こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

日本のSIMフリー機で海外使用

iPhone5Sで
海外版SIMフリーだと、機種によっては、
AUのLTEが使えないといった、ものが存在しますが、
恐らく日本のSIMフリー機はどのキャリアの電波も使えるかと思います。

逆に海外で使う場合に、日本のSIMフリーだと使えないエリアがあるのでしょうか?
海外で使うなら、アメリカ版のiPhoneがいいとか。

投稿日時 - 2015-12-21 09:12:21

QNo.9099031

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

要するに、携帯電話は各電話会社の通信方式及び各周波数帯の電波を受け取ることが出来ないのであれば、そこのキャリアで使うことが出来ない代物です。

日本で採用する通信方式及び周波数が、海外の電話会社も使っていれば日本の携帯電話でも海外で使うことができます。

逆に、海外で売られている携帯電話は、日本の通信方式及び周波数(特にau)に対応していないことが多いので注意が必要です。SIMフリー機種を買う場合、対応周波数帯をよく見て買いましょう。

日本の、大手3大キャリアの数波数帯は

・ドコモ/2100MHz(バンド1)・1800MHz(バンド3)・800MHz(バンド6)・1700MHz(バンド9)・800MHz(バンド19)・1500MHz(バンド21)・700MHz(バンド28)
※バンド1、19はW-CDMA LTE。 バンド3、21、28はLTE。 バンド6、9は W-CDMA。

・au/2100MHz(バンド1)・1500MHz(バンド11)・800MHz(バンド18)・800MHz(バンド26)・700MHz(バンド28)
※バンド1、18はCDMA2000 LTE。 バンド11、26、28はLTE。

・SoftBank/2100MHz(バンド1)・900MHz(バンド8)・1500MHz(バンド11)・2500MHz(バンド41)
※バンド1、8はW-CDMA LTE。 バンド11はW-CDMA。 バンド41はLTE(AXGP/TD-LTE)。

となります。

少し補足しておきますと、1000MHzは1GHzになりますので、例えば2100MHzは2.1GHzとなります。メーカーによっては、スペックを「GHz(ギガヘルツ)」で表している所もあるので参考までに補足しておきます。

SIMフリーや海外で売られている携帯電話が、なぜauに対応していない事が多いのかというと、auの通信規格が「CDMA2000」であるからです。

au対応の機種と考えている場合、「CDMA2000」通信規格に対応しているかどうかよく見ることが大切です。ちなみに、「W-CDMA(欧州では「UMTS」と呼ばれていたりする)」「CDMA2000」共に第3世代携帯電話(3G)となります。

また、よく海外では、第2世代携帯電話(2G)がまだまだ主流です。しかし、日本ではサービス自体が2012年7月に終了しているので、その通信規格(GSM、PDC、cdmaOneなど)を使った携帯電話は使うことができません。

SIMカードを2枚挿すことが出来るSIMフリー機を、最近日本でもよく見かけるようになりましたが、注意書きに「2スロットはGSM(2G)専用」となっていたりと、日本ではあまり恩恵がない仕様になっていることが多いです。

片方にデータ通信専用SIM、もう片方に通話専用SIMと言うような運用を考えているようでしたら、注意が必要です。


ところで、質問者さんは「恐らく日本のSIMフリー機はどのキャリアの電波も使えるかと思います。」と考えているようですが、残念ながらドコモ回線のみに対応した商品が中心となって展開しています。特に、auの通信規格に対応している機種は皆無と言っていいでしょう。

そして、日本でわざわざ海外対応の携帯電話(SIMフリー)を買わなくても、現地にて購入したほうが安上がりなため、大抵の人は携帯電話を現地購入しています。その方が、「通信方式も周波数帯も大丈夫な物を購入したはずが、現地で対応していなかった」ということが無いのでオススメです。

投稿日時 - 2015-12-21 11:04:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

iPhone 5sに話を限定すると、日本でSIMフリー版を買えば中国以外のほぼ全世界で困ることはないと思います。わざわざ北米版などを買う必要はありません。

この機種には対象地域別に5つのモデルが存在していて、その中で日本で売られているのはA1453というモデルです。ソフトバンク/au/ドコモ/SIMフリー版のいずれも共通です。A1453はLTEの対応バンドがとても多く(バンド1,2,3,4,5,8,13,17,18,19,20,25,26)、GSMにも対応しています。一方、中国での採用が多いTD-LTEやTD-SCDMAには対応していません。
日本のSIMフリー版iPhone 5sに適切な現地SIMをさせば、北米でも欧州でも東南アジアでも使えます。最悪でもGSMで通信可能です。

投稿日時 - 2015-12-21 12:26:11

-広告-

ANo.3

>恐らく日本のSIMフリー機はどのキャリアの電波も使えるかと思います。
半分正解で、半分間違いです。
日本ではキャリアに割り当てられている周波数帯というものがあります。
だからdocomoの周波数はauでは使えない、ということが起こります。

周波数の他にバンドというものも存在します。
周波数に対応していてもバンドに対応していなければ通信できません。

詳しくは参考URLを・・・
海外の状況も大体わかります。

参考URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/Long_Term_Evolution

投稿日時 - 2015-12-21 11:48:22

ANo.2

電波の波長も気にした方がいいかも。
例えばSIMフリーのはずのSurface3は、ドコモだとメインの波長に対応していないので、通信圏がドコモのスマホより狭いです。

投稿日時 - 2015-12-21 11:35:02

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-