こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

畳の部屋。座椅子生活にするか、ウッドカーペットか

 畳部屋に住む場合、
 やはり、家具でベッド・メタルラック・デスクチェアーは諦めるのが懸命でしょうか?
 
 畳のへたりが出ると、賃貸物件の場合、修繕費用の問題が出てきますよね。
 だからといって畳を外してフローリングにするのもかなり費用がかかりますし。
 
 座椅子生活を試しましたが、どうしても座っていると腰が痛くなってしまいます。
 
 ならば、15000円くらいで売られているウッドカーペットを引いて畳を保護しようかとも考えていますが、近所のホームセンターでウッドカーペットが売っていません。ですので、どういう強度なものかも解りません。

 ウッドカーペットというものはこれです
 http://www.yunyuuya.com/
 使っているメタルラックはかなり大きいものでこの121cm×46cmの3段です
 http://item.rakuten.co.jp/outletkaagu/nrack-3202-01-4/
 ベッドは折りたたみタイプでキャスターが付いています
 http://interior.francebed.co.jp/products/model.php?k=1&b=0023&t=06&m=022117
 デスクチェアーは一般的なものです
 http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/sanwadirect/cabinet/12/100-snc025bk_ft2.jpg
 
 メタルラックがかなり重いですから、固いウッドカーペットを敷いても畳にへたりが出ちゃうんじゃないですかね。
 湿気からカビるのも気になりますし。
 やはり畳の部屋だと腰の痛くなる座椅子をするしかないのでしょうか。
 
 あーあ、そもそも畳なんて耐久性の低い使い勝手が悪いものがこの世の中になければいいんですけどねぇ・・・
 旧世代の負の産物がなぜ現代にも存在するのでしょうか?

投稿日時 - 2016-01-15 02:15:35

QNo.9111511

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ウッドカーペットには軟質プラスチックのものと、固いベニヤのものがありますが、賃貸ならやめておいた方がいいと思います。畳は今の生活に合わなくなりつつありますから、新築物件では激減し、せいぜい一見に一部屋くらいになってきています。和室は家具はせいぜい座卓くらいで、そこで食事をし、寝るのにも使う生活であれば便利な部屋です。つまり、ほとんど何も置かないのが理想なのですが、今の生活には合いません。

投稿日時 - 2016-01-15 02:44:22

お礼

座卓だけというスタイルはシンプルでいいですよね。
そこが魅力で自分も試したのですが、腰が・・・
もう、痛くって・・・

投稿日時 - 2016-01-17 20:41:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

スペースが必要ならば畳は良いのですが、ベッドや椅子が必需品と考えているのでしたら畳の部屋は借りるべきではないように思います。
人にはそれぞれのライフスタイルがありますので畳の部屋を借りて困っているのは分かりますが、畳の部屋やそれにあったライフスタイルを全否定するのはこれから大人になる人としていかがな物かなと感じました。

メタルラックの足の下には30cm四方ぐらいに切った厚いベニヤ板(コンパネ)を敷けばいいでしょう。
ベッドの足の下も同様です。足の下にある程度の広さの板を置き、全面に敷きつめる必要はありません。
板はホームセンターで切ってもらえます。
椅子の脚にはかぶせる物があります。椅子の下だけにシートを敷いても良いと思います。和室用の椅子もありますが。
https://hands.net/goods/4952193511350/
https://hands.net/goods/4952193511404/
http://iemo.jp/22568

私は専門学校生の途中から課題制作のスペースを確保するためにベッドを廃止して布団の上げ下げに変えました。
今の家ではクッションフロアの上に置き畳を置いて布団を継続しています。スペースが作れるのと布団が背骨に良いからです。畳はカーペットよりダニや衣蛾などの虫が少なくて肌触りも快適と思います。畳にあぐらの生活ですが、若い人でしたら下半身が柔軟になってしばらくしたら慣れて座イスなどは必ずしも要らなくなると思います。
外国生活などをすると分かるように慣れない生活スタイルには最初激しい違和感を感じて反感を感じるのですが、慣れてしまう物です。

なおクッションフロアの賃貸でもやれ凹んでるとか、シミがついただので結局補修費や交換代と称して取られてしまいます。(最初から入居者負担で取られている場合も多い)

投稿日時 - 2016-01-15 14:55:34

お礼

布団ならマットレスにして、万年床にしなければいいので、ベッドにこだわりはないのですが、どうしてもイスにはこだわりたいです。

腰がどうにもやられてしまいまして。
慣れるかともおもって、しばらく続けましたが、ダメでしたね・・・

投稿日時 - 2016-01-17 20:40:21

-広告-

ANo.3

畳は実は高級品なのですがねえ。
ちゃぶ台出せばダイニングに、テレビをつければリビングに、台を仕舞って布団を敷けば寝室にと究極に考えられたマルチに使える素晴らしい部屋なのですが・・・・。
旧世代の負の遺産などと言わないでくださいなw

さて、フローリングの部屋が借りることが出来ず畳の部屋になったとのことですね。
重たいものを置くなら、畳全体にウッドカーペットを敷くよりも、一度前面に普通のカーペットを敷き詰め、その上にメタルラックが乗る大きさの板を置いて使用したらどうでしょう。
ベッドの重さと使用による畳の劣化はどちらにしても退去時に取り替えますから気にしなくてもよいのでは?デスクチェアーも同様。

六畳一間にカーペットを敷いてグランドピアノ置いてその下に寝るという大学生活でしたが、周りが全部そういう状態なので、大家は何も言いませんでしたね。敷金は返ってこなかったけど。これは猫のせいだからなあ。

ここまで部屋のことを気に掛ける人も珍しいので素晴らしい精神の持ち主だと思います。
よって、あきらめずに対処法を考えましょう。
メタルラックの大きさに合わせて荷重が偏らないように厚い板を置く・敷くというのを提案しておきます。

投稿日時 - 2016-01-15 11:31:36

お礼

うーん、
私はどうも床生活をすると腰をやられてしまうので、
良さがわからないところが正直なところです。
イスが使えれば畳でもいいのですが、どうしても傷つきますからね。
できるだけ退去時に取り替えたくないんですよねぇ

投稿日時 - 2016-01-17 20:38:42

ANo.2

>旧世代の負の産物がなぜ現代にも存在するのでしょうか?

上質の畳表なら表裏で20年近く使えますし、傷がついてもケバ立つことが少ないです。
い草の香りとか年月と共に艶のある飴色に変わるヤケ色とか・・・
でもライフスタイルが合わない方には無用のものだということも理解できます。

ウッドカーペットを敷くと傷は防げますが
畳の呼吸作用を妨げますので湿気による傷みは防げません。
サンプルを取り寄せてみて検討してもいいと思います。

メタルラックとベッド下にコンパネなどの厚板を敷くか
脚だけに敷き板をあてる(見た目は悪いですが・・・)
デスクチェアにはチェアマット、ではどうでしょう?
賃貸では退出時に畳替えすることが前提ですから、使用不能になるほどのダメージが
なければある程度負荷がかかってもいいと思います。

畳部屋に対応したソリ脚の椅子もありますが
好みが合わないと難しいですね。

投稿日時 - 2016-01-15 09:52:05

お礼

やっぱり床生活は腰にくるんですよね。。。
気楽な感じがするので腰が気にならなければいいのですが

投稿日時 - 2016-01-17 20:37:20

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-