こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

40w直管蛍光灯をLEDに取り換え

40w直管蛍光灯をLEDに取り換えたいのですが、パナソニックに聞いてみると取り付けのソケットを対応させた製品は作っていないといわれました。
大手量販店で聞いてみると、その店のオリジナルで対応した物があるそうですが、きちんと互換できるでしょうか。
旧来の蛍光灯のソケットに対応したLEDを使用している方は、どこで手に入れ、実際の使用に問題がないか教えてください。
参考に値段も教えてくれるとうれしいです。

投稿日時 - 2015-12-31 06:24:08

QNo.9103917

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

電気工事会社を経営する者です。

以前当社では旧来の直管型蛍光灯器具に互換の中国製のLED蛍光管を輸入して日本国内で3年の保証を付けて販売している会社と契約し、多い時で年間3000本のLED蛍光管を販売斡旋しました。
LED蛍光管はほぼ100%が中国製造であり、日本国内で造られているものは皆無です。
きちんとした販売体系を持ち、照度の高さと信頼性などからしっかりとした保証を付けているものに関しては結構高額です。
近年ネット売られているものは満足な保証もないし、照度も寿命も低いものがほとんどのようです。
それと蛍光灯器具にLED蛍光管を取付しようとするならスタータと安定器は撤去しなければ省電力にはなりませんし、グローを外しただけではLED蛍光管で使用される電源部品が短命になってしまいます。
そういう工事は電気工事なので素人は手を掛けられませんので、当社ではバイパス工事と古い蛍光管の処分費込みで40W型LED蛍光管は1本¥18000で販売していました。
それが高いと感じるか安いと感じるかは各人の判断ひとつです。
ただし3年程前からはそういう旧来の直管型蛍光灯器具を改造してLED蛍光管を取付するような事はやめにして、パナソニックが作った新規格の蛍光灯型LED照明器具を販売しています。
パナソニックや東芝の製品は長期保証がされていますし、旧型を改造してランプだけ替えたものよりも遥かにずっと照度も高いし拡散性も高いからです。
お金を出す方からしても明るさと消費電力を考慮した製品一式価格との対比で考えると、新型を購入した方が長期的な目で見ると損がないという事です。
一般家庭などでせいぜい4~6本程度の直管型蛍光灯をLED蛍光管に交換する事には大した意味がないばかりか、選択するLED蛍光管によっては確実に蛍光管との比較で明らかに暗くなった事を実感すると思います。
ましてや安定器を撤去しなければいつまでも電力を無駄に消費しますので、ほとんど蛍光管の時と消費電力に差は出ません。
つまり確実に損をするという事です。
一概にLED蛍光管を何もかも同様に考えてはいけません。
内部の造りの差が確実に価格の差ですし、明るさと寿命も同様に比例します。
よ~く考えて下さい。

投稿日時 - 2016-01-01 02:12:43

お礼

ご回答ありがとうございます。
白熱灯は取り換えるだけで簡単だったので、同じように考えていましたが、蛍光灯との取り換えは難しいようですね。

投稿日時 - 2016-01-04 13:59:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(7)

ANo.7

すみません、互換性についてなどはわからないのですが、私はLEDの光が辛く、ここのところ視力も急に落ちてきて、また、LEDの光を浴びていると、身体がしんどくなってくるので、LEDの影響について、いろいろと調べています。
先日、別の回答で、紹介されていたHPに、こんな文章があり、その通りだなとおもいましたので、ご紹介します。

「市販の物を自由に購入して、簡単に取り付けられ、電球の交換も、業者による修理もムリなく普通に出来る、従来の室内灯。省エネの基本は、自分で簡単に扱えることであり、その後のフォローが自然であることである。そこから大きく離れ、故障したら買い替えなきゃならなくなる、LEDの室内灯。それは、省エネに逆行して心身に負担をかける、重く不健全な材料である。(広がる光の白熱灯には、心が安心する温かさがある。そうではないLEDは、不安の光である)」
http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/led.htm 「LED感染(1)」

省エネのためにまだ使える蛍光灯や器具を捨てるのは、省エネではないなと思います。
まだ使えるうちは蛍光灯のままでいいのではと思うのですが・・・

投稿日時 - 2016-01-02 23:02:42

お礼

ご回答ありがとうございます。
リンク先について、おそらく100年前にも同様の意見があったのではと思われます。すなわち、火の光こそ本来のもので、電気の光など人間に優しくないという。
動物や植物がLEDの光を嫌うという主張も、明確な根拠の提示が必要です。
この文章のようにLEDが健康に悪ければ、実際の健康被害が顕在化しているはずでしょう。fruit-cafe さんは実際に感じているそうですが、やはりデータによる裏付けが必要です。
全体として、少々宗教じみている感じがします。

投稿日時 - 2016-01-04 14:16:54

-広告-

55歳 男性
器具は外せる構造になっていますよ。
安定器外すバイパス工事に金をかけるなら器具交換が安いです
シーリングライトは安い物なら4000円程度で売ってますよ

投稿日時 - 2015-12-31 08:40:27

お礼

ご回答ありがとうございます。
白熱灯からなら簡単に取替えできるのに、蛍光灯は難しいようですね。

投稿日時 - 2016-01-04 16:47:42

ANo.4

元々の蛍光灯照明器具には安定器が付いており、そこにLEDの
ランプを付けても消費電力はほとんど変わりません
LED照明器具の付いたLEDランプを購入する必要があります

投稿日時 - 2015-12-31 08:35:03

お礼

ご回答ありがとうございます。
安定器のことは知りませんでした。
知らずに買ってしまうところでした。

投稿日時 - 2016-01-04 14:19:33

ANo.3

天井に付けられているソケットが「シーリング」という名称なので
http://news.only-1-led.com/howto-kind-name-lighting
角でも丸でもシーリングが付いていれば取付可能なものが多いと思います

天井のシーリングにアダプターを付けて アダプターにシーリングライトを固定するものが多いと思います

確か角型シーリングでも耐荷重が5kgだったと思うので40W相当のシーリングライトでも問題ない重量だと思います

シーリングが付いていない場合は 電気屋に頼んで工事してもらった方が良いと思います
木造でサンの通った天井は角型しか付けられないかも知れません

投稿日時 - 2015-12-31 07:58:04

お礼

ご回答ありがとうございます。
直管(まっすぐの)蛍光灯についてご回答いただければ嬉しかったです。

投稿日時 - 2016-01-04 14:24:56

ANo.2

ネットで検索すれば、たくさん出てきます。
できれば、国産の最新式の物をお勧めします、これは発光効率が違い省エネにつながるからです。

現在ついている器具内部の部品が必要ないために、配線をやり変えたほうがよいと思われます。
配線をやり変えないで使用していると、内部の器具が原因で点灯しなくなるおそれがあるのと、発光効率が悪くなるそうです。
配線工事をしなくても交換できる物(グロースタート式、ラビットスタート式1灯用の場合)
Hf蛍光灯やインバータ式、ラビットスタート式の2灯用以上では配線工事が必要です。

3500円前後
配線をやり変えるくらいなら、天井からでている線に引っかけシーリングを取付けて、他のLED照明にした方がよいかもしれません

投稿日時 - 2015-12-31 07:45:15

お礼

ご回答ありがとうございます。
蛍光灯はいろいろ難しいですね。

投稿日時 - 2016-01-04 14:23:16

ANo.1

蛍光灯の器具には、蛍光灯を発光させる安定期が付いていますがLED には不用ですので
LED直熱管使用する場合は、蛍光灯の安定器を取り外す必要があります、このことをバイパス工事といって電気工事士が行います、コストがかかります。
又蛍光灯の器具に使用できる直熱管がありますが、安定器が余分な電力を消費します。
LEDランプには安定器は不用ですのでLED電球の1個分位の電力を消費します、省エネなLEDを導入しても安定器の消費電力がランニングコストに大きな影響を与えて省エネにはなりません、安定器が故障しますと、蛍光灯の場合はチカチカしますが、LED場合はついたままにり発火する恐れがあります。
LED専用器具が一番コストが安いです。
私は蛍光との器具は、粗大ゴミで出して、新しくLED専用の器具を買いました。

投稿日時 - 2015-12-31 07:27:35

お礼

ご回答ありがとうございます。
量販店は対応しているとだけ言って、取り換えのコストのことは触れませんでした。そんなものですね。

投稿日時 - 2016-01-04 14:18:35

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-