴィスより10歳位上ですがレコードは遅れたのでしょう。両者とも私らの頃は古臭い音楽、ニューロックの頃なのでビートル,ストーンズすら古かった。でも後で聴くと温故知新。ベリーもオリジナルを良い再生装置で聴くと、ギター1本で驚く程馥よかなサウンドだと感心。
★サン・レコード・オリジナル・ヴィンテージ・コレクション」
http://tower.jp/article/feature_item/2015/11/30/0104 こう見るとオリジナルは
カール・パーキンス様が偉いかな⁈,「ブルー・スウェード・シューズ」とか。
~してみるとビートルズ革新性は、レノンの生き方思想と、マッカートニーのクラシカルな音楽教養でしょうかね。アッシは極悪でしたm(._.)m

投稿日時 - 2016-01-21 15:20:48

-広告-

ANo.5

ビートルズが出てきたときに革新的だったのは
1.汚い恰好で歌った
2.単に演奏するだけでなく体を揺らしたり、見せる演奏をした
3.自作の歌を歌った
4.ミュージックビデオを作った
というような点でしょうか。
当時のヨーロッパでは歌手というのは作曲家が作った曲を演奏するだけ(クラシックと全く同じ)存在で、舞台に出てもきちんと歌うと考えらていました。
あんな長髪で体をゆらしながら演奏するなんて、当時のヨーロッパ人には革命に移りました。
そして彼らの作った曲や詩は、それまでのヨーロッパの民謡的な音楽とはまるで違ったものだったんですね。
お父さんが言っているのとはまるで逆で、当時は非常に革新的で、今見れば普通です。
クラシックを含めたヨーロッパの音楽の歴史を勉強すれば面白いです。

投稿日時 - 2016-01-19 13:52:54

ANo.4

プレスリーのすごさというのは1950年代なんですが、SUNレコードというインディーのレコード時代のものを聞くとわかります。殆どのスタイルはすでにここで確立してますが、オリジナルの曲とプレスリーの曲を合わせて聞くと全く違うジャンルに聞こえる。歌い方に工夫がありこれを本人が考えたのかどうかはわかりません。ロカビリーというのはカントリー音楽も入っていてそれらもひっくるめてロックに替えてます。RCAに移ってからのものはあまり面白くなく、有名なラブミーテンダーとかハウンドドックなどはもういいやって感じです。RCAデビューのファースト25インチのLPがSUNの集大成でありあれで終わりだったと思ってます。しかしエルビスは今では知らない人は知らない。これが影響度の違いだと思います。
ビートルズの後期についてはポールの時代でありロックからは離れていきます。前期はジョンの時代で、エルビスがロックンロールであったのに対しジョンこそがロックだったと考えてよいと思います。ロックとはジョンレノンのことでありその後のストーンズやすべてに影響を与えているのはジョンの私生活です。ビートルズの本当の意味は音楽以外にあると思って良いと思います。
ビートルズは難解な存在であり聞くには簡単だけど理解は非常に難しい。自分が理解できたのは大学卒業後です。それまでは良い曲を作るアイドルグループと思ってましたから。いろんな背景は本を読まないとわからないので、そこまでに至らなかった人には一過性のバンドにしか見えないのは仕方ないですし、デビュー前から演奏が上手かったこともその当時の演奏を聞いている人にしかわかりません。それは正規の入手が難しいので。
誤解の多いバンドであるのもたしかで、良くストーンズと比べられますがストーンズが裕福なお坊ちゃんバンドということもあまり知られて無いです。人間とは見た目とバックボーンが一致しないものなのです。

投稿日時 - 2016-01-19 12:53:54

ANo.3

初期のビートルズなんて、何の価値もない存在です。
楽器も弾けず、ダミーのミュージシャンが支えていました。
ただのアイドルです。
後期、頑張って作曲や演奏もできるようになりましたが、そんなものです。
ビートルズを崇拝する連中の気持ちが分かりません。

投稿日時 - 2016-01-19 06:34:27

ANo.2

プレスリーは革新的ですよ。ふつうの曲をも崩して歌いロックにして来ました。つまりJAZZからロック音楽へ変革させたのはプレスリーです。
ではビートルズは?「ロック」とは何かということです。「ロック」は音楽のことではありません。精神のことですよね。彼らの神髄はドイツのハンブルグ時代にあります。売れないバンドだった彼らはいかがわしい飲み屋でのバックミュージックバンドでしか無かったわけですが、そこで毎晩何時間もぶっ続けで演奏します。それも倒れそうになるのを麻薬で持たせながら。そのあとは娼婦の相手そういう生活を送りながら、そうやって楽器の腕を上げていったわけですが。ケンカでメンバーを殺されたりしながらイギリスに帰りデビューするわけです。
ご存知の通り彼らの生い立ちは貧しいもので、特にジョンは父親に捨てられ、母親も離れていきますがたまに会いに来た母親は目の前で車に轢かれ亡くなります。こういう生い立ちは彼の性格をロックに形成させます。
大富豪のお坊ちゃまでゲイのブライアンが彼を見て好きになり、マネージャーを申し出てハンブルグ時代の過去を全部清算させるため、友人などから不良時代の写真などを回収し、麻薬のことも隠し、リーゼントの髪の毛を切らせ、革ジャンを捨てさせ背広を買い与えます。要するに彼の好みに仕立てたのです。これがビートルズの成り立ちなのです。実はプレスリーよりずっと不良性があったのです。
ブライアンはレコードを買い取りヒットさせ、人気が出るとアメリカへ進出させ、一度に稼ぐためにライブを野球場で企画。アメリカには頻繁に行けないためにプロモーションフイルムを作り配ります。これは現在のショービジネスの走りですよね。全て初めてです。
人気が出すぎて彼らは身動きもできなくなり、暴動が起きるようになり日本来日直後にライブ活動を一切やめてしまいます。
次にレコーディング面では彼らは多重録音を多用し、今のマルチトラックレコーディングの元を作りあげ、アルバムを中心に活動します。それまでのアルバムはプレスリーでさえも寄せ集めです。全部新曲でコンセプトを持たせるというのは世界で初めてで、SGTペパーズはロックの転換の起源といわれています。このアルバム以降全てのミュージシャンがアルバム中心に制作を始めます。今APPLEのCMで使われていますね。今でも古く感じないです。
麻薬漬けで作られたこのアルバムの中身はサイケデリックそのものであり、このアルバムはヒッピー運動の公式音楽とされ、世界中のヒッピーに愛され、ベトナム戦争反対を訴えます。このアルバムを中心に若い人の文化が開花し、アンディウォーホォールなどのポップアート、ライ麦畑で捕まえてなどの小説、そしてTV、映画に若い人中心の文化が生まれていきます。言ってしまうと、プレスリーでさえもTVではまともな英語をつかい、お行儀の良い発言をしていたものですが、ビートルズがTVでおふざけをしたり、汚い言葉を使うことを広めたということなのです。人気があったからできたことで、普通ならふざけるなというところ。それが結局若い人に指示され、今ではおふざけが若者の特権見たいになってますよね。あれビートルズの影響ですよ。
其の後もライブまでのドキュメンタリー映画をロックで初めて作ったり(結局ライブ復活はできずLet It Beという映画だけが残った)したのも革新的です。
つまりビートルズのしたことは音楽だけでなく、現在の文化の原点だらけということになりますね。さあどっちが「よい子」なのでしょうか?きっとお父さんは知らないのでしょう。本当のビートルズを。ロックに変えたのはプレスリー、ロックとは何たるかを作ったのはビートルズなのです。

投稿日時 - 2016-01-18 22:20:30

ANo.1

結成後50年以上たっても音楽的には新しさを再発見します。こんなグループは他に無いと思いますよ。不良性が無いと言えば同時期に活躍したローリング・ストーンズなどと比べればそうだと思いますが、それとは別に自由、愛、固定社会からの自立と言う事に関しては他の不良性あるアーチストの比ではない影響を世界に与えました。不良性が良いのであれば、反社会的なバンドはいくらでもあります。
初期のビートルズはアメリカのロックンロールの影響を強く受けていて、確かに軽快なロック・バンドだったと思います。ただ、影響を受けたのはエルビスよりも、リトル・リチャード、チャック・ベリーの方で、エルビスはエルビスで別に優れたアーティストとおもます。初期の頃のビートルズの音楽もロックンロールとして完成度が高く好きですが、本領は有名になってからスタジオ中心に制作するようになってからのあらゆる実験と音楽性。インド音楽をとり込んだり、オーケストラをとり込んだり、現代音楽風の曲を入れたかと思うと、ヘビメタ風の曲を作ったり。ホワイトアルバムはその辺が集約されていると思います。
音楽の才能と言う意味ではポール・マッカトニーが他のメンバーの上を言っていて、メロディーラインや歌唱力は好きですが、それだけではビートルズにならなかったと思います。ジョン・レノンの思想やメッセージ性、ジョージ・ハリソンのアイデアと新しさなど凝縮されていて、作ろうと思っても作れないグループだと思います。実際ビートルズを商業的にコピーしようとしたバンドがいくつもあるし、成功したバンドもありますが、ビートルズの足元にも及びません。ベートーベンやモーツアルトの様に歴史に残る音楽家集団だと思います。

投稿日時 - 2016-01-18 21:40:51

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-