こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

居抜物件、契約内容が違いすぎる

先程、居抜物件のタイトルで相談した者です。レスタンダードという店舗を専門に売買している会社のインターネットの居抜市場と言うサイトで普通賃貸借物件と書かれていたので、契約申し込みをしたのに、契約寸前でお金(仲介手数料も含めて)を全て払った後に、定期借家であること、またその不動産会社の管理会社の転貸物件であることを知らされました。結局、私の事情で契約を辞めるとお金が返ってこないと言われたので、追い詰められた気持ちで契約してしまったのですが、納得出来ず、契約してしまった事を後悔しています。お店を営業し始めると、隣りのビルの取り壊しが始まり、何年か掛けてオフィスビルをマンションに建て替えるようです。それも知りませんでした。
私が借りているビルの大家さんが上に住んでいて飲みに来た時に、居抜代の100万円は俺に支払うべきだったと言われ???、テナントが替われば替わるほど不動産屋は儲かると言われました。結局、居抜代は前のオーナーさんに払われていません。仲介手数料を取ったのにです。
契約前に居抜で買った物件だし、原状回復は途中でやめる場合でもしないという事を何度も確認していたのに、重要事項説明書に甲の選んだ業者でスケルトンにするとあります。いろんな事を考え不安になり、不動産会社にそのことで電話をしたら以前の担当の方がやめてしまっていたため、後任の方に聞くと「やめるんですか?(まだ、そんな事は言ってないのに)じゃあ、原状回復費を払ってもらいますよ。」と言われました。私が払う義務がないと理解していると言うと、「じゃあ、お兄さんに一千万払ってもらいますよ。」と言われました。
以前、弁護士さんに相談した時は、「契約書にサインしましたよね。」と言われて、親身になってもらえませんでした。どういう言い方で弁護士さんに相談するべきでしょうか。
兄が保証人になっていますが、そんな言い方をされて悔しいです。

投稿日時 - 2015-12-18 00:16:20

QNo.9097492

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.4

宅建主任者です。

相談の際は時系列でメモ書きしておくと
短時間で弁護士さんの理解も早いです。
こんな感じです。
1 X月○日 何時 契約申込書を書いて出した
2 X月○日 何時 お金(仲介手数料も含めて)を全て払った
3 X月○日 何時 契約寸前で定期借家であること、またその不動産会社の管理会社の転貸物件であることを知らされました。
4 X月○日 何時 契約を辞めるとお金が返ってこないと言われた
5 X月○日 何時 追い詰められた気持ちで契約してしまった


>3 契約寸前で重要事項説明をされ
>4 借主事情で申込をキャンセルしても
  お金を返さないと言われた

宅建業法においては重要事項説明を受けた段階では
・キャンセル可能(まだ契約していない)
・全額返金
なのに
4で事実と違うことを言われて契約した、ということを
説明すれば良いですね。

相談は弁護士(有料)より先に
東京都宅建業協会や、
レスタンダードに宅建業免許を交付している
東京都都市整備局 指導相談係に相談するのもいいでしょう。
今回の居抜き物件の契約の解約はもちろん
免許停止や取り消しの勧告・指導を
東京都からレスタンダードにしてもらえるかもしれません。
(電話相談)  電話:03-5320-5071(直通)
(面談相談:当日受付)
相談窓口:新宿区西新宿2-8-1 都庁第2本庁舎3階北側 不動産業課内
窓口受付時間:都庁開庁日9時~11時、13時~16時
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/juutaku_seisaku/300soudan.htm

レスタンダード(株)
東京都知事免許(1)第92957号
http://www.hatomarksite.com/search/tokyo/agent/00071316189/

投稿日時 - 2015-12-18 18:03:37

補足

重要事項説明書の中の契約の種類の欄で、普通賃貸借と定期借家の両方にマークをしています。私の借りている物件は借地で、大家さんは(そう仲介の方が紹介しましたが)更新しないみたいで、すぐではないですが取り壊しになるみたいです。そういう事も言わないのが不思議です。

投稿日時 - 2015-12-19 00:25:09

お礼

ありがとうございます。私がお聞きしたかった内容で、励まされました。

投稿日時 - 2015-12-19 00:24:51

-広告-

ANo.3

契約自由の原則があるので
契約するもしないも貴方の自由ですし
貴方は、契約書を読んで契約したんでしょう。
その契約書に書かれている内容が契約の内容ですよ。
納得できない内容とか、不明確なことは契約書を訂正して契約するか
契約をやめるかです。
言った言わないというような証拠のないことで
不毛な争いをするのなら弁護士にも金をむしりとられます。
貴方が未成年ででも無い限り、自分が結んだ契約の責任は自分にあります。
契約違反であるのならその内容で争ってください。

投稿日時 - 2015-12-18 11:45:17

55歳 男性
今までの経緯が説明出来る資料などがありますか?
あるならお近くに無料弁護士がいると思うので
相談して下さい
不動産に関する説明責任を果たしていないと思います

投稿日時 - 2015-12-18 05:07:26

お礼

ありがとうございます。説明責任について弁護士さんに聞いてみます。

投稿日時 - 2015-12-18 15:48:32

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-