こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

統合失調症になったら予知ができるようになりました

統合失調症の人で予知能力があるひといますか
私は次の日に会う仕事場の初対面の人の名前を幻聴で聞いたり、その人の誕生日がわかったり、住所まできちんと予知できるので怖いです
声は私を殺すと言っているので
危ない目にあうか殺されるのでしょうか
そういう事は都合よくあたらないんでしょうか

投稿日時 - 2015-12-16 17:27:06

QNo.9096828

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(9)

その予知能力が盛んなときに、
株式投資・競輪・競馬・宝くじetc.で
病気で働けなくても、一生暮らせるような
資産を作ってしまいませんか。

次に《殺す!》と言われたら
どのように殺害するのか訊いてみませんか。
工夫して、
その幻聴を録音して
主治医に聞いてもらいませんか。
All the Best.

投稿日時 - 2015-12-20 00:01:53

補足

問いかければ幻聴はこたえますよ
統合失調症をよく勉強してから
質問したほうがいいとおもいます

投稿日時 - 2015-12-20 13:57:56

-広告-

ANo.8

あー可哀相、じぶんが死ぬ日が今から見える。

投稿日時 - 2015-12-19 15:46:14

ANo.7

予知できる情報とあなたに悪影響を与えている情報(程度の低い、邪念のようなもの)と
両方受け取られているとお考えください。

極端ではありますが、イメージしやすい形で表現しますと
貴方が不安になった怖い言葉は、貴方を傷つけようと悪霊が発しているものです。
「知ることが出来た情報」は受け取ってもOKです。
「ぶつけられた言葉(声)」に関しては受け取らないでください。

なので、声は振り払ってください。
特に短期間ではありますが、今の時期は危険なので、とことん無視してください。
振り払えれば、来週中盤には落ち着かれるかと存じます。

投稿日時 - 2015-12-18 17:14:24

ANo.6

オカルトは体験がありませんが割と信じてるほうです。
まずは確認です。
統合失調症の特徴は幻覚、幻聴ですが、その他にも記憶に関わるものがあります。
初対面の人に会った、というのが真実だとするならば、その前の日に聞いた、という記憶が間違っている可能性があります。
後から思い返した記憶に間違いがあるのです。

それとは逆で、証拠を書き残したとしてそれが第三者に確認できたとします。
その場合、今度は初対面であるという内容の記憶が間違っている可能性があるのです。
これらを防ぐには、24時間録音機を持ち歩き必要な時に取り出したり、部屋を録画したりするといいです。
特に部屋の録画は、いつの間にか動いていた物の確認や失せ物に役立ちますよ。
基本的にはそれらと併用して、第三者に確認してもらわないと確定にはならないですね。


死については、統合失調症の方はよく聞くタイプの幻聴ですので気にすることはありません。
会話を楽しんでみて下さい。口に出さずとも、心の中で話せば「相手」に聞こえますから。

でももし予知があるなら夢があっていいですよね。

投稿日時 - 2015-12-17 18:37:12

ANo.5

予知というのは統計と意志決定の問題です。
一定期間内にどれだけ当たったかどれだけ外れたかをまず計測しましょう。
その後で重要な問題を予知できるかどうかとそれを頼みにすべきかを考えます。
精神科医が入り込む余地のない数学上の問題ですね。

こう捉えてみると占いと同じようなものだとおわかりでしょう。
ある人は筮竹を使い、ある人は水晶玉を使い、
ある人は心に浮かぶ視覚イメージを使います。
雲の形から雨が降るかを判断するのを職業にしている人もいるように、
ほとんどの人は何らかの形で無意識のうちに予知を試みているんですね。
(的中率が低すぎるから自分はやっていないと思っているだけ)

質問者さんはご自身の予知の的中率が高いと思われているようですが、
それが本当かどうかを第三者に頼んで確かめてもらってみてはどうですか?
自分だけは的中率が高いと思い込みがちな性格だから
ひょっとしたら統合失調症と診断されているのかも知れませんよ。

投稿日時 - 2015-12-17 13:44:02

ANo.4

これは「予知能力」とは言い難いです。私も長年精神科病院の事務をして来ましたが、精神科の医師の話によると「霊能者の殆どが精神の患者さんである」と言っていました。「統合失調症」という病気である限り、「自分には予知能力がある」と言っても、それはこの病気が引き起こす幻覚、幻聴であり「予知能力」ではありません。一生懸命治療に励んで下さい。

投稿日時 - 2015-12-17 08:15:54

ANo.3

過去にその予想が正しかったということはありましたか。

投稿日時 - 2015-12-17 05:01:52

ANo.2

統合失調症を先ず治癒するには、安心できる抑圧や可能な限りストレスのない環境で暮らしながら、穏やかなコミュニケーションをして過ごすことです。

そして、甘い物や精製食品を避け、搾りたての野菜ジュースや新鮮なお肉など健康的な食事を摂ること。決まった時間に寝起きし、日課とする運動を生活に取り入れること。

そして、何より精神科医と関わりを持たないこと。
精神薬は、麻薬のようなもので、精神を治癒する効果は認められていません。

また統合失調症は、自己喪失とストレスによる混乱、薬物や多量のアルコールによる錯乱やショック状態などをきっかけに起こりうる混乱状態であって決して病気ではありません。

精神科に掛かると、病気だと決めつけ、しかも治すだけの知識もない為に、殆ど混乱状態から抜け出すことがありません。極め付けには、自己の思考を抑制してしまう精神薬の投薬が更に症状に拍車をかけることになるからです。

上述しましたように、安心できる環境と栄養を満たす食事療法の二面から治療を行って下さい。

あなた様の文面を読む限り、あなたの自我、魂、つまりあなた自身は、確かに疲労している様子が伺えます。が、必ず蘇りますから希望を持ち続けて下さい。あなた様の状況、精神を患った経緯は、ちょっとした”うつ状態”からであったのでしょうか?
精神科医と関わり始めたことで、悪化する場合もあります。なぜならば、精神薬は覚せい剤の類い、危険ドラッグに分類されるくらいリスクのある薬物だからです。

十分な栄養の補充で完治することは珍しくありません。
精神科医、およびクリニックは遠ざける治療法をお勧めします。

さて、あなたの中の声は、幻聴ではありません。 あなたが過去に経験され、様々な人との印象や経験の記録から生じている心の中のデータに過ぎません。
そのデータがあたかも幻聴のように、誰かがお告げを発しているかのように受け取られるのです。

その過去の印象や情報と現在目の前の現実と、そしてあなた自身との区別がはっきりつけられないほど、今あなたは自分が弱まっているのです。

他人や他の物と自分との区別が曖昧になるほど混乱してしまっているということです。

それをおバカな精神科医らは理解できません。
理解できないので病気と呼ぶのです。
そして意味のない投薬をして涼しい顔をしているという訳です。

あなたは、あなたを回復するだけでいいのです。
焦らず上述した点. 安心、栄養、日課、決まった時間での起床や散歩などの軽い運動を心掛けて下さい。

散歩時には、できるだけ遠くや近くのものをしっかり見ながら散歩するように為さってください。

これを守れば、あなたは必ず良くなりますよ。

投稿日時 - 2015-12-16 18:56:57

ANo.1

私は予知能力はありませんでしたが、人の内心思っていることが分かると感じていました。

ただ、病院に通ってお薬を飲むうちに、私自身が人の内心を作り出していたのだと分かりました。

その予知能力はおそらく恐ろしい、あなたの言うような「お前を殺す」といったような幻聴を聞くうちに、あなたの防衛本能が作り出したものだと思います。

投稿日時 - 2015-12-16 18:46:35

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-