こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

気が抜けないビールの保存方法

家でよく缶ビールを飲みます。
しかし、全部飲みきれ無い時は、缶の上部にラップをして状態で冷蔵庫に入れました。
翌日ラップをあけたらビールの気が抜けていました。
そこで今度は
ペットボトルに入れてみました(容量一杯)が結果は同じでした。

ビールの気が抜けない様にするにはどうしたらいいでしょうか?

投稿日時 - 2015-12-18 22:58:04

QNo.9097926

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

気が抜けるとは、ビール内に溶け込んだ炭酸ガスが気体になって逃げていくことです。
溶け込んだ炭酸ガスを逃げないように押さえ込まなくてはいけません。
「押さえ込む」と言うのですから上から押さえないといけません。
と言う事で、容器に入れたら加圧して密封しましょう。
その時に炭酸ガスだと申し分ないです。
手間と費用を考えたら、捨ててしまって新しいものを開封した方が良いです。

投稿日時 - 2015-12-18 23:07:19

お礼

そうなんですか

投稿日時 - 2016-07-31 10:27:42

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

現実的な話をすると、缶ビールを開けた瞬間から炭酸は抜けていきます。

開ける前は缶の中に圧力がかかっているから、開けたときに『プシュッ』と音がするわけですよね。

保存しようとした時点で既に時間経過で炭酸は抜けてきていますし、ペットボトルに移すことでも炭酸は抜けますよね。

どれくらい効果があるかわかりませんが、ペットボトルのキャップでポンプがついていて炭酸を抜けづらくする製品がありました。

炭酸キャップで検索したら見つかりそうです。

ただ、この製品はペットボトルからコップに注いだ残りに対して使うものなので、缶ビールをペットボトルに移す場合と比べると、以下の点で有利です。

1.缶をあけてから移すまでの時間損失がない。
2.ペットボトルに移すための損失がない。

体験談では、ペットボトルのコーラで使っているときには効果があったと思います。

ただ、面倒くさいです。
炭酸抜けたら捨てて新しいものを買う方が現実的だと思ったので私には向きませんでした。

投稿日時 - 2015-12-18 23:13:39

お礼

なるほど

投稿日時 - 2016-07-31 10:27:56

-広告-

ANo.2

もともと抜けないようにしなきゃいけないから缶に入れているので、
同じようにそのビールを工場で缶に入れないと抜けてしまいます。

圧力をかけれればいいですけど、そんなことはできないでしょうから
温めないようにするしかないですね・・・(>_<)

気体は液体の温度が低いほどよく溶けて、
缶ビールは圧力をかけたりして無理やり気体を溶かしているので
温めた後に冷やしても元には戻りません(まあこれは実体験でわかりますけど)。
だから、抜けてしまったら終わりなのでなるべく
「冷蔵庫から出してからのそのビールの最高温度」を低く保つしかないです。

ラップは意味ないですね。
ペットボトルは微妙に効果はあるでしょうけど。



ペットボトルの蓋に穴をあけて空気入れで空気を押し込んだら
マシになるとは思いますが、クサくなっちゃいそうですし・・・笑
こればっかりはどうしようもないです。

投稿日時 - 2015-12-18 23:07:32

お礼

参考にします

投稿日時 - 2016-07-31 10:28:08

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-