こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

政府刊行物センター

 ご覧いただきありがとうございます。

 以前、全国の主要都市には「政府刊行物センター」という大蔵省印刷局直営書店があり、官報や白書、各省庁関係の資料、法令様式等を販売していたと記憶しています。
 しかし、いつの間にか全国のセンターがすべて閉店してしまったようです。

 元々、政府関係資料を国民が容易に入手可能な「国の広報センター」としての役割も兼ねて長い歴史を持っていたのですが、閉店の経緯など分かりましたら知りたいと思います。

投稿日時 - 2015-12-21 21:42:24

QNo.9099374

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

近年は白書などはネットでダウンロードできますし、有料のものも民間の販売所(官報販売所や大型書店)やネット販売があるので、その役割を終えたといえるのでないでしょうか。

投稿日時 - 2015-12-21 22:04:46

お礼

 インターネットの普及、大型書店、ネット通販など、各種の情報や資料を容易に得られる社会になってきたのですね。

 ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-12-23 10:04:44

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-