こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

年金生活者です。源泉徴収された所得税の還付は可能か

年金生活者(年収約350万円)です。所得からすると所得税を払う必要がないはずですが、企業年金(年金基金)から所得税を源泉徴収されています。
また、株の売買や株配当金から源泉徴収された所得税が5万円あります。
税金がかからない年金生活者ですので確定申告すれば還付されますか?
確定申告をしない方が得かも教えて下さい。
税金に詳しくありませんのでどなたか教えていただけると助かります。

投稿日時 - 2016-01-02 20:28:13

QNo.9105058

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

年金も株式も源泉徴収されているなら 強いて確定申告しなくてもかまいません

確定申告したら追徴課税されることはないと思います 源泉徴収はいくらか多めにおさめているからです
つまり確定申告すれば還付される場合が多いです

それに株式は配当控除受けられる可能性もありますし

ご自分で計算してみると納得いくと思います

計算方法はこの時期本屋に手引書が1000円ちょっとで出ますから一度これやって飲み込めば次回以降は変更部分だけ調べればいいわけです

あるいは国税庁ホームページに確定申告書作成コーナーがあるから画面に沿ってデータ入力すれば計算してくれますよ データが送られることはありません 秘密が守られます

結果還付があれば出せば良いのです

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

投稿日時 - 2016-01-03 06:35:00

-広告-

ANo.4

65歳以上の場合として、年金の所得は2,250,000円です。
計算式(3,500,000×75%-375,000円)

医療費控除、社会保険料控除、生命保険料控除、配偶者控除、扶養控除、基礎控除などの合計がこれより多くなるのであれば所得税はかかりません。少なければ所得税はかかります。

年金収入が400万円以下の方は、確定申告が省略できますが、申告分離の株の所得や、控除を適用するためには申告することになります。

ご質問のように、多少の条件の違いで納税か還付かが変わりそうなケースでは、損得の判断には、全ての数字を正確に伺って計算しないと答えが出せません。
もう少し待てば、国税庁HPで確定申告作成コーナーが稼働します。
実際の数字を入れて作ってみれば、損得が判断できます。

投稿日時 - 2016-01-03 01:40:43

ANo.3

確定申告をしない方が得かも教えて下さい
損得で無い犯罪者に成るか成らないかだよな。
納税有るのに確定申告をしない方が得だからと確定申告しなければ脱税に成るから立派な犯罪者だよな。

投稿日時 - 2016-01-02 21:22:29

ANo.2

企業年金350万円ももらっていれば、所得税を払う必要があります。
遺族年金や障害者年金は非課税ですが。

投稿日時 - 2016-01-02 20:50:01

ANo.1

年収約350万円って、年金生活者であっても確実に所得税がかかる年収ですね。
扶養家族が4人ぐらい居ればかろうじてかからないぐらいの年収です。
年金生活だから所得税がかからないと言う事は無いです。
確定申告すれば戻る可能性も有りますが・・・
確定申告の時期になるとネットで申告書を作るサイトが税務署から出されます。
そこで計算してみて、戻るようなら確定申告をすれば良いです。

投稿日時 - 2016-01-02 20:39:17

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-