こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

地球の最後を予想しましょう。

地球の最後を予想しましょう。

星…今見ている星は、実はもうないかもしれない。数々の星が寿命を迎えています。

地球も、いずれは太陽に飲み込まれるか、太陽が消滅する際に巻き込まれてなくなるか…など諸説あります。

そこで質問です。
太陽を関係なしにして、地球が、地球だけの力で滅ぶことはあるのでしょうか?
人類でも自然でもなく、地球という星そのものが、です。
例えば爆発…。
なにか考えられることはあるでしょうか。

なんとなく気になりました。
お願い致します。

投稿日時 - 2015-12-23 00:08:48

QNo.9099919

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 科学技術の進歩を考えてみましょう。

 化学反応で作り出せる最大の爆発は燃料気化爆弾で、戦術核の100分の1ほどの爆発を起こせると言います。

 史上最大の核爆弾は50メガトンに達しますが、四国が吹き飛んで無くなるほどの破壊力を持っているようです。

 現在、反物質の製造技術や貯蔵技術が現実味を帯びていますが、反物資爆弾が出来る可能性はあるでしょうね。

 同様に、ブラックホールの研究も進んでいますが、これも現実にブラックホールを作る基礎研究の段階までは来ているようです。

 自然の力で地球が滅びることは無いでしょう。46億年間、ありとあらゆる自然現象に晒されて無事だった惑星です。滅びるはずがありません。

 しかし、人類が作り出した兵器によって滅びる可能性はあるでしょうね。核兵器だけでも、地球を何度でも滅ぼせるだけの数量が備蓄されています。地球を吹き飛ばす兵器開発がおこなわれるとすれば、地球を滅ぼすのは人類でしょうね。

投稿日時 - 2015-12-23 00:46:34

お礼

その通りですね。
使用していないだけで、もう既にこの地球上にはこの星を終わらせることが出来るほどの兵器がある…。全く迷惑な種族ですね、人類って。

地球から言わせてみれば、度重なる自然災害は、その報復なのかもしれませんね。恐ろしい話ですが…。

投稿日時 - 2015-12-23 18:08:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

とんでもない大きさの彗星のようなものがぶつかったらそうなる可能性もなきにしもあらずだとは思います。ただ月もそもそもは地球にぶつかった天体の一部だという説が近年有力で、その大きさは火星とほぼ同じ大きさだったといわれています。
火星ほどの大きさでも地球は一応壊れなかったのですから、ちょっとやそっとの大きさでは地球は壊れないとなるでしょうね。

投稿日時 - 2015-12-23 15:56:49

お礼

意外に頑丈なんですね、そういえば恐竜滅亡も隕石説がありますもんね。
地球そのものが寿命を迎えるより先に、外部からの損害でなくなってしまうのでしょうか…。悲しいですね。

投稿日時 - 2015-12-23 18:22:22

-広告-

う~ん?どうでしょう?

科学的なことはよくわからないのですが、ホリエモンがロケットを飛ばすのに事業を立ち上げました

ここはホリエモンに期待して地球以外に逃げましょう

宇宙旅行も夢ではないかも!?

投稿日時 - 2015-12-23 06:46:45

お礼

ホリエモンに期待することにしましょう。
今度はしくじるなよ、ホリエモン!

投稿日時 - 2015-12-23 18:22:59

ANo.4

外的要因を全く無視するならば地球という物体は宇宙という存在があるかぎり無くなることはないでしょう。
人類が生きている環境かどうかは考えないという前提で…


物理的に地球が破壊される可能性は他にもありますよね。
太陽系外からの惑星規模の隕石との衝突とか。

太陽系が存在する銀河は将来的に他の銀河と衝突する可能性もあるそうです。
となると、他の恒星系が地球のある太陽系と衝突して地球の公転軌道が劇的に変化する可能性があり、太陽を回る公転軌道から外れてどの恒星系にも属さない迷子惑星になる可能性もあるということ。

最近話題になったオリオン座のベテルギウスが超新星爆発すると地球にも影響が出るという話もありましたね。
超新星爆発によって発生したガンマ線バーストが地球に降り注ぐと太古の生命大絶滅のようなことが起こるという説もあったはずです。


そういうSFチックなことはSF小説とかSF漫画で大量に出回っています。
根拠の無い妄想から、論文や観測結果をもとにしたものまでたくさんありますよ。
ムーン・ロストや千一夜物語という漫画なんて妄想を掻き立てるにはおすすめです(笑)

投稿日時 - 2015-12-23 05:33:08

お礼

空想を掻き立てられますね!
巨大恒星の爆発ですね、オーロラくらいは見られるでしょうか。オーロラですめばいいですけどね…。

その二つの漫画、ぜひとも読んでみます!

投稿日時 - 2015-12-23 18:25:15

面白いね・・

宇宙開発が始まって まだ百年程しか経ってない・・

人類歴史は数万年なのに・・

これから もっと 宇宙開発が進歩し 他の星に移住出来る余地は幾らでもある・・

地球が無くなる事なんか 判ってるのだから 移住するだけ・・

気にしない事の方が大切です・・

投稿日時 - 2015-12-23 03:16:23

お礼

気にすることが楽しいのですよ。
私みたいな人間にとっては…(笑)
だって、どうしたって自分が死ぬ頃までにはその話はまだまだ夢の中の話だと思うのです。残念ですが。
だからこそ空想を膨らませて、こういった質問をしてみているわけです。

でも、本当に、移住できる世の中になったら、人類って一体どこまでいけるのでしょうね。もしこの先死んで、生まれ変わるなら、宇宙の謎も、全て解けているような時代に生まれたいと願ってやみません。

投稿日時 - 2015-12-23 18:12:40

ANo.1

数億年後には、自転速度が落ちて、昼夜の時間が延びます。
そしてさらに数十億年経過すると、公転周期の軌道を外れて、地球は太陽から遠ざかり、あらゆる生物が死滅します。
んで、どこかの恒星の重力に捕まると、そこで公転が始まり、そして、自転周期が早まります。
バランスが取れたら、自然環境が安定し、バクテリアが復活し、それを捕食する生物が誕生します。
更には、肉食生物が誕生し、弱い生き物はある程度の間引きがされます。

こういう時代を経て、人間が誕生し、『神によって創られた』という教えと共に、人類は文明や科学を発展させます。
そして、私達はネットワーク上で、互いにFAQを利用するようになります。

というストーリーはいかが?

投稿日時 - 2015-12-23 00:28:09

お礼

時代は巡るならぬ…星は繰り返す、とでも言いましょうか…!

その説で考えると、今この人類は何度目なのでしょうか?なんだか映画が作れそうです(笑)

投稿日時 - 2015-12-23 18:05:04

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-