こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

明治大学のヤラサーが女子大生を合コンで薬物を飲ませ

明治大学のヤラサーが女子大生を合コンで薬物を飲ませてレイプ未遂事件(←女子大生が誰も起訴しなかったので刑事事件にはならなかったが事件未遂)を起こしていましたが、明治大学の学生が作った酔い薬というのが、アルコール度数が高いウォッカなどを蒸発させてアルコール濃度を高濃度にした粉末を使用をしていたことが後の警察の捜査で明らかとなりました。

しかし、ウォッカを蒸発させると普通はアルコールが抜けるはずなんですが、明治大学の学生は頭が良いのでしょう。

ウォッカを蒸発させてアルコール濃度を高めることに成功したようです。

アルコール度数が高い粉末というのも理解出来ませんが、どのようにしたらウォッカからアルコール濃度が高い粉末が作れるのでしょう?

化学に詳しい人教えてください。

普通に考えるとウォッカを蒸発させるとアルコールが抜けますよね?

どういうことでしょうか?

投稿日時 - 2016-01-17 00:35:28

QNo.9112466

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

んっ? 蒸発するのは沸点なのだから 沸点より低い温度で煮詰めれば出来ると思うが?

でも それをしたとしても その大学生の様な事をすれば刑務所行きは免れない・・

なので 良い活用法を して下さいね・・

投稿日時 - 2016-01-17 01:31:35

お礼

みなさん回答ありがとうございます

なるほど!

投稿日時 - 2016-01-17 13:13:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-