こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

高圧送電の影響について

高圧送電線があるところで、マンションや新築の一戸建てが販売されてます。
人体へのリスクを考慮して価格が割安なのか不明です。

色々なサイトで人体への影響などを勉強しましたが、実際に幼児などの影響は成人に比較して
大きいのでしょうか。
それともこれから子供を育てようとする家庭の場合には、避けたほうが良いのでしょうか。

参考サイト:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/160783.html
http://dailyasao.web.fc2.com

投稿日時 - 2016-01-16 23:11:30

QNo.9112419

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>高圧送電線があるところで、マンションや新築の一戸建てが販売されてます。

日本国内では、高圧電線塔から3メートル以上離れていれば住居を建てる事が出来ます。
※ここで言う高圧電線は、66000ボルトの電気が流れている事。
ですから、大きな鉄塔の近くに一戸建て分譲住宅が多く建っていますよね。

>実際に幼児などの影響は成人に比較して、大きいのでしょうか。

実は、未だ確定的な(決定的な)資料は存在しません。
ご存知か否か分かりませんが・・・。
携帯電話が普及し始めた頃、「携帯電話の電波は電子レンジの電波と同じだ。脳みそが溶けて無くなる」という都市伝説が世界中に流れました。
科学的根拠のないデマでしたが、今でも「携帯電話アンテナ基地設置反対!」の自治会が多いのが現実です。
これが本当なら、今現在の日本の人口は半減していますよ。^^;
日本人が馬鹿になったのは、電磁波の影響でなく「ゆとり教育の弊害」です。^^;
高圧電気からの電磁波被害因果関係も、未だに科学的根拠がありません。
男児の誕生が少ない。ガン発病率が高い。白血病が・・・。
何でもかんでも、原因を身近な物に求めるのが人権派と称する職業活動家・弁護士なんですね。
「科学的根拠を出せ!」と要求しても、一切出しません。
※損害賠償が認められると、その額の20%から30%が収入になります。
確かに、高圧送電線鉄塔がある場合「アメリカでは、10メートル以上離れて建築する事」になっています。日本では、3メートル。
これだけを元に考えると、「危険」と思いますよね。
※国土面積・電線塔敷地面積が違います。

>これから子供を育てようとする家庭の場合には、避けたほうが良いのでしょうか。

こればかりは、質問者さま次第です。
ただ、質問者さまの近所で「高圧送電線の近くに住んでいて、障害児になった」人はいますか?
私の先輩は、電力会社で技術者をしています。
当然、大規模発電所・大規模変電所での勤務ですから家族で現地所内にある社宅に住んでいます。
が、3人の子供は誰も世間で噂される様な病気になった事はありません。
たぶん、同級生の数十倍の電磁波を受けていますがね。
昨年秋、WHO(世界保健機構)が「ハムを食べると、癌になる」と警告を出しましたよね。
この警告で、ハム・ソーセージを食べなくなった人はいますか?
結局、これは「加工肉の食べ過ぎは、肥満になる。結果、各種癌になる確率が高くなる」という意味でした。
普通に食する場合は、何も問題ないとの事です。
因果関係が分からない都市伝説に、惑わされる事は・・・。
ただし・・・。
気になるのでしたら、棒型の蛍光灯を持って高圧電線の下に行って下さい。
蛍光灯が点けば、異常な電磁波が漏れています。避けた方が、無難です。
まぁ、電磁波問題より「鉄塔に登っての感電」の方が危険ですがね。
余談ですが、電車は1500ボルトから(新幹線)20000ボルトの電気が流れています。
電車に乗って、電磁波被害に遭った方はいますか?

投稿日時 - 2016-01-17 00:00:07

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(7)

ANo.7

疫学調査しても明確に差が出ないということは、
仮に影響があったとしても非常に小さいということです。

あとは気分の問題じゃないでしょうか。
気分というのは住み心地に直結しますので気分で決めればいいんじゃないでしょうか。
他人に聞いて半信半疑に暮らすよりいいと思います。

投稿日時 - 2016-01-20 00:12:05

ANo.6

> 色々なサイトで人体への影響などを勉強しましたが
実際に影響があるかどうか因果関係は、未だ証明されていません。
ネット上には、未だ証明されていないことが、まことしやかに実害があった様に書いているところもあるので、鵜呑みにするのは危険です。

ちなみに、参考サイトで書かれているIARCのグループ2Bは、発がん性があると言う意味ではありません。
正しくは、ヒトに対する発がん性の疑われるが、発がん性の十分な証拠があるとは言えない状態です。例えば、コーヒーもこのグループ2Bに属していますが、高圧線の事は気にするのに、毎日コーヒーを飲み続けている人はたくさんいますよね。

我が家の敷地の一部の上を高圧線が通っていました。我が家はもちろん、近隣の赤ん坊のいる家でも何か影響があったと言う事は耳にしていません。

高圧線があることによるデメリットは、売ろうとした時に高圧線の影響を気にする人が多い事から高圧線の無いところより割安になることです。
逆にメリットは、敷地の上空を高圧線が通っていれば線下補償料が支払われる事があります(我が家は実際、2年に1度東京電力からたいした額では無いですが貰っていました)。
参考までに我が家の上の高圧線は撤去され、メリットもデメリットも現在はなくなっています。

> 人体へのリスクを考慮して価格が割安なのか不明です。
実証されていない事を信じる人がかなりの割合でいるから割安になっているのだと思います。

> それともこれから子供を育てようとする家庭の場合には、避けたほうが良いのでしょうか
気にされるなら、やめた方が良いと思います。
我が家は最初から気にしていませんので、何の問題もありませんでした。

投稿日時 - 2016-01-17 15:46:40

ANo.5

>それともこれから子供を育てようとする家庭の場合には、避けたほうが良いのでしょうか。

気にされるのであれば避けた方が懸命でしょう。

ちなみに電流の影響も大きく、また距離が近いほど影響が大きいので
気にされるのであれば近所の電線よりも
ホットカーペットや電気毛布、自宅の壁内の配線等を気にされたほうが良いでしょう。

投稿日時 - 2016-01-17 09:35:46

ANo.4

高圧送電線付近のみならず、土砂崩れ、浸水、地震・津波、類焼、犯罪など天災・人災の被害を受けないと思われるところを選ぶことが重要です。

投稿日時 - 2016-01-17 09:03:23

ANo.2

低周波電磁界や振動・騒音やコロナ放電などの影響があり、明確な病名でなく、原因不明の体調不良や不定愁訴など健康を害するような影響があるかと思います。そのような場所の不動産の価値は低いでしょう。健康被害を裁判に訴えても認めてもらえず、泣き寝入りでしょうね。

投稿日時 - 2016-01-16 23:52:50

ANo.1

ろくな根拠もない似非科学や気分の問題を重視するならば、避けたほうがいいんじゃないですかね。

誰がなんといっても気分はそう簡単には変わりませんし、杞憂でしかなくても心配な気持ちは消えないでしょうから、人に聞くだけ無駄というものです。

投稿日時 - 2016-01-16 23:25:04

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-