こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

土壌微生物が多ければ放射能の害は減りますか

土壌が汚染されているとき、その土壌に生存している微生物が多ければ放射能の害は減りますか。放射線を微生物のDNAやたんぱく質が吸収してくれませんか。

投稿日時 - 2015-12-21 05:15:11

QNo.9098998

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

放射線は物ではありませんから吸収は出来ません(通過する瞬間の存在です、ただしこれが連続して通過するだけなので、発生源を移動すれば無くなります)、では発生源を取り込むかと言えばそれは無理です殆どが鉱物ですから人間や動物が栄養素に張り付いたものを吸収して排出されず貯めこむ、例甲状腺がんで言われるヨウ素とほぼ同じ構造の放射性ヨウ素(131I)が吸収されると言う様な物)、また放射線汚染といわれますが、日本の国土でも花崗岩は放射線を出す物質が含まれています、ラドン温泉などのラドンも放射線同位元素です、また太陽も核融合を行っていますから放射線はでています、太陽に当たると言う事は放射線を浴びると言う事です、ただし生物の進化には太陽は必要で、また太陽があったから、生物は行きられ進化したとも言えます、放射線は食物の肥料に近いと考えて良いと思います、肥料が何もなければ痩せこけて枯れてしまいます、かと言って大過ぎればやはり枯れてしまいます。
つまるところ限度を超えなければ良いというものであり100%でも0%でもダメなものと考えた方が良いです、そもそも地球上に0%なんてところはありません、世界各国の放射線量震災2ヶ月後
http://www.ifs.tohoku.ac.jp/edge/radiation/Amount%20of%20radiation%20around%20the%20world%20june%2001,2011%20JP.pdf
韓国のソウル、イギリスのロンドン、ローマなど仙台の1桁上、アフリカのスーダンなど2桁上です、被曝量は警戒する必要はあるものですが、4.57マイクロシーベルトでも普通に暮らしている人たちが居る、しかも後進国ですから測定器すら一般に無い所です、例えば30年後の発がん率が0.1%と言われても、タバコやPM2.5による発ガン率から比べれば2桁以上少ないわけで、しかもすぐではなく30年間ですから、放射線によるがんになるよりPM2.5で発ガンしてしまうので、実際は放射線の影響を確認することは無理でしょう。
また中国は発電や暖房に大量の石炭が使われます、そしてこの石炭の殆どが、内モンゴルのウラン鉱山に隣接する石炭採掘場から取れる石炭ですから、石炭にウランが含まれて居ます、その石炭を燃やしてPM2.5として日本にも来るわけで、中国でPM2.5の一部として大量のウランを撒いているのと同じなので、既に止まっている福島原発どころじゃないのです、それに空気中の塵な訳ですから植物がどうのと言う前に人間は吸い込んでいますし、食べ物に着いたものを食べています。
http://news.livedoor.com/article/detail/8740357/
http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/32530588.html
https://www.youtube.com/watch?v=DigmhC8x4mc
https://www.youtube.com/watch?v=H3wQdIg1rDk

投稿日時 - 2015-12-21 07:30:13

お礼

人間の代わりに微生物が犠牲になってくれないかと思いました。

投稿日時 - 2015-12-21 11:54:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

吸収させても無駄です。
核物質の原子そのものが放射線を出しているのですから。
ただし、生物に吸着、吸収させて集めて除染する技術ならあります。
ファイトレメディエーション
これで検索してみてください。

もっとも、汚染土の処理の際に日本のお家芸である『汚染の総量は変わらなくても薄めれば垂れ流してOK!』なんてのがまかり通ってるようなのですがね…。
こんな状況では吸着して集めたって仕方ありません。

震災当初、ひまわりに吸着させようという試みがされました。
もっとも、懐疑的な意見もちらほら出てるので安易に実践するのは考え物なのですが。

投稿日時 - 2015-12-21 22:52:41

お礼

素人は何をしたらよいのかわかりません。

投稿日時 - 2015-12-24 02:21:39

-広告-

ANo.3

微生物に頼るまでもなく、すこし深く埋めれば地表までに大部分の放射線が吸収されます。実際に一度表面の土を削って下部の土と入れ替える方法が行われています。

http://c-navi.jaea.go.jp/ja/remediation-work/2013-04-10-03-58-46/agricultural-land/agricultural-land-62-2.html

投稿日時 - 2015-12-21 13:43:43

お礼

埋めてしまえば体に取り込まれることもなくなるわけですね。いずれにしても微生物は関係ないということでしょうか。

投稿日時 - 2015-12-21 16:46:51

ANo.2

微生物などが吸収してくれるのなら、少し土の中に深く埋めれば、放射能の害は無くなるはずですが、
それをしません。
つまり吸収しないから、他に対策がないから、その地区から避難しているのです。

投稿日時 - 2015-12-21 08:31:24

お礼

そのときだけでも微生物が犠牲になってくれないかと思いました。

投稿日時 - 2015-12-21 11:55:17

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-