こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

ダース・ヴェイダーの入浴シーン

 映画スターウォーズシリーズのepisode4~6に登場する登場人物である「ダース・ヴェイダー」は、episode3において四肢を失った上に全身に火傷を負い、自発呼吸もままならない身体となったため、身体をサイボーク化し、呼吸はスーツの胸部に装着されている生命維持装置によって補助されているという設定です。
 つまり、彼はあのスーツ無しでは生きていけない身体という訳ですが、体を洗う際にはどうしているのでしょうか?
 彼がepisode6においてマスクを脱いだ際には、少なくとも顔面や頭部は生身の皮膚で被われているように見受けられましたから、サイボーグとは言っても全身の皮膚を人工物と置き換えている訳ではなさそうですので、汗もかけば垢も溜まると思われます。
 あの生命維持装置が、例え防水仕様でバスタブの中に浸け込んでも大丈夫であったとしても、胸を洗うのに邪魔になりますし、スーツもびしょ濡れになります。(入浴直後は、ギュッポギュッポとブーツで水音を鳴らし、あちこちに水溜りを作りながら、デススターの中を歩き回っているのでしょうか? 風邪をひきそうです)
 それとも体を洗う事など無いのでしょうか?
 もし体を洗わなかったなら、体臭が凄い事になりそうですが、香水で誤魔化したりもするのでしょうか?(毎日欠かさず身体にコロンを噴き付けるダース・ヴェイダー! 彼の周りには体臭と香水の香りが入り混じった独特の匂いが立ち込める) 

投稿日時 - 2015-12-27 15:42:09

QNo.9102129

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

うろ覚えですが、ジェダイの復讐(今は復讐っていわないんでしたっけか?)だったか帝国の逆襲だったかで、ダースベイダーがあの黒服を外して治療かなにかを受けてるシーンがあったように思いますので、あのときに何かそういう汚れ落としというかそういうのを受けてるのではないでしょうかね。
そして、あの一見ゴムなどで出来ているようにも見える服装は、未来のすごいテクノロジーによる素材でできていて汗や汚れをためずにまた皮膚にも負担をかけないために臭いもしないのではないでしょうか。個人的には、惑星も一撃で亡きものにしてしまうくらいのテクノロジーを持った文明なら、あんなゴツくていちいち作動音がうるさい生命維持装置を使わないで草薙素子みたいに脳を素体に移植したほうが合理的な気がするのですが。
ストーム・トルーパーも、あのヘルメットには視覚補正装置や目標補足システムの搭載されてるっていう割にちっとも銃撃が当たらない上にイウォーク族の石や弓矢に一方的にやられちゃってるんだから、あの世界の文明がすごいのかダサいのかさっぱり分かりません。ダースベイダーがハン・ソロにやった拷問も、痛そうだけどえげつなさそうな感じはなかったですものね。ダースベイダーはジグソウを少し見習ったほうがいいかもしれません。

投稿日時 - 2015-12-27 19:13:04

補足

 どなたをベストアンサーにすべきか少し迷いましたが、ダースベイダーがあの黒服を外しているシーンがあるという情報を御回答して頂いた事から、回答No.3をベストアンサーに致します。

投稿日時 - 2016-01-01 01:08:08

お礼

 御回答頂き有難う御座います。

 今は「ジェダイの帰還」と言う様です。(私は「ジェダイの帰還」と言われてもピンと来ませんが)
 私は昔、TVで見ただけですので覚えていないのですが、その様なシーンがあったのですね。
 テクノロジーに関しては、何しろ世界観が1970年代に考えられたものがベースとなっていますから、部分的には下手をすると2015年の現実世界よりも見劣りがする点もありますね。(ネット環境とか)

>あんなゴツくていちいち作動音がうるさい生命維持装置を使わないで草薙素子みたいに脳を素体に移植したほうが合理的な気がするのですが。

 ダース・ヴェイダーの裏設定として、腕が生身ではないためフォース・ライトニング(皇帝が使っていた指先から青白い稲妻を放つ技)など使えない技があるという事らしいので、もしかしますと機械の身体はフォースとの相性が悪いのかも知れません。
 それにそこまでする位でしたら、どうせジェダイの騎士などのフォースの使い手は死んでも魂だけでこの世に留まっている事が出来る様なのですから、いっその事、脳すら捨てて魂だけの存在となり、フォースを使って人形の身体を操作するというのはどうでしょうか?

投稿日時 - 2015-12-27 20:24:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

「ジェダイの帰還」ではなく「帝国の逆襲」で、部下が報告に来たときに、ちょうど外していたマスクの頭頂部を機械で装着しているというシーンがありましたから、そういうときに何らかの処置をしている可能性はあります。
ダース・ヴェイダーというのは、実は大変な身体障害者なんだなと感じます。
ただ、ヴェイダーに限らず、エピソード4でのC-3POがルークの家でオイルの風呂みたいなのにつかって喜んでいる以外に、誰かが風呂やシャワーを使うようなシーンは記憶にありません。
地球でのストーリーではありませんし、そういう風習がないような人達と考えておいた方が良いのかもしれません。
余談ですが、今は「ジェダイの帰還」といわれるエピソード6は、原題がRETURN OF THE JEDIなので、帰還が正しいのですが、元々の原題はREVENGE OF THE JEDIだったのが変更されたらしく、邦題は変更しないで公開してしまったということのようです。
以前持っていたレーザーディスクの特典映像にアメリカでの予告編が収録されており、それを見てそういうことだったんだなと納得したことがあります。

投稿日時 - 2015-12-31 22:24:55

お礼

 御回答頂き有難う御座います。

>マスクの頭頂部を機械で装着しているというシーンがありましたから、そういうときに何らかの処置をしている可能性はあります。

  回答No.3様も仰っておられましたが、あのスーツはやはり取り外す事が出来るようだという事ですね。


>誰かが風呂やシャワーを使うようなシーンは記憶にありません。
>地球でのストーリーではありませんし、そういう風習がないような人達と考えておいた方が良いのかもしれません。

 スターウォーズは宇宙を舞台にした剣と魔法の西洋ファンタジーの世界であるという事と、昔のヨーロッパでは貴族階級を別にすればめったに入浴する事など無かったという事を合わせて考えますと、スターウォーズの世界でもあまり頻繁には入浴をしないのかも知れません。
 そう言えばダース・ヴェイダーは砂漠の惑星であるタトゥイーンの出身ですから、水は貴重品という感覚で、体を洗うなどという事にはしないという事はありそうです。
 只、ダース・ヴェイダーがタトゥイーンを離れたのは9歳の子供の頃の話ですから、その頃の習慣が大人になるまで影響を与えたとはちょっと思えませんし、ダース・ヴェイダーの師にして銀河帝国皇帝であるシーヴ・パルパティーンは温暖で水の豊富な惑星であるナブーの出身なのですから、銀河帝国に所属する様になってからも入浴の習慣が無いというのも少し不自然な気もします。

投稿日時 - 2016-01-01 01:04:10

-広告-

ANo.2

汗や垢を分解するナノマシンが塗布されているので心配ありません!

と、いうのはどうでしょうか。

投稿日時 - 2015-12-27 19:10:49

お礼

 御回答頂き有難う御座います。

 なるほどナノマシンですか。
 もし実際にやる場合には、汗の塩分は分解出来ないとか、垢と表皮の角質層をどう区別するのかといった問題が発生しそうですが、まあ、娯楽作品ですのでその辺りは御都合主義で解決すれば良い事ですね。

 処でスターウォーズシリーズでナノマシンが登場するシーンにはどの様なものがあるか、もし御存じでしたらその事も御教え願います。

投稿日時 - 2015-12-27 19:56:05

ANo.1

 あれは宇宙服を着ている宇宙飛行士の印象を与える為に考え出した類型で、それ以外は何も考えていないでしょうから、真面目に追い掛けない方が良いでしょう。漫画に過ぎません。

 病院で実際に生命維持装置を取り付けられて生きている人がいますが、衛生管理は万全におこなわないと、傷口から化膿したり、出血したりしますから、そういう批判は当たらないでしょうね。

 生命科学が進んだ未来には、全てが自分自身の細胞から人工培養した臓器を移植して完治するほどになっているでしょうから、あんな恰好をする人はいないと思います。

投稿日時 - 2015-12-27 16:13:03

お礼

 御回答頂き有難う御座います。

 漫画と言いますか、単なる娯楽のためのフィクションに過ぎず、まじめに追いかける様な事などではない事は承知しております。
 只、こういったものは思い付いてしまうと、気になってしまったりはしませんか?

投稿日時 - 2015-12-27 19:45:46

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-