こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

ブレーカ遮断しましたが、原因が分かりません。

素人です。
一般家庭で交流電圧100Vだと思います。配線をいじっている時、ブレーカーが遮断しました。配線の(+)(-)が接触した時です(配線短絡)。これにより大元のブレーカ(30A)が遮断するのは、何故なのでしょうか?
30A以上の過電流が流れたということでしょうか(30Aってかなり大きい気がするのですが)?
電源プラグに誇りが溜まって発火するトラッキング現象も、上記と同じ理屈なのでしょうか?

頭の中でうまく整理できておりません。

投稿日時 - 2016-01-09 12:47:21

QNo.9108512

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>>配線をいじっている時、ブレーカーが遮断しました。配線の(+)(-)が接触した時です(配線短絡)

素人が100Vの配線をいじることは禁止されています。
そして、100Vは交流ですので、+、-は常に入れ換わっています。
さらに、配線を短絡したら、ブレーカが落ちるのは当然です。ショットさせると、30Aをはるかに超えた電流が一瞬流れるので、ブレーカは当然落ちます。

投稿日時 - 2016-01-09 13:13:52

お礼

回答ありがとうございました。今後は二度といじりません。資格取得後に行います。

投稿日時 - 2016-01-09 13:24:43

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-