こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

犬の皮膚病について!お願いします!

今飼っているミニチュアダックスフンド(14歳)が皮膚病になり困っています。
もともとアレルギーがあり、アレルギー専用の食事を与えていました。
今回はかなりひどく、画像のように毛が抜けてかさぶたになって剥げていく感じです。
どんどん広がって、かなりかゆそうでかわいそうです!

お医者さんには2,3度治療法を変えて、抗生剤や抗菌剤のお薬を飲ませたりしたのですが
全く良くならずに悪化する一方です。
同じような犬の皮膚病になられた飼い主の方、アドバイスをお願いします。
治療法や食事、サプリ、塗り薬など、なんでも良いのでお願いしますm(__)m

投稿日時 - 2016-01-02 23:10:23

QNo.9105141

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

かなりの悪化、困難な状態と見受けれます。
一度、皮膚病専門の動物病院で診てもらってはいかがですか。
年齢からみて、治癒させるというより症状を弱めるための治療となります。
長期にわたりステロイド投与をしていませんか。
これまで、免疫抑制剤、抗真菌剤、駆虫薬、インターフェロン、漢方薬、皮膚病専用シャンプーなどもためされているのでしょうか。
結局、皮膚病に強い先生と相談されてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2016-01-05 22:37:33

ANo.3

皮膚病と言っても、その原因はアレルギー、細菌、寄生虫など原因は様々で、原因が異なれば対処する方法も異なります。

獣医師が診断してわからないものが、素人が写真だけ見て的確な判断ができるとは思えません。

一般の動物病院は、人間で言えば全ての診療科に対応していますが、実際には動物病院によって得手不得手の診療科があります。

今の動物病院で事態が好転していないようなので、皮膚科を明記している動物病院や皮膚病の診療で評判の良い動物病院で受診される事をお勧めします。

また、動物病院には二次診療機関と言うものがあります。
これは、かかりつけ医で解決しない病気の診療を行う機関であり、様々な診療科があります。二次診療機関の受診はかかりつけ医からの紹介状が必要となりますので、二次診療機関を受診する場合は、かかりつけ医にまず相談して下さい。

投稿日時 - 2016-01-03 07:45:45

ANo.2

年齢から膿皮症のような気がしますが…

マイクロバブルシャワーは?
皮膚炎の場合、頻繁に洗う必要があってもシャンプー剤が強いので
シャンプーが逆効果になることがありますが、
これは水(気泡)だけで毛穴の汚れが落とせるので、
毎日使っても安心どころかかなりの効果が期待できると聞きます。
実際愛犬がかかっていた動物病院(皮膚科)でも
マイクロバブルでのシャワーを勧めらましたし、
ペットサロンでも使用されていました。
ただし以前はペットサロンでマイクロバブルシャワーをお願いすると
料金が2000円くらいUPしましたし病院でもちょっとした金額でしたが、
今は家庭用が約10,000円程で手に入るので試してみられては?

http://item.rakuten.co.jp/wide/71021/

http://www.amazon.co.jp/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E9%87%91%E5%B1%9E%E8%A3%BD%E4%BD%9C%E6%89%80-%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89-%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89-%E3%80%8C%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%88-Bollina-TK-7003/dp/B009KXAGYS

投稿日時 - 2016-01-03 00:55:42

ANo.1

初めまして。
画像を拝見しましたが、かさぶたの症状が酷い事から、ツメダニの症状ではないでしょうか?
室内飼いでしたら、ワンちゃんの治療も大切ですが、室内をこまめに掃除する事も大切です。

また、経口投薬よりも外用治療の薬用シャンプーや塗り薬では駄目ですか?
皮膚病は治療期間が長い場合が多く、飼い主さんの心が折れてしまいそうになりますが、必ず治してあげられます。
愛情を持って根気よく治療と向き合ってあげてください。

参考URL:http://www.koinuno-heya.com/byouki/kankakuki/skin/tsumedani.html

投稿日時 - 2016-01-02 23:49:19

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-