こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

モトローラのパワートランジスタ

古いマランツのオーディオパワーアンプに使われているパワートランジスタ本体にそれぞれ462-2009 8013, 461-2006 8039, 461-2006 7713, 461-2008 7628, 462-2011 7630と刻印されていますが、この製品はまだ入手可能でしょうか? 生産中止としたら代替品として今入手できる製品について、お分かりの方はお教え願いします。

投稿日時 - 2016-01-08 22:55:24

QNo.9108321

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

書かれている番号が トランジスタの型式番号でないので判りません。
2SAXXXX,とか 2NXXXXとかになります、またトランジスタは電流増幅率で分別されてその記号も記載されています、特にオーディオ用は個別に電流増幅率を揃えたペアと呼ばれる物が使われます、この電流増幅率が違うと正弦波で言えば上の波形と下の波形の振幅が変わってしまいます、まあ負帰還がかかつているので、実際にはばらつきませんが、繊細な音としては上と下の負帰還量が異なることになるので、音がおかしくなります。
真空管と異なり代替可能なものは有るはずですが、音は違うものになります。
オーディオケーブルだけでも音が変わると交換するぐらいです、トランジスタが違ったらもっと大幅に変わるのは当然だと思います、また、同じトランジスタでもHFE(電流増幅率)が違うと微妙に音がかわりますし、バイアスによっても音は結構変わります。
とにかく型式番号が判らないと数千とあるトランジスタから調べようも無いです

投稿日時 - 2016-01-11 18:34:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

モトローラの半導体部門はONsemiに買収されました。
http://www.onsemi.jp/
モトローラのトランジスタは、標準品だと「2N****」かハウスナンバーの「MJ****」です。
刻印の番号を見ると、マランツ向けの特注品のようです。
米国メーカーの場合、詳細なサービス・マニュアルがあるはずで、そこに標準品との違いについても解説されているはずです。
オーディオパワーアンプの型名で検索すれば、サービス・マニュアルがヒットする場合もあります。
とりあえず、マランツに問い合わせてみたら動でしょうか?

サービス・マニュアルが入手できなければ、回路を解析して動作からスペックを特定し、同等品を探す必要があります。

投稿日時 - 2016-01-10 10:17:33

55歳 男性
秋葉原とか行ける方ですか?
一番良いのは当該部品をお店に持っていき調べてもらうのが一番です
ただ最近は回路方式も変わってきて事で部品も無くなっています
手に入らない場合もあります
部品屋さんはジャンク屋にも通じている場合がありますので、思わぬ所で
部品が手にはいるかも知れません

投稿日時 - 2016-01-09 07:49:36

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-