こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

TOSHIBA、SHARPは大丈夫?

最近ニュースでTOSHIBAとSHARPが危ない危ないって騒がれていますがどんだけ危ないですか?
倒産するくらい危ないですか?
またTOSHIBAとSHARPはどっちの方が危ないですか?

投稿日時 - 2016-01-13 10:32:42

QNo.9110571

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

シャープは「お前はもう既に死んでいる」状態ですね。実質的に破綻というか倒産状態です。本当に倒産となると主に銀行がシャープに貸し付けた金を損金として処理しなければならなくなるのでどうにかこうにか支えられているのですが、銀行が手を離したらどんがらがっしゃーんです。だいたい、本業の液晶事業の売却を迫られているのですからどうにもなりません。液晶事業の売却の理由は、その売却益で今年の年度末に迫った期限の支払い分に充てるわけですが、それで今年度末は乗り切れたとしても、唯一金になる事業を売り飛ばしたら何で利益をあげられるのかがまるで不明です。家売って借金を返すが、家を売ったらどこに住むんだよ状態ですね

東芝もゾンビ状態といっていいでしょうね。粉飾決算で誤魔化してただけなんですから。その粉飾決算の元凶となったお荷物の原発事業をやめられるのは原発を推進する国も困りますし、ますます原発離れに拍車がかかりますから関係者は必死でそうならないようにするでしょうけどね。尤も、私は原発事業はもう終わったよと思っているのですけどね。
東芝最大の問題は、抜本的改革が求められているのに経営陣にそのやる気がまったくないことです。手術が必要な病人が目の前にいるのに、誰も手術しようとしないのです。ある日突然奇跡が起きて病人が治ってないかなあってみんなで思っているようなもの。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47297
ここにあるように、シャープ、東芝、日本マクドナルドが日本三大ゾンビ企業でしょうね。

投稿日時 - 2016-01-13 14:27:24

お礼

なるほど。ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-01-13 15:03:59

ANo.5

東芝は解体して、重電でいけば何とかなる。
重電
1日立 37%
2東芝 30%
3三菱 20%
シャープは判死に。液晶手放す?・後何が残る、液晶のシャープを手放して。
東芝の家電部門とシャープを統合するのがいいが、銀行が融資して銀行がどれだけ損するか
利益がでるかの問題。

投稿日時 - 2016-01-13 11:38:32

お礼

なるほど。ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-01-13 14:17:26

ANo.4

実は、大丈夫という意味合いだけでいえば、東芝のほうになります。

粉飾決算での信用悪化をカバーできるだけの大きな事業があるためです。

・鉄道事業
https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E6%9D%B1%E8%8A%9D%E8%A3%BD%E3%81%AE%E9%9B%BB%E6%B0%97%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A

いわゆる佐川の貨物特急電車の製造実績もあり、JR貨物への電気機関車への納入に
ある程度独占性があります。

※新幹線は製造していませんが、新幹線に関するシステム等の開発もしています。

参考:車両価格
http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Race/2520/nedan.htm

あまり高いものではありませんが、いくつか納入せざる得ませんし
北海道新幹線開業に伴う、青函専用機の投入も始まっています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/JR%E8%B2%A8%E7%89%A9EH800%E5%BD%A2%E9%9B%BB%E6%B0%97%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A

・原発事業
原発は危険だというイメージがありますが、海外では今でも原発の需要があります。


ただ、以下は、明らかに危険かもしれませんね。
・コンピュータ事業(ダイナブックはじめいろいろ)
・携帯電話事業
・家電事業

ただ、末永く、サザエさんのスポンサーになっているので、がんばってほしいところです。


それに比べ、SHARPは健全な決算を行ったうえで、これだけの赤字状態です。
信用に限っては大きく失っていないので、サービス事業(法人向け)、太陽光事業を
優先的に展開すれば、なんとかなるのではないかと。

近い将来、ある意味巨大なメガソーラー事業もできるかもしれませんので
このあたりも囲い込めれば・・・・



ただし、上記の大きな事業(鉄道、原発、太陽光)を分割されたら、話は別ですが。

ーーーーーーーーー

それでは、思い出しましょう。

実際、技術力というのは、粉飾決算によって信用を失うわけではないのです。

@takapon_jp さんが、ライブドアを粉飾決算をして、どうなったか?

確かにライブドアは、某ゲーム会社に吸収されました。
しかし、@takapon_jpさんは、新たに宇宙事業をしているぐらいで、
(それどころか、拘留中にもメルマガ発行していたぐらいです)

しかし、ライブドアは、実は大したことない企業と考えたほうがよいのです。
誰でもできるビジネスを大きくしたに過ぎないので、規模的には非常に小さい訳です。

それと比べ、東芝、SHARPは、自らの技術力でないとできないものがあるわけです。

危惧されている液晶事業もそうですが、独自の先進技術を持っているのです。


そういう意味合いでは、どちらも、「倒産するか?」と言うだけであれば、「しない」と断言できるかと思います。

ただ、SHARPのが東芝より規模が小さいですが・・・・

投稿日時 - 2016-01-13 11:17:48

お礼

なるほど。分かりやい説明ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-01-13 11:30:42

ANo.3

Sharpは経営不振で資本金を約1200億から中小企業の分岐点の1億にしようとして、大きな反対を受けて5億に
http://www.sankei.com/west/news/150513/wst1505130034-n1.html
これは経営戦略の失敗もありますが、会長の中国韓国への過度の技術強力が原因
破産寸前のシャープが遂に虎の子の液晶技術を中国に売却
工場の大半は中国と考えると、シャープの生きる道は??
東芝、不適切会計問題はありますが、現状で3Dメモリ技術では世界トップですから大容量NANDメモリでは信頼性と技術力で首位にいます、半導体義実も韓国への技術許与を完全にやめている現在では特にマイナス要因はありません。
シャープは会社の屋台骨である、技術力が無いと言うか、売っちゃったのに対し、東芝は会計の問題なので、是正すれば解決できます、また、会社自体の規模が違います、シャープは家電のみですが、東芝は、家電は一分野であり、鉄道車両、エレベーター、コンピューター、ソフトなど他分野に渡る総合企業なのと、売上自体は黒字ですから、倒産とは関係ないと言えます、一方シャープは、虎の子が無い、金が無い、新技術がないので売るものが無いと言う会社がどのくらい大丈夫なのかは判りません。
シャープ没落の原因
http://agora-web.jp/archives/1522600.html

投稿日時 - 2016-01-13 11:13:08

お礼

なるほど。分かりやい説明ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-01-13 11:29:00

ANo.2

圧倒的にSHARPの方でしょう。

投稿日時 - 2016-01-13 11:04:59

お礼

なるほど。ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-01-13 11:27:21

ANo.1

どっちが危ないかでいうと東芝でしょうね。
粉飾決済で信用もガタ落ちですから。
倒産というか、どっかの企業に吸収合併の線かと思います。
合併は日本企業かもしれないし、アジアの企業かもしれません。

投稿日時 - 2016-01-13 10:35:41

お礼

なるほど。ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-01-13 10:55:13

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-