こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

知り合いが彼女に暴力をふるい警察へ

知り合いが彼女と喧嘩した挙句手を出してしまったらしく警察署まで連れていきました。
以前も同じような事があり連れて行ったことがありますが、その時は捕まりませんでした。
その前にも同じ様な事をしてるかなり常習犯的なところはあります。
同じ彼女と何度も喧嘩してですね。
そして今回は捕まるだろうと本人も言ってました。
警察署に送って2日?が立とうとしてますが何も音沙汰ありません。
これは捕まったという事でしょうか?
こういったケースの場合どうなりますか?
一旦その知り合いは出てきて捕まる準備をしたりとかはないのでしょうか?
またどれぐらい捕まっておく事になるのでしょうか?
保釈金を出せば早く出てこれるなどあるのでしょうか?

投稿日時 - 2016-01-09 16:54:29

QNo.9108624

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

質問ごとに回答したいと思います。

>警察署に送って2日?が立とうとしてますが何も音沙汰ありません。
これは捕まったという事でしょうか?
こういったケースの場合どうなりますか?

おそらく現行犯逮捕され留置所(警察署)に勾留されていると思います。そして逮捕後48h以内に検察送致か保釈(程度の軽微性や被害届の取下げなど)を決めます。送検後は24h以内に検察が10日間の勾留請求をするか保釈するか(勾留理由無しの場合)を決めます。勾留中は保釈請求が認められれば保釈され(勾留理由無しや示談成立など)、認められなければ勾留が継続されます。その後検察は起訴不起訴を決め起訴された場合は刑事裁判を行い、不起訴の場合は即日保釈されます。

※勾留理由なし=容疑を認めた場合
※示談成立=容疑を認め示談金を支払った場合

>一旦その知り合いは出てきて捕まる準備をしたりとかはないのでしょうか?

傷害罪は必要的保釈要件を欠くので原則保釈は認められません。しかし示談成立や容疑を認めた場合保釈される可能性はあります。

>保釈金を出せば早く出てこれるなどあるのでしょうか?

保釈金を払って早く出てきたとしても事件は終わっていません。不起訴になれば刑事裁判を行われずに済みますが、起訴された場合は裁判所に出廷する必要があります。判決しだいではそれ相当の刑罰を受けることになると思います。

投稿日時 - 2016-01-09 17:53:37

お礼

回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2016-01-15 23:56:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

逮捕されたのかどうかはわかりませんが、最悪の場合について説明します。例えば、彼女に大きな怪我をさせた場合などです。逮捕され、勾留されます。逮捕された後、勾留されるかどうかまで最大3日間あり、その後勾留期間はまず10日間、さらに10日間延長されることもあります。ですからそこまでで最大23日間。その間、取調べをうけます。その後、検察官が処分しますが、処分は、起訴猶予などでお咎めなく釈放、略式起訴で罰金、正式起訴で裁判になる、が考えられます。裁判になる場合、さらに1か月以上勾留されますが、起訴された後は、保釈が認められれば釈放される場合があります。もちろん、裁判で実刑になれば、刑務所に行きます。どこの警察署かわかっているならば、面会に行ってみてはどうでしょうか。電話で面会の申込みをすれば、勾留されているかいないのかはわかります。

投稿日時 - 2016-01-10 15:16:20

お礼

回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2016-01-15 23:57:23

ANo.4

連れて行っただけでは何とも言えません。
被害届を出して、本人が自供したら逮捕に至ると思います。

後は、裁判で明らかになるでしょう。

投稿日時 - 2016-01-09 19:17:14

お礼

回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2016-01-15 23:56:50

あなたが「捕まる」と書いているのは「逮捕」のことですね?
警察署に留置されている可能性はあります。
保釈金云々は、送検されて拘置所に送られてからの話です。

痴話喧嘩ならば、厳重注意で出てこられるでしょう。しかし彼女にケガをさせていて、彼女から被害届が出ていたら、送検される可能性があります。

投稿日時 - 2016-01-09 18:46:03

お礼

回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2016-01-15 23:56:44

民法・刑法に目を通した方が一番良いかと思います。
質問内容だけでは推し量れない部分が多々ありますので。
親告罪や被害者からの起訴、緊急逮捕の有無。様々な側面が合致して答えが出るので一概に「こうでは?」とも言えません。
保釈金とは俗に容疑者が拘置所に拘留決定になった場合に発生する対価取引のため、警察署に身柄拘束の時点では優位発生しないかと思われますが、法曹専門ではないので間違ってるかもしれません。

警察も絶対正義ではありません。疑わしきを罰せずという言葉さえあります。事実の有無は当人同士しかわからず、そしてまた当人同士、被害や加害の心象も違いますからね。
お役に立てませんでしたが、質問者様が第三者の立場なのか他人を越える立場なのか。ここも充分念頭に置いて今後の対処に慎重な行動を。

投稿日時 - 2016-01-09 17:12:00

お礼

回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2016-01-15 23:56:24

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-