こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

本当にバリアフリーになっているのか?

日々、いろいろ気になることがあります。
精神障碍者として・・・

1.交通関係は、精神障碍者に対しても、バリアフリーになっているのか?
混雑対策をしようとはしてはいるものの、抜本的に混雑対策を本当にしているのでしょうか?

障碍者を考慮しなくても、日々、国民は、特にアベノミクス勃発後&原発事故後、
何らかの疲れを発していて
それが日に日に多くなる「お客様救助」による遅延を加速させてしまっています。

※上野東京ラインの開業で、目立つように表面化しましたが、前はそう簡単に停車することのなかった電車の遅延が、非常に目立っています。

→通勤時間帯の着席率を今の3倍程度に増やす対策

2.実際に骨折して、車いすを使用しましたが、道路は本当にバリアフリーになっているのでしょうか?

道路と歩道は、何のために段差があるのか、最近不明瞭です。
車いすに乗っていると、この段差は非常に苦痛です。

そのおかげか、交通量の多い車道を堂々と車いすで「走っている」方を、数名みてしまっています。

→車道と歩道は完全にフラットにすべき。
 やるとしたら、ガードレール及び、車が異常侵入できないようにする程度の
 最小限の段差のみ設ける。


「バリアフリー」ということで、駅にはエレベータや車いす対応エスカレーター、
バスもノンステップ等ができているのですが

どうして、交通の根本であるこれらができないのでしょうか?

投稿日時 - 2016-01-06 15:14:25

QNo.9107050

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

正直バリアフリー化は感じません。うちは車椅子ではないですが、双子の赤ちゃんがいて、幅広い双子ベビーカー使用です。重いし幅はほぼ車椅子と同じですが、正直どこにも行けません。双子ベビーカー使用してるときは本当に世の中まだまだバリアフリー化してないなーとつくづく感じます。どこに行くにもかなり慎重に下調べしないと通れない、階段、ってのがほとんどです。バスだって乗る勇気ないです。電車ですらかなり気を遣いますし。お店もスーパーはレジが通れないことがほとんど。もうすべてにおいて不便です。

投稿日時 - 2016-01-06 15:29:38

お礼

こんにちわ。

たしかに、ベビーカーでも苦労するかとは思いますが
今回は、電動でない手動で介護者なしで利用する車いすを想定しています。

レジに関しては、通れないレジの店は使わないということで
対処することができるのですが・・・

それに、車いすを(手で)自走させるとなると、歩道の段差は
重いどころだけじゃなくて、苦痛になるのです。


ちなみに、うちは、(約5cmぐらいの?)歩道の段差を、
手でのぼることができませんでした。
ただ、片足のみの骨折なので、段差前に車いすからおりて、
片足で段差を通過していました。

投稿日時 - 2016-01-06 16:25:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

精神障害の対策は
介助者を付ける位しか思いつかない

投稿日時 - 2016-01-06 16:16:54

お礼

こんにちわ。

介助者だけの問題ではないかとは思います。

軽度の精神障害を考えれば、介助者は不要と判断されますが、
それでも苦痛があるわけですので。

投稿日時 - 2016-01-06 16:26:51

-広告-
-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-