こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

なぜ、左翼はMRJを批判しない

「MRJ 国産初のジェット機が飛び立つ」
皆さんは、この記事をどう思われましたか?
「日本の技術もすごいな」
こんな感想が多いと思いますが、僕は不思議に思いました。
「日本が戦争をする国になる一歩として、ジェット機の開発に手を付けたのだ。こんなことは以っての他だ。」
左翼マスコミや言論人、日教組なんかでは、こういう発想になりそうなのに、なぜこんな声が聞こえてこないのでしょうか?
(この連中は、軍事と言っただけで拒否反応を示す連中だことは、皆さんもわかっておられますね。)

「何でこんなことを言っているのだ」と思われた方もいると思いますが、僕の話をよく聞いて下さい。
「航空宇宙産業は軍需産業」
これは世界的な常識です。(ちなみに、日本の産業界でも同じです)
「民間機だってあるじゃないか?」
そう思われた方もいるでしょうが、世界的に航空機の需要は85%は軍事向けで、ボーイング社以外では官需(つまり軍事用)が過半を占めています。
今、西側先進国では「軍事技術ほど遅れた技術はない」とされていますが、こと航空宇宙産業では軍事技術が先端です。(これは使用頻度の問題と考えてくれればいいでしょう)
日本で昔製造していたYS11は、平和利用のつもりでしたが、外国で軍事物資の輸送に使われたことがあります。
(このことで、武器輸出禁止にひっかかったことが問題になったことがあるのです。)

ちなみに、僕はソフト技術者です。つまり、一番の軍需産業に従事しています。(この業界でこう考えている人はどのくらいいるのでしょうか?)
なぜ、一番の軍需産業か?
今、軍事技術はコンピュータのレベルで決まる、と言われています。それ故、ソフト技術なんていうのは、軍需産業中の軍需産業なのです。
現に、防衛関係の仕事の多い三菱重工でも、肝心な部分は三菱電機(強いてはコンピュータソフト)が握っているという話もあります。

もう一つ、皆さんが普段使用している軍事技術の話をしましょう。何のことだと思いますか?
実はインターネットです。
インターネットはどうして生まれたか?
「ソ連からの核攻撃でコンピュータセンターを破壊されれば、何も行動できない」
ペンタゴンではこう考えたので、ホストコンピュータを分散させる技術として、インターネットを考えたのです。
「メールやブログもインターネットの技術を使用している。」このことは、皆さんわかっておられますね。
今では、インターネットは民間用に開放されていますが、まだまだ軍事技術と切り離せないものなのです。
というのは、暗号化技術等で、ペンタゴンの許可が必要なのです。

少し長くなりましたが、ここまで読んでくれた方はどう思いましたか?
「左翼からすれば、ジェット機はケシカランというはずだ。」
そう思いませんか?
なぜそうならないのでしょうか?僕は次のどれかと思っています。
(1)左翼は軍事に関して何もわかっていないので、航空機やソフト技術が軍需産業だこともわかっていない。少しでも本当のことがわかっている人間からすれば、単なるアホ(言いすぎですか?)である。
(2)軍事技術ということはわかっているが、とりあえずそれには目をつぶっているだけ。そうでないことには、みんなを納得させられない、ということを考えている。

皆さんはどう思いますか?

投稿日時 - 2015-12-06 17:27:08

QNo.9091545

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

(1) はその通りだと思いますよ。

軍事関係の話題が生理的に嫌いな人はヒコーキなど判りゃしませんって(笑)。

Mass Media は富士重工 FA200 AeroSubaru という軽飛行機をセスナと呼びますものね(^_^;)。

日本でよく見ることができる Cessna 172 Skyhawk や 182 Skylane は高翼式とか肩翼式とも呼ばれる「主翼が Cabin の上にある」形状であるのに対して FA200 AeroSubaru (エフエーと呼ぶ人も多い) は「主翼が Cabin の下にある」低翼式ですので Cesna 社の軽飛行機ではないことなど遠目からでも一目瞭然です。

三菱重工は MRJ を作る前に MU-300 Diamind という Business Jet 機を開発したのですが、FAA (米・連邦航空局) の審査基準が変更された時期に重なって 1 年半も審査を待たされた挙句に 100 機以上もの仮受注を受けていた機体の設計変更を迫られ、更には (Jet 機業界の不振を誘発する) 米国政府の高金利政策への変更で発売を断念、Raytheon 社傘下の Beech-Craft 社に販売権を譲渡、……その後 Beech Jet 400 と名を変えた MU-300 は米空軍の練習機 T-1A Jayhawk として 180 機が採用されることになり、円高の日本産では高額過ぎることから Beech-Craft 社は MU-300 の製造権も取得、……現在、Ratthon Beech-Craft 社は垂直離着陸戦闘機で有名な Harrier を生んだ英国の Hawker Siddeley 社より航空機の製造権を獲得して Hawker Beech-Craft 社となっており、かつての MU-300 は Hawker Brand の Hawker 400 として 700 機以上売れている機体に育っています。

航空自衛隊の T-400 訓練機もこの T-1A Jayhawk なのですが、もともと三菱重工が開発した MU-300 ですので定期修理は三菱重工が行っています。

三菱重工が MRJ 開発に社運を賭けているのも F2 戦闘攻撃機製造以来の航空機製造技術者を失いかねない時期にあり、次代の FX (試験機は心神) 開発に繋げられない危機にあるからとも言えます。

まぁ FX に関してはヒコーキ好きや軍事 Mania の関心事でしょうが、「航空宇宙産業は軍需産業」と御質問者さんが仰る事はヒコーキ好きや軍事 Mania でなくとも「常識」ですよね。

昔の男の子はクルマとかヒコーキとかデンシャとか戦艦とか、大好きな機械はプラモデルを作ったりして詳しくなったものですが、そうした興味は「戦争に対する興味」ではなく、純粋にカッコイイ機械から科学技術への興味に根ざしているにも拘わらず、左寄りの人達は直ぐに「軍事に使われる機械は生理的に受け付けず、知ろうともしない」態度を示しがちで、その結果「常識」であるべきことでさえも無知であったりするものです。

服に関しては数十数百種類の Design (形状) を一目で説明できる一方で、機械に関しては興味を示しにくい女性が、Sawing Machine をミシンと呼ぶようになったのは致し方ないとは思いますが、大の男が AeroSubaru を Cesna と呼ぶのは「それは左派右派といった政治思想主義の問題以前に男としての知力の問題だろう」と情けない気がします。

MRJ も日本の軍事技術を支える重要な工業製品なんですけれどねぇ(^_^;)。

我が家の上を毎日ブンブン飛んでいる川崎重工の P-1 なんて Engine も機体も (勿論 Avionics Hard/Software も)「よくぞ、これほどのものを開発したもんだ!」と感心してしまいます。……滅茶苦茶静かなんですよねぇ、Hawker 400 (MU-300) の方が煩い(笑)。……石川島播磨重工 F7-10 Engine の推力向上燃費改良型って MRJ の Pratt & Whitney PW1215/1217 に対抗できるほどに進化して欲しいなぁ。


>「日本が戦争をする国になる一歩として、ジェット機の開発に手を付けたのだ。こんなことは以っての他だ。」左翼マスコミや言論人、日教組なんかでは、こういう発想になりそうなのに、なぜこんな声が聞こえてこないのでしょうか?

彼等にそんな知力はありませんって(^_^;)。


因みに日本の Software 開発 Level って、私は「世界の軍事技術の中でも最先端を認められている技術」の 1 つだと思っています。

もう 15 年も前になりますが、米 Philadelphia の Carnegie Mellon 大学で Pentagon より研究費を得て Lockheed AC-130 Hercules Gun-Ship 用戦闘攻撃管制 Program の情報解析部分を作っていたのは日本の某国立大学から留学派遣されていた連中でしたよ(笑)。

現在では TOYOTA や HONDA の自動車輌運転 System に用いられている情報解析 Software の方が優れているとは言え、当時でも 400m 余り先の地上で入り乱れている敵味方を判別して敵兵だけを Gun Ship の機関砲で撃ち抜くなんてことを想定できる解析精度を備えている SF じみたものでした。

初期の精密爆撃技術に不可欠であった TV Camera とその映像解析 Software も SONY の CCD からの派生でしたしね。

願わくば Network Security 方面にも活躍される方がもっと増えて欲しいものですが……。

投稿日時 - 2015-12-06 21:33:20

補足

貴方の考えは、十分納得できることですね。

(1) はその通りだと思いますよ。
軍事関係の話題が生理的に嫌いな人はヒコーキなど判りゃしませんって(笑)。
Mass Media は富士重工 FA200 AeroSubaru という軽飛行機をセスナと呼びますものね(^_^;)。・・・
 ↑
なるほど、左翼(または、軍事関係の話題が生理的に嫌いな人)は何もわかっていないからこそ、訳の分からないことを言っているのですね。
現に、このHPでも、トンチンカンなことを言ってますね。

まぁ FX に関してはヒコーキ好きや軍事 Mania の関心事でしょうが、「航空宇宙産業は軍需産業」と御質問者さんが仰る事はヒコーキ好きや軍事 Mania でなくとも「常識」ですよね。
 ↑
他の人は、「民間機だから軍事とは関係ない」なんて言っているようですが、こんなことは、どう考えても平和ボケの人のセリフですね。

MRJ も日本の軍事技術を支える重要な工業製品なんですけれどねぇ(^_^;)。
 ↑
ただ、僕は航空機にはあまり詳しくないので、航空機の技術の方は十分わかりません。でも当たり前のことでしょうね。

>「日本が戦争をする国になる一歩として、ジェット機の開発に手を付けたのだ。こんなことは以っての他だ。」左翼マスコミや言論人、日教組なんかでは、こういう発想になりそうなのに、なぜこんな声が聞こえてこないのでしょうか?
彼等にそんな知力はありませんって(^_^;)。
 ↑
これも、先ほどの「何もわかっていないからこそ、訳の分からないことを言っているのですね。」と同じ感想です。

因みに日本の Software 開発 Level って、私は「世界の軍事技術の中でも最先端を認められている技術」の 1 つだと思っています。
 ↑
このことは、ペンタゴンも認めていることです。日本人の仕事に対する正確さが生んだことだと思います。

願わくば Network Security 方面にも活躍される方がもっと増えて欲しいものですが……。
 ↑
確かに、日本ではセキュリティ関係や暗号化技術が弱いとされています。
我々ソフト業界でも、この部門を強化する必要があるでしょう。

では、貴方に質問させてもらいます。
貴方は、安倍政権で成立させた安保法案をどう思われますか?
僕は「こんなことは、軍事がわかっていれば常識以前の話だ」と思いますが...

投稿日時 - 2015-12-07 22:43:05

お礼

皆さんの考え方には、「MRJなんか軍事技術でない」というのが多かったようですが、こんな考えは世界に通用しません。
日本以外では、軍事が一番なので、軍事に十分応用できる技術は軍事技術のテリトリーになります。これを軍事技術でない、というのは日本人が平和ボケしている証拠です。
サヨクは、平和ボケしている連中なので、「MRJが軍事技術」ということがわかりっこないのですね。

貴方の考えが一番納得できる回答なので、ベストアンサーとさせてもらいます。貴重なご意見をありがとうございました。

投稿日時 - 2015-12-18 22:19:56

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(14)

ANo.14

左翼は愚民を扇動出来る事しか使いません。
米国現在の一等軍需部門はコンピュータ、医療、核、宇宙と言われます。
それに反対しても愚民操作出来ません。
平和利用の飛行機しかりです。
関連法反対では本質の自衛隊、安保、国連加盟の違憲は出ません。
愚民の支持得られないからです。
関連法を戦争法と言えば馬鹿は騙されます。
兵站、後方支援、軍資金供出は完全に参戦です。
でも言いません。

投稿日時 - 2015-12-11 22:15:27

補足

なるほど、面白い意見ですね。

米国現在の一等軍需部門はコンピュータ、医療、核、宇宙と言われます。
平和利用の飛行機しかりです。
 ↑
こんなことは世界的な常識だと、僕は言いたかったのです。
#5の方が言われるように「MRJは、日本の軍事技術を支える重要な工業製品だ」というのが正しい考え方です。
「MRJは民間機だから軍事技術ではない」
こんなこと世界的に通用するわけがありません。そう、日本人が平和ボケしているだけです。

左翼は愚民を扇動出来る事しか使いません。
 ↑
#5の方も言っていたように「航空機は軍需産業」なんてわかっていないものだから、騒がないのですね。
日本人の軍事音痴は今に始まったことじゃないけど、左翼はさらにわかっていません。わかっていないからトンチンカンなことしか言わないのですね。

関連法反対では本質の自衛隊、安保、国連加盟の違憲は出ません。 関連法を戦争法と言えば馬鹿は騙されます。
兵站、後方支援、軍資金供出は完全に参戦です。
 ↑
左翼連中は何もわかっていないから、安保法案にも反対なのですね。
「安保法案で日本が戦争に巻き込まれる」
おおよそ軍事の分かっていない連中の戯言ですね。
国民もしっかり本当のことをわきまえることにより、こんなことに振り回されないようにしなければならない、と思いますね。

投稿日時 - 2015-12-12 12:32:00

ANo.13

民間技術から軍事技術への転用はありえないですか?
自衛隊の迷彩服はよくカーテンなどにある燃難性のある繊維を使ってます。その繊維を更に対赤外線に対処可能に加工してます。

自衛隊に限っては、あり得ないことはありません。

投稿日時 - 2015-12-09 07:59:35

補足

民間技術から軍事技術への転用はありえないですか?
...
自衛隊に限っては、あり得ないことはありません。
 ↑
僕もその通りだと思います。

例えば、テレビゲーム。これを軍事技術と思いますか?
ところが、れっきとした軍事技術です。
なぜなら、アメリカで一番必死になってテレビゲームをやっているのが、空軍のパイロットです。(シュミレーションで、敵国の上空の飛行訓練をやっています)

これは、子供の遊び用に作成したものでも、軍事利用になる例です。
このような例はいくらでもあります。
そう、何気ない技術でも軍事的には重要な技術があるのです。
増して、No5の方が言われたように「航空宇宙産業は軍事技術」なんていうのは、世界中の常識です。
我々もこういったことを考え直す必要があるのじゃないでしょうか?

投稿日時 - 2015-12-09 22:30:12

ANo.12

民間の技術と軍事技術の関連性はよく分かります。
インターネット然り、ドローンと3Dプリンターなんかもそうだ、と言われていますね。
ドローンや3Dプリンターなんて軍事技術としては非常に高性能ですね。
何しろ、CADなんかの電子データをネット経由で戦地付近に送って、3Dプリンターでドローンをつくれば、航空機での輸送も軍隊という人員も必要ありませんからね。
ネットも、衛星通信を介せば、どこでだって接続できますし。


ただ「民間の技術が軍事技術に転用される」…って、あんまり聞いたことありませんね。

私がよく聞くのは、
『軍事技術が民間の技術として払い下げられる』とか、
『軍事技術によって民間の技術が向上する』とかですね。

卵が先か、鶏が先か。
そんな話です。

MRJが軍事技術ではないか?

答えはNoです。
航空機はもとは軍事技術でしたが、それが民間技術として払い下げられた以上は、それが再び軍事技術に流用されることはありません。

軍事技術は、国家機密です。
民間でどのような技術かすでに分かりきっているものを軍事技術としては利用できませんよ。

そのことを分かっているから、左翼の方達も、MRJを批判しないのだと思います。
MRJのような旅客機を応用した軍用機で戦闘を行っても、ステルス戦闘機もドローン爆撃機も出る必要なく、地上からのロケット砲で撃墜されて終わりだと思います。
ですから、MRJが軍事技術だ、と叫んだ時点で、国際社会から「やっぱり日本って平和ボケした国なんだな」と思われるでしょうね。

投稿日時 - 2015-12-09 06:22:37

補足

貴方の考え方は、明らかに間違いです。
航空機産業が軍事産業である証拠をあげましょう。

日本は太平洋戦争の敗戦後の占領期間には、アメリカは非軍事化の政策を取りました。
この時には、武器産業はもちろん禁止だったのですが、航空産業も徹底的に禁止されました。
そう、戦後の10年間は、航空機の保有・製造ばかりか、実験や大学の講義ですらダメだったのですよ。
こうまでするのは、それだけ航空機が(民間機と言えども)軍事技術に応用されるものだからです。

現在でもこのことは変わっていません。
証拠に、航空機は部品レベルでもココム(今ではこんな組織はなくなったそうですが、それに代わる組織があります。以下、ココムの名前で話をします)の規制対象です。これは民間機でも変わりがありません。
これでも、軍事技術でない、と言われるのはどうしてでしょうか?

投稿日時 - 2015-12-11 23:05:43

ANo.11

こじつけ過ぎかな?
自分はそうは思いません。
自衛隊が装備しているものを列挙したら、質問者さんの仰ることは大概当たっていますよ。
野外炊事車・天幕(テント)・ 戦闘服・洗濯風呂設備など衣食住に関するもの、野外病院・野外救護所・除染所・通信設備(衛星含む)、土木・道路設備などのインフラ整備などキリがありません。
自衛隊で取り扱っていないのは、攻撃型兵器に関するもの、鉄道全般、ビルなど建築に関するもの…他にもあるでしょうけど、それ以外のものは簡易的なものを含めて自衛隊は世にあるものを殆んど独自装備されている。

投稿日時 - 2015-12-08 12:59:06

ANo.10

>僕の考えでは、「軍需産業でない産業何てあるわけない」です。 =以下略=

なるほどね、そういう考えなら『軍需』ですね。
しかし、それならば『軍需』に当てはまらないものはありません。
質問者さんの考え方は、あまりにも「こじつけすぎ」です。
一過性としての『軍需』は当てはまりますが、そこまでです。


>まあ、たった一つだけ平和産業があります。
>核兵器です。

そうですか? それこそちゃんちゃらおかしいですね。
現代においては、使えない兵器です。
作れば管理しなければならないし、核廃棄物が出てきます。
しかも人間に有害です。
なので数年前に確かNASAがロケットで太陽に廃棄しようなんて計画を発表して、クレームが付きましたね。
それに核兵器は産業と言うにはあまりにも利益を受ける範囲が小さすぎます。


質問者さんの考え方はトリッキー過ぎて、問題がありますね。

投稿日時 - 2015-12-07 22:26:26

ANo.9

民間の航空機ですからねぇ。
いちいち文句つけても、皆さんが言われるように、そこらじゅう武器に転用できる技術は世に出回ってますよ。
ロケットだって、最初はアメリカに技術提供を持ちかけましたが、本体の図面は提供されましたが、エンジン部分は空白だったと言います。
日本のロケットエンジンは、日本が研究し開発されたものです。
これだって弾道ミサイルになりますし、政府もそう思ってるでしょう。

カメラなどの顔認識センサーは、見方を判別し、銃の引き金が下りないようにするための技術。
グーグルマップなんかは、軍事衛星のカメラを応用したもの。
リニアなどは、無音のミサイル発射装置にも転用できるのですよ。
一応平和目的ですから、文句は言えないでしょ。
それはサヨクだからではないと思いますよ。

ただ、危機感を抱くというのは大切なことですが。

投稿日時 - 2015-12-07 15:51:37

ANo.8

MRJのエンジンはプラット&ホイットニー社製です。国内メーカーでは商用ベースで勝負できるエンジンを作れないということです。
国産というためにはコストベースで8割以上が国内製品でなければなりませんがエンジンコストは全体の4割程度を占めるので、MRJは「国産」ではありません。
また、MRJのエンジンはギヤードターボファンでありジェットエンジンとは違いファンで推力を得るタイプでどちらかというとYS11のようなプロペラのターボプロップ式に近いタイプですので「ジェット機」ではありません。
ですのでMRJを「国産ジェット」と呼ぶのは全くの間違いです

軍需産業に携わっているならばこのくらいは知っておいてもらいたいと思います。

投稿日時 - 2015-12-07 12:10:31

ANo.7

>僕に言わせば、平和ボケしているだけと思いますが、どうなのでしょうか?

どこにボーダーラインを引くかでしょうね。
それによって、判定は辛くもあり、甘くもある。

「平和ボケ」って、何を基準に「軍需」とお考えですか?

投稿日時 - 2015-12-06 23:30:14

補足

何を基準に「軍需」とお考えですか?
 ↑
僕の考えでは、「軍需産業でない産業何てあるわけない」です。
全面戦争となれば、あらゆる産業が軍事に利用されます。
学問だって軍事と関係ない物は何か教えてほしいです。

まあ、たった一つだけ平和産業があります。
核兵器です。
今、平和が保たれているのは、核の抑止力があるからです。
(ちなみにこれは世界的には常識です)

航空宇宙産業が平和産業なんて、世界的にはおおよそ平和ボケしているになりますよ。

投稿日時 - 2015-12-07 21:24:45

ANo.6

OsatKaso さん、こんばんは。

それは確かにおかしいと思いますが、航空機といってもMRJは輸送機ですから、兵隊を輸送する軍隊輸送機にするなら批難されるのが当然ですが、他にも心神という戦闘機も開発しているようですから、そちらのほうが強い非難があって当然だと思います。
確かにソフトが軍事技術になるのは理解できますが、用途や目的によっては理解されることもあると思います。
技術に罪はなく、目的によって鉄人28号の歌にある「ある時は正義の味方、ある時は悪魔の手先」というように・・・・

投稿日時 - 2015-12-06 23:25:51

ANo.4

本当に危険だったらまずアメリカがストップをかけていたでしょう。
貴方の言う日本のサヨクもそのくらいのことは分かっていますよ。
MRJのエンジンは米国からの輸入ですし、
この製品(MRJ)そのものは軍需産業とは何の関係もありません。

投稿日時 - 2015-12-06 20:08:22

補足

僕は軍事を否定していませんよ。
でないと、「一番の軍需産業に従事している」なんて言うとおもいますか?

僕は、「航空機が軍需産業と関係ない」なんていう人は、平和ボケとしか思いませんが、どうなのでしょうか?

投稿日時 - 2015-12-06 23:05:02

ANo.3

軍需じゃないから・・。

投稿日時 - 2015-12-06 20:01:17

補足

MRJが軍需でない?
僕に言わせば、平和ボケしているだけと思いますが、どうなのでしょうか?

投稿日時 - 2015-12-06 22:57:04

ANo.2

OsatKaso さん、こんにちは。
私はそれは神経質すぎると思っています。
今どき、技術の民需と軍需の垣根は微妙になっています。カメラのレンズメーカーが狙撃銃のスコープを作っているのことと同じです。
飛行機はいいけど、戦闘機はダメ、船は作っても、潜水艦や水上艦はダメ、トラックはいいけど戦車、装甲車はダメというようなストライクはダメだと言ってるのではないでしょうか?

投稿日時 - 2015-12-06 17:51:29

補足

今どき、技術の民需と軍需の垣根は微妙になっています。
 ↑
僕もこれくらいは知っています。

もう一度、僕の言いたかったことを簡単に述べます。

「自衛隊の戦車がかっこいい」
一般人がこう言ってもおかしいとは思いませんが、こと左翼がこう言ったらどう思いますか?
「いつも自衛隊を批判しているくせに何を言うか?」
こうなるでしょう。
僕は、「航空機も戦車と同じだ」と言いたかったのです。
こう考えたとき、どう思うかを皆さんに聞いたのです。

投稿日時 - 2015-12-06 22:53:23

ANo.1

 
左翼も「MRJはかっこえ~なぁ」と思ってるのじゃないかな..............

軍需技術を言うなら、ヒコーキの前にロケットだろ
 
三菱は潜水艦も作ってるし............
 

投稿日時 - 2015-12-06 17:31:33

補足

左翼も「MRJはかっこえ~なぁ」と思ってるのじゃないかな..............
 ↑
航空機は軍事技術、という考えをすると、左翼がこんなことを言うのはどう思うか、ということを僕は言いたかったのです。

投稿日時 - 2015-12-06 22:55:10

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-