こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

統合失調症です。服薬と睡眠と、あと何が?

こんばんは。
私は36歳の女です。統合失調症を患って17年になります。

今日は昨日、おとといと母と二人で(基本二人です)家にいて、
母が嫌がらせをしてきたのでキレたら「わかったわよ」というので、
なにが?と思いつつ様子を見ていたら、
ちゃんといやがらせをせずいてくれて、安心していたのですが、
今日になってその信頼……17年の間かすかな希望をもってすがろうとしては、
母の足の下で粉々にめちゃめちゃにされてきた信頼感を、
またも壊され、嫌がらせをされ、我慢しようと最初思って、
二度目の時も思って、三度目まで耐え、四度目にされたときついまたキレてしまい、
今度はものを壁に投げつけたり、ガラスの容器で母の鏡を割ったりしてしまいました。

もう、ほとほと疲れ果てました…。

この病気になって家族に言われたことは、
病院へ行け、薬飲んだのかよ、この二つです。
さらに最近になって、良い睡眠をとることも大事だということをネットで知りました。
私は毎日夢を見て、その夢を口述できるくらい鮮明に覚えており、
もしかしたら眠りが浅いのかもしれません。

でももうこれ以上どうしろというのでしょう。
発症のきっかけはいじめということになっていますが、
私は母の存在は無視できないファクターと考えています。

でも母を愛していたい。愛されもしたい。
悲しくつらいのにそう思わずにいられません。

主治医の先生とはうまくいっていますが、
先生は薬を出すだけがお仕事ですので話は聞いても聞くだけです。
カウンセリングに行く余裕はありませんし、過去に嫌な思いをいっぱいしているのでできれば受けたくありません。

私はもうどうすればいいのかわかりません。
どのような方からの回答でも構わないのですが、
できれば闘病されている統合失調症患者さんご本人の体験談や、
アドバイスを聴いてみたいと思います。

回答お待ちしております。

投稿日時 - 2015-12-14 23:33:09

QNo.9095951

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

こんにちは。

読ませていただきました。

>もう、ほとほと疲れ果てました…。

お辛いですよね…。

しかし、あなたのご質問の文章からは、自分をあきらめたくないという強い意思を感じます。

ところで、統合失調症は、様々な症状が出るようで、一つの病気としてくくることが出来にくいようで、様々な仮説が出されているようですが、まだ決定的な結論が出ていいのが現状の様です。

このため、様々な症状に対処するため、過剰に薬を処方されているケースもあり、社会問題化されて来ていますね。

診断についても、気分障害全般に言われることですが、まだ多くの病院が簡単な問診などで診断している現状では、的確な治療がなされていないケースもあるようです。

17年も苦しまれているという事ですから、本当につらいですね。


ところで、あなたが本当に望んでいらっしゃるのは、

>でも母を愛していたい。愛されもしたい。
>悲しくつらいのにそう思わずにいられません。

ということだと思いました。

私は思うのですが、あなたのお書きになられたものの端々から、黙って話を聴いてくれる人がほしいという強いメッセージが発せられていると思うのですね。

確かにあなたは統合失調症という病気に苦しんでいるのかもしれませんが、それ以前に一人の女性ですし、お母さまの子供のはずです。

この普通の、ごく当たり前の人として扱ってほしい、接してほしい、話を聴いてほしいという気持ちがとても強く発せられていると思います。

その通りだと思います。

気分障害などの病気になると一番困るのは、病人として扱われて、人として扱ってもらえなくなってしまうことです。

このことがご本人をとても苦しめてしまい、回復を妨げてしまう要因になったりします。

この点、あなたのおっしゃっていることは正しいと思います。


人が人でいられるのは、いくつかの条件があると思いますが、自分の話を黙って聴いてくれる人がいるかどうか、自分と同じような境遇や考え方をしている人がいるかどうか、そして、そのうえで、理想となる人がいるかどうかだといわれています。

この点において、あなたはお母様に病人としてではなく、当たり前の人間関係として話を聴いてほしいとお思いだと思います。

一方、あなたがお母様を見て感じていらっしゃるように、お母さま自身も、あなたの話を聴く余裕もなく、何か追いつめられているような、何か為す術もなく、ただ薬を飲んでもらうしかないとあきらめていらっしゃる思います。

これは医療が人と人とを遠ざけてしまうという事なんですね。


しかし、私たちは決して断じて無力ではありません。

あなたは既に何が大切か充分にご存じだと思います。

出来るならば、あなたの話を毎回聴いてくれ、診察に時間をかけてくれそうな病院の信頼できる先生を探してみてください。

そして、人は信頼できる、そういう自分も相手から信頼されているということを実感するところから改めて治療を始めてみてはいかがでしょうか。

また、出来れば、あなたが発病する以前、あなたのお母さまとどういうお気持ちであなたをご覧になっていたのかをお考えになってみてください。

それから発病し、今まで17年間、どのような気持であったであろうか、落ち着いたときに少しずつで結構です、お考えになってみてください。


あなたはカウンセラーにあなたの本当の気持ちを聴いてもらえなかったのですね。

私も、一応はカウンセラーの末席におりますので、その方に成り代わって謝りますね。

ごめんなさい。

これからは、もしあなたがその気になった時で結構ですから、あなたが話しやすい雰囲気を持った信頼できるカウンセラーを探して、余裕のある時にあなたの胸の中にある怒りや悲しみを吐き出してみてください。

それからでも構いません、ゆっくり時間をかけて、ご自身の気持ちを癒していってください。

あなたがとにかく胸の中にある気持ちをはぎだしてもらってスッキリさせる、そういうセラピーもあります。

もう一度、改めてご自分とお母さまとご病気に向き合ってみてください。

応援してます。

投稿日時 - 2015-12-17 18:19:14

お礼

回答ありがとうございます。

そうですね、私は愚かにも母に執着していて、この期に及んでまだ「愛されたい、愛したい」などと考えてしまい、それが裏切られるたびに感情が爆発してしまうのです。

薬の量が多いこともお察しの通りです。今通っている医院で一番出していると先生に言われました。私は薬が効きにくい、何かアルコールに強いとか、そういう体質なのだと思っています。

過去、傷つけられたカウンセラーの代わりに謝ってくださって、とても心が動きました。嬉しかったです。今まで誰にもそんな風に言ってもらったことはないです。

お金と気持ちの両方の問題がありますが、また何かしらのきっかけがあれば、カウンセラーを探してみよう。それは母の嫌がらせを私が受け止めるためではなくて、本当の私を癒すために。そんな風に思いました。

本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2015-12-17 20:32:12

-広告-

ANo.1

執心する前に、自分の居室が朝起きたようにきちんとなっているかどうかを確かめるのはどうでしょうか。

投稿日時 - 2015-12-15 01:45:00

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-