こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

東北の津波震災遺構保存について。

宮城県はじめ岩手県、福島県で東日本大地震による津波被害の遺構を残すべきか壊すべきかで揉めているようです。
先日は石巻の大川小学校を残すかどうかの議論が有ました。
でも疑問はそういった大きな建物を震災遺構として残すには管理費や維持費で莫大な費用が必要なことです。
聞く所によると震災遺構を残そうと言っている人達は其の遺構に直接関わりのない部外者が多いそうです。
市町村が財政難の折、また震災復興半ばで復興費にお金が必要な折、大川小学校の様な大きな建物を残すことはないと思うのですが、そうではないのでしょうか。

投稿日時 - 2015-12-05 10:22:00

QNo.9090930

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私も被災して崩れかけている建物を「安全に」保存するための費用を考えると「建物自体を残すべきべきなのか?」という疑問があるのですが……

http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/715210b80ba75f26de0a64ca2292bac9

の教訓は忘れ去られてしまってはいけないものだと思います。

大津波警報が発令されて防災警報が鳴り響いているにも拘わらず、児童を校庭裏の山に避難させることなく雪が降る校庭に 40 分以上も待機させ、その後に校庭よりも 5m 高い場所に移動を始めたものの高さ 8m の津波が押し寄せて 74 名の児童と 10 名の教職員が流され、命を落とした「事件」ですよね。……「『事故、災害』で括って良いものか?」という疑問が沸くのも当然でしょう。

幸い、書籍化され、Web にも紹介されるようになったため、情報が風化することはないと思いますので「安全対策費や維持費までかけて建物自体を保存する必要はないのではないか」とは思いますが……。

>聞く所によると震災遺構を残そうと言っている人達は其の遺構に直接関わりのない部外者が多いそうです。

これはどうなのでしょうねぇ。

我が子を失った親達は、被災児童 73 名の親達全員ではなく、一部ではあるものの、法廷闘争に持ち込んでいるのものですし、その支援者達も勘定に入れれば確かに「直接関わりのない部外者」が多いとは言え、それを「管理費や維持費で莫大な費用が必要なこと」に絡めて「震災の遺構として残すべきではない」理由にするべきではないでしょう。

当面の維持管理費用を募金で賄い、後々には「奇跡の一本松」と一緒に「震災の Monument」に含める運動をするというのあれば何の問題もないのでしょうが、維持管理費用に初めから税金を投入するような方向になっているのであれば「被害と言える被害など受けなかった県外の部外者として『同情はするけれども、税金を無駄にするなよぉ。維持管理募金を募れよぉ。』と言う」かも知れません(^_^;)。

投稿日時 - 2015-12-06 22:15:11

補足

「奇跡の一本松」に幾らがお金が掛かったかご存知ですか。15,000万円ですよ。
無駄というものです。
15,000万円のもっと有効な使い道はありますよ。

投稿日時 - 2015-12-07 09:25:13

お礼

「奇跡の一本松」の経費で復興資金が無駄使いされました。
部外者にはそうとしか思えませんよ。

投稿日時 - 2015-12-07 09:27:06

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

同じような議論は、戦後に原爆ドームを巡って何度も起きました。被爆者にとって原爆ドームは原爆のトラウマを思い出させる忌まわしい象徴です。戦後何度も「もう原爆のことは思い出したくないから取り壊そう」とか「過去のことを忘れて前に進むために取り壊そう」という話が出て、その度に市民や国民が議論して今に至っています。

津波の被災地に関していえば、彼の地は何度も津波に襲われていることで知られています。だから、結構あちこちの町に石碑が残っているんですね。「ここまで津波が来て、村人が何人死んだ。だからこの石碑から下に家を建ててはいけない」という石碑が残っていたりするのです。防災の専門家でそれを丹念に調べた人がいまして、その津波の規模と今回の津波の規模がほぼ一致したそうです。
にも拘らず、そのことが忘れられてしまったから、あれだけ多くの被害を出してしまったともいえるでしょう。私は部外者ですから、現地の人たちが「忘れたい。残したくない」といったらそれを強くはいえない立場です。でもこうも思うのです、「あなたたちは、自分たちが犯した過ちを、孫やひ孫にまたくり返させるのですか」ってね。
もちろん、「石碑を建てても忘れてしまうような人たちだから、教訓を残しても金の無駄」という意見もあるでしょう。

投稿日時 - 2015-12-05 10:41:05

補足

部外者は被災地の被害者が過去の教訓を無視したから被害に遭ったから、自己責任の事項だと非難しています。
だから当事者は遺構保存に賛成しなくて部外者が賛成することが多いのです。
私は小さな市町村が大きな建物の遺構を残すのは費用の面で大変だからどこもかしこも震災遺構を残すのではなく、一地方の一箇所位でいいのではないでしょうかとお聞きしています。

投稿日時 - 2015-12-07 09:22:49

-広告-
-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-