こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

35歳派遣貿易事務職、正社員を目指すべき?

35歳 派遣貿易事務職、貿易事務の経験はまだ2年です。
通信の大学で勉強していて、あと1年半ぐらいで卒業の見込みです。

35歳が正社員を目指す限界だと良く耳にしますが、
もう少し貿易業務の経験を積みながら大学を卒業し、
それから正社員を目指すべきなのか、
年齢制限ぎりぎりの今すぐに就職活動して正社員を目指すべきなのか、迷っています。

今までの経歴をお話しすると、小さな町工場で15人ぐらいをマネジメントする
生産管理の仕事なども経験していますが、正社員経験は3年しかありません。
若いころは目指していた夢のために、ずっと派遣社員でした。
販売から始まりコールセンター、営業事務、経理補助などなど。

職歴はガタガタですが、簿記2級、中国語検定準1級、TOEIC785点、貿易実務検定B級を保有していて、オフィス系のソフトも人並に使いこなせると思います。
今職場にいてもスキル面ではそんなに恥ずかしいということもないのですが、
年齢が年齢なので、派遣のままではそろそろヤバいな。。。という気持ちが強いです。

かと言って今の仕事も良い経験にはなっているし、
非正規でも職務経歴としては期間が長いほうが良いのか・・・?とも思い、
どちらにすべきなのか悩んでいます。

皆様のご意見、世間の常識、今後の見通しなど
何かアドバイス頂けないでしょうか?

何卒よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2016-01-06 20:22:28

QNo.9107219

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

結論からすると、今すぐ正規雇用になるための就活を行うことを勧めます。

理由はいくつかあります。

米FRBが段階的利上げを発表したこと(新興国市場から資金引上げ)、既に中国経済が減速してること、日本の国債市場が既に崩壊してること、アベノミクス効果が終了したこと(設備投資が全く延びてない)、株価が官製市場化してること、労働市場が人手不足であること(特にサービス業)、16年衆参同時選による安倍長期政権化(景気対策が4年延びる)、17年消費税10%実施、20年東京五輪開催と社会保障負担のピークなど、

これら国際情勢や景気循環を考慮した場合、労働市場における売り手市場のピークは17年末~18年末になると思われるからです。

これを今現在のあなたのスペックと照らし合わせてみると「売り手市場」「転職適齢」「職務経験」という3つの武器を引っ提げてるわけですが、大学卒業まで待った場合「職務経験」のみになってしまいます。

あなたがどういう価値観をもっているのかわかりませんが、コツコツと日々の人生を歩んできたことは質問からうかがうことができます。チャンスに2度目はありません。しかし人生観は人それぞれです。数少ないチャンスを掴めることを切に願います。

投稿日時 - 2016-01-06 21:00:02

お礼

ご回答ありがとうございます!

確かに、今経済状況は景気の循環においてターニングポイントに入っていますよね。
アメリカの金利引き上げが新興国市場からの資金引き上げに直結するとは、
今まで思いつきませんでした。
通信ですが経済学部なので、とても興味深く、勉強になります。

労働力の不足は景気減速の原因になると習いました。
今まさにその局面を迎えているということなのですね!
海外からの労働力が何とか埋めてくれるようなつもりでおりました。

株価の官製市場化?はおそらく政府が金融政策に関わりすぎている現状を
おっしゃったのかと思いましたが、すみません、勉強致します。


納得致しました。

今すぐ英文履歴書を完成させて、就職活動に入りたいと思います。

ありがとうございました!

投稿日時 - 2016-01-06 21:16:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

就職の決め手は年齢より経験です。つまり職歴と資格なのです。

30半ばになって正社員の経験が3年程度なら、恵まれた正社員の道はほぼないと思って間違いないです。
ピンポイントの資格を持っていれば、可能性は多少広がりますが、それでも厳しい事に変わりはないと思います。

ただ個人的には派遣で働くのは良くないと考えるので、アルバイトでもパート社員でもいいので転職した方がいいと思います。
直雇用なら、実力が認められれば正社員になれる可能性はありますから。

投稿日時 - 2016-01-06 20:48:22

お礼

ご回答ありがとうございます!

若い時分の後悔はありますが、現実は受け入れているつもりです。
正社員経験もブラック企業だったので、仰っていることの意味は理解できます。

ピンポイントの資格ですか。。。
売りになるとすれば中国語かと思いますが、
生産管理などの業務は在日15年ぐらいの中国生まれの方が担当されることが多いようで、
どちらにせよ恵まれた条件での正社員での就職は難しいですよね。

改めて背筋の伸びる思いです。

なるほど、派遣よりも非正規であってもパートかアルバイトなど
直接雇用の方が正社員になれる可能性が広がるのですね。
初めて思い至りました。

紹介予定派遣やフルタイムのアルバイトなども視野に入れて、
就職活動を始めようと思います。


ありがとうございました!

投稿日時 - 2016-01-06 21:23:27

-広告-

ANo.1

そもそもあなたが男なのか女なのかわからない、それにもよれば、正社員だろうと非正規雇用だろうと、例えば親の家で生活して生活に困らないのなら非正規だっていいでしょう。

この世の中正社員になりたくてもなれない人もいるわけで、年齢的に難しくなるのは間違いないのだけど、先にも言ったけど、人それぞれ状況が違うのだから、一般的になれるのなら今のうちに正社員になったほうがいい、としか言えない。見通しなんて政府が景気よくするといったって当てにはならないし、派遣法の改正で今後はどの仕事も最長3年しかできないのだから、契約が切れるごとに年を重ねていくわけだし、タイミング次がみつかるとも限らない、それでもいいかはあなたの経済状況次第ということだけ。

投稿日時 - 2016-01-06 20:42:13

お礼

さっそくのご回答ありがとうございます!

私は女性です。
実家ではなく一人で暮らしています。
正確に言うとシェアハウス暮らしです。

確かにシェアハウスの家賃が安いので何とか貯金もしながら暮らしていますが、
これが普通に賃貸マンションなどだと厳しい収入です。

ボーナスはないですし、当然退職引当金もありません。

今正社員の職が見つかるのかも、正直分かりません。
ただ日本のTPP協定が批准される見込みの今、貿易関係の求人は増えると思うので、
小さな企業であれば正社員も夢ではないかな?と思います。

就職先で現状より年収が増えるのか、労働条件はどうなのかは、分からないですが。

とにかく、現状正社員の職があるのかどうか、エージェントに履歴書を送ってみることにします。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-01-06 21:05:52

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-