こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

PC用USBスピーカー探してます。

PC:DynaBook E6/515CME  
型名:PAE6515CME
OS:Windows XP
http://dynabook.com/pc/catalog/dynabook/021015e6/index_j.htm
上記PCにUSBスピーカー接続考えてます。大容量出力は必要なく5W~10Wぐらいでいいです。
予算は1万円以内です。
お奨めがありましたらお願いします。

投稿日時 - 2016-01-09 06:49:59

QNo.9108410

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

これやね。
http://review.kakaku.com/review/K0000565941/#tab
人気があるのも頷ける品です。

投稿日時 - 2016-01-09 07:12:11

補足

ありがとうございます。
ノートPCですがUSBへの電源供給量で問題は無いと判断してよろしいでしょうか?

投稿日時 - 2016-01-09 08:45:43

お礼

本日届いたのでPCノート、PCデスクトップ、液晶TV(REGZA-37Z1)で視聴してみました。全て高音質でびっくりです。おかげさまでいい買い物でき感謝いたします。

投稿日時 - 2016-01-10 15:16:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

5V500mAというUSB2.0の仕様だと、どうやっても5Wは取れません(笑)

2.5WクラスのUSBスピーカーばかりで
もっと大出力のものが欲しいということであれば
そもそも、そういうものは普通に作れないわけです。

ただし、特殊な手法を使って、より大出力のUSBスピーカーを作る方法はあって
オラソニックのTW-S7,同S5が、左右合計20Wとなっています。

ただ、その仕組みは、スピーカーの消費電力が
音声の大きさによって変動することに着眼し
一旦蓄えた電力から、ある瞬間には10W出力し、ある瞬間には1W以下の出力で
2.5Wで連続供給される電力を、時系列に分散して、10Wの瞬間性能を得るものです。

音量音圧の高い状態を、継続して出せるかはよくわかりません。
また、価格的に難があります。

特許技術になっていると思いますが
そのためか同様の技術を用いた、より安価な製品は見たことがありません。
(探せばあるかもしれませんが、あまり興味がありません)

たとえばバッテリー内蔵のBluetoothスピーカーで
ライン入力も付いているものが安価で売られているので
内蔵音源が壊れたわけでなければ、こういうもののほうが
柔軟に活用できるんじゃないかと思います。

傾向としての違いはこんな感じ
内蔵音源:本体のアナログ回路が貧弱でノイズが入りやすい
ライン出入力:音声用の線が必要ながら、大きなノイズの無い、安定した伝達が可能
USBスピーカー:スピーカー側にアンプと音源装置を内蔵し、ノイズに強いものの大出力が得られない
Bluetoothスピーカー:無線で伝達できるものの、電波障害に弱い、安価なものでは先進的技術が利用できず、低音質での通信及び再生しかできない製品が多い。


http://www.amazon.co.jp/WSP3-K/dp/B00F93U968
これを、先日ディスカウントショップ大手で購入してきましたけど
仕事で遠出する際に、7時間鳴らし続けて
先に、スマフォのほうが電池切れる程度に長く使えます。

ただ、前述したように、aptなどの先進的技術が採用されていないので
SBCコーデックで伝送され、音質は低いものになります。
音質を気にするなら、ライン入出力で繋げばいいんじゃないかと思っています。

ステレオサウンドは、スピーカー間を広めにとれたほうがいいんですが
そういう需要は、いっそヘッドフォンのほうが良い場合があります。


TY-WSP3の場合は、2.1chで、三つ合計で6.5Wとなっています。
走行中のトラックの車内で
動画再生して、セリフを聞き取れる程度の音量はあります。
もっと大出力のものもありますが、価格的に厳しいことが多く
安いものを探していくと、TY-WSP3は悪くない製品です。

充電時間3時間で、再生時間が公称10時間ですから
(この時間の差を、最小限の電力蓄積で行なったのがオラソニックとも言えます)
MicroUSB-USBのケーブルと、Line入出力のケーブル二本繋いで使うか
PCにBluetoothアダプターを追加して使うといった方法が考えられます。
(Bluetoothなら、邪魔なときに音を鳴らしながら、電源用USBケーブルを抜いてもかまわない)

スマフォなどとの兼用を考える場合には
オラソニックのUSBスピーカーよりも活用できると思います。

ただ、用途にもよるかもしれませんし
できれば、実際の音を聞いてから購入することをお薦めします。


なお、最大音量に上げた場合に、再生するデータやサービスの違いから
うるさいほどの音が出る場合と、それほど大きな音が出ない場合がありえます。

たとえばTY-WSP3とスマフォを組み合わせた構成で
AmazonAmazonプライムミュージックと
AmazonAmazonプライムビデオの再生を行なうと
前者の音量は充分ですが、後者は走行中の車内でセリフが聞き取れませんでした。
(プライムビデオについては同じような意見がウェブにいくつか出ていますね)

スマフォなどには、ボリュームを二倍まで増幅できるアプリがありますし
パソコンにも、そういう機能が備わっているものもあるんですが
XP環境でそういうソフトがあるかどうかは知りません。

DynaBook E6/515CMEのスピーカー性能がカタログ値として公表されていないので
実際に、その性能を使いきって、音量不足になっているのか?
それとも、データや設定などで回避できるものなのかは
一度確認しておいたほうがいいかもしれません。

投稿日時 - 2016-01-09 13:12:57

お礼

長文にわたる説明ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-01-09 16:15:39

-広告-

ANo.4

ここ見たって。。。
http://jbl.harman-japan.co.jp/product.php?id=pebbles
特徴の所を読んで。

投稿日時 - 2016-01-09 09:15:33

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-01-09 16:16:06

ANo.3

そもそも、USB給電で5Wは出せません。USBの電源容量が2.5W(5V・500mA)しかないからです。効率はせいぜい50%程度、デジタルアンプでも80%程度なので、USBスピーカーは2W出れば御の字です。

USB3.0は4.5W、USB3.1では最大100Wまで供給できますが、USBスピーカーは元々簡易的な製品という位置づけで、USB3.0やUSB3.1は高速・大容量のデータ転送が必要な場面を想定した上位規格なので、「USB3.0やUSB3.1でないと動かないUSBスピーカー」というのは存在しません(仮に出てきたとしてもニッチ向け)。

カタログスペック上、USBなのに大出力というのは、OlasonicのTW-S9辺りでしょう。小音量時に電気を蓄えておき、大音量時に利用することで瞬間的な大出力に耐える設計です。ただし、ダイナミックパワーというのは「長くてもコンマ数秒の大出力が可能」という意味なので、数字のマジックに近いです。
http://www.olasonic.jp/usbspeaker/tws9.html

常時5W~10Wの出力が必要なのであれば、(品質によりますが)最大出力で20W~50Wくらいの製品が必要です。当然、充電式でも難しく、コンセントから電源を取るものがほとんどです。歪みが多くても良ければ、充電式のポータブルスピーカーなどがあるでしょう。

投稿日時 - 2016-01-09 09:07:20

お礼

詳細なる説明ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-01-09 16:17:15

お勧めというわけではありませんが、安いから飛びついたら、電源供給のみUSBからで、イヤフォンジャックからアナログ音声をスピーカーに転送するタイプもあるので、注意してください。私は、USB、イヤフォン両方から音源を取れるものと思って買ってしまいました。

投稿日時 - 2016-01-09 07:01:31

お礼

アドバイスありがとうございます。

投稿日時 - 2016-01-09 08:27:20

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-