こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

早期退職を会社に承認させる方法はないでしょうか?

早期退職に応募しましたが否認されました。
事前に会社が総合的に判断し承認可否判断をするとの条件提示はありましたが、否認通知には理由の記載がなく、逆に理由を回答もしないと書かれていました。

否認理由を明示しないことから、アジアエレクトロニクス事件に準拠し違法として、会社に早期退職を承認させる方法はないものでしょうか?

もしくは、否認条件を明示しないことから、承認した人と不当に差別的だとして、通常退職との差額を請求することはできないでしょうか?

判例から会社に広範な裁量権が認められていることは承知しておりますが、何か方法がないものかと相談するものです。

ご教示、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-12-23 10:10:19

QNo.9100049

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

経営者サイドには、法的権威者グループを、抱えておりますので、個人では基本的にアウトでしょう。余りに、虫が良すぎる:ルールで不可なら、お金で決着したい・・・なら、法務士へ。

投稿日時 - 2016-01-17 15:14:16

ANo.2

一般の希望退職は、会社が条件を指定して募集し希望者を募る訳ですが、その条件の中で、希望者全員無条件に退職を認めるとする場合はあまりないと思います。
希望退職はあくまでリストラの手順の初期であり、会社にとっても誰でも無条件にやめられたのでは仕事が回らなくなってしまいます。
希望退職は、あくまで会社が条件を提示するのみで強制的に解雇するわけではありませんから、対象者を限定する事もその条件に含む事ができます。その選定条件を開示しなければならない合理的理由もないと思います。明らかに、憲法で禁止されている思想・信条や性別等で差別的に選別しているなら多少の問題があるかもしれませんが、それとて、解雇ではなく希望退職を募るだけの事なので、労働者に直接の不利益をもたらすものではなく、不当と主張するのはかなり無理があると思います。
希望退職募集が名ばかりで、誰一人認められないというような事ならまた別問題ですが、それもやはり希望退職の人選の問題ではなく、リストラの手順としての問題であって、争点が違ってきます。

という事で、あなたは会社にとって有用、手放したくない人物という事なのでしょうから、やめてやるからカネ寄こせは無理だろうと思います。
いきなり不良社員になれば状況も変わるでしょうけど、今度は解雇が正当化されかねないのでそっちも難しいでしょうね。

投稿日時 - 2015-12-24 08:17:49

ANo.1

 
アジアエレクトロニクス事件では、早期退職の特別加算金を加給せずに退職させた事が問題です
あなたは、退職を拒否されたのでしょうか?
それとも特別加算金などの無い自己都合退職として処理されるのですか?

退職を拒否されたのなら会社が必要な人として判断してるのだから、それ以上の理由は不要だし存在しないと思います
 

投稿日時 - 2015-12-23 10:17:43

お礼

早速のご回答ありがとうございました。

やはり、会社に加算金の支払いを求めることは難しいですね。

私の場合は退職を拒否されたのですが、今受けている評価も相対的に低く、今回の拒否理由もまったく説明されないことから、不満感だけが残る結果となり、加算金請求の可能性の細い糸でもないものかと質問させていただいたしだいでした。

よく理解できましたので、重ねて御礼申し上げます。

投稿日時 - 2015-12-23 20:40:02

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-