こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

織田信長の真実

比叡山焼き討ち・・・僧や女子、数千人を殺す
長島一向一揆・・・降伏した2万人も砦に押し込め焼き殺し
越前一揆・・3、4万人を殺す。山に逃げた人も容赦なく探索して残らず処刑
荒木一党惨殺・・・直臣の家族500人余を人間バーベキュー

枚挙に暇がありません。普段も虫の居所が悪いと部下を簡単に殺した話も無数にあります。
しかるに、戦国時代でも稀に見る残虐な人間が現代では「乱世を統一するには仕方なかった」
「カリスマのある人間はある程度、人殺ししてもやむを得ない。」などと擁護する意見も多く
結果、今でも信長の行った蛮行よりも天下統一への努力を称える人が多い感じです。
しかし、やったことを冷静に見れば殺戮魔以外何ものでもないです。
秀吉、家康などと比べられますし、彼らも似たり寄ったりかもしれませんが、信長の常軌を逸した行為とは比較にならないと思います。いくら、戦国の世でも飛びぬけた殺人鬼だったのは否定できないでしょう。
なのに、あまりその側面は語られず、英雄(?)扱いされることが多い理由はなぜでしょう。

投稿日時 - 2015-12-01 22:52:15

QNo.9089200

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

物を盗れば泥棒、国を盗れば英雄、よく言われる言葉ですが信長ほどこれがよくあてはまる人物はいません。まず信長が好きな人は決して信長を道徳的にほめたたえているわけではありません、その天才性をほめたたえているのです。

まず貨幣経済がろくに進んでいなかった時代に楽市楽座をし経済(物流)を発展させることで運上冥加を集める、自分がほめたたえることで茶器の価値を高めそれを転売、あるいは褒美とすることで儲ける、およそ米を経済の基調としていた室町時代には考えられないほど経済を理解しています、徳川歴代将軍は爪の垢を飲んだ方がいいw
軍事では寡兵をもってして信じられないような強襲突撃をやってのけて戦況をひっくり返しています、しかも一度ではありません。
鉄砲の組織的運用、そもそも火縄銃はヨーロッパで生まれた武器なのに信長が世界一その運用に長けています。
信長は明らかに人格破綻者ですがこういった天才性は歴史を永くひも解いてもなかなかほかにいません、多くのファンがいるのも理解できると思います。

投稿日時 - 2015-12-02 09:47:45

お礼

ありがとうございます。

>物を盗れば泥棒、国を盗れば英雄

初めて聞きましたが、うまいこと言いますね。確かに、天下を取れば支配者として君臨でき、つかまることもありませんから。

敵対者への異常な残虐性は置いて、楽市楽座など経済をよく理解して金儲けの道を開いたことや、軍事面では特に天才を発揮したようですね。
桶狭間の戦いでの今川義元討ち取り、武田勝頼軍に対しても、徳川と連合して火縄銃を駆使し勝利しています。

冷酷無比で人格破綻者、道徳的にはどうしようもないが、そういう天才的な面も大きかったので未だファンも多いということのようですね。

部下と話すときは「で、あるか」が口癖だったそうですが、尊大な性格が表れています。私は好きになれません。

投稿日時 - 2015-12-02 12:11:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

そうですかね?
むしろあの時代にあって信長の行動は至極当然だと思いますが

比叡山焼き討ちは
戒律を破って肉を食べ酒や女におぼれる体たらくぶりをみかねての所業です
信長は比叡山を焼き討ちする前に比叡山に対して「体制を改めろ 戒律を守れ」と警告しています
にも関わらず僧侶たちは何も変えなかった だから罰を与えた
これは戦国としては当然だし むしろ1回警告してるんだから優しいとすら思います


他にも色々とありますが
信長が異常だったわけではなく
秀吉や家康がむしろ信長に比べて優しかったんだと思います
秀吉は人たらし と言われるように
相手を殺すより 生かして都合よく使う事を良しとした人物ですし

まぁようは性格の違い ですかね

投稿日時 - 2015-12-02 11:36:51

お礼

ありがとうございます。

降伏して泣いて命乞いする人々も、容赦なく首をはねられるのはいかにあの時代でも冷酷すぎて反吐がでます。
比叡山の焼き討ちにしても、本来そういう戒律破りは別に信長と直接関係ありません。彼がそれを咎めて、皆殺しにする権利などありません。おせっかいもいいところでしょう。

家康、秀吉もかなりなことしてるとは思いますが、信長に比べると数段ましかなと思います。権力を取る過程では何でもありだったのは戦国時代が最悪ですが、中でも信長の冷酷さは頭抜けていて、人格破綻者としか思えませんね。

投稿日時 - 2015-12-02 12:46:14

-広告-

ANo.4

「英雄」って存在そのものが暴力的ですからね。それは古今東西の英雄と呼ばれる男たちを実在・非実在含めて集めてみれば分かります。
世の英雄と呼ばれる男たちは、自分の前に立ちはだかる存在をだいたい暴力で排除します。そして我々はそれを支持するのです。ジョジョだって悟空だってケンシロウだってみんなそうです。「敵に回ったら殺される」のです。物語、特に日本の物語では「復活ルール」があって倒された敵はなぜか主人公の味方になるというストーリーが多いですが、現実はそういうことはまずないので主人公の敵になったやつは倒され、二度と立ち向かうことができないように殺されてしまいます。

我々オスの本能の中に、そういう暴力的な部分が備わっているのですよ。そして「強いやつは偉い」っていうのが割と本能的にあるのです。仮面ライダーや戦隊ヒーローやウルトラマンが敵をやっつけることに疑問を持つ男の子はまずいません。「地球制服にきたからやっつける」で口実としては充分なのです。

信長の人気は、その「オシャレ」で合理的な部分が支持されていると思います。洋装を取り入れたファッションを残していて、オシャレでスター性がありますよね。家康の地味っぷりに比べると非常に派手ですし、代々のお殿様の出自のせいか秀吉のような成金趣味でもありません。さらに彼の判断は非常に合理的で「非情で冷酷だけど、理に適ってはいる」ものです。つまり頭がいい。理系の頭の良さです。
飛び抜けて頭が良くてお殿様の家の出身で合理的で強くてオシャレでイケメン(妹のお市の方が美女で有名だったのでおそらく兄の信長もイケメンだったと思われます)。今でいうなら小泉進次郎君でしょうか。スター性は充分ですね。

投稿日時 - 2015-12-02 11:25:50

お礼

ありがとうございます。

強い奴が偉いという本能がなせる業なんですかね。人間の業の深さを感じます。
ファッションについてはマントを着たりしてたようですし、容姿もいい男だったらしいです。よく教科書などで見る画像でなく、当時のヨーロッパの宣教師が描いたリアルな信長像を見ましたが、鼻筋通った顔してます。
このへん、猿顔やタヌキ顔だった秀吉、家康より人気がある理由のひとつかもしれません。

外見が良いと、たとえ人間的には最低でもなんとなく支持されるという典型でしょうか。

投稿日時 - 2015-12-02 12:29:56

ANo.2

"飛びぬけた殺人鬼だったのは否定できないでしょう。"
   ↑
英国の研究ですが、歴史の英雄とか大企業の
経営者には、人格障害が多いそうです。
つまり、冷酷なんですな。

冷酷で、克己心が強く、頭がよいと英雄に
なりやすいのです。
冷酷で、克己心が弱く、頭が悪いと、ただの
犯罪者です。

英雄になるような人間は、普通の人間と違うのです。
信長は、人一倍冷酷だったのでしょう。



”あまりその側面は語られず、英雄(?)扱いされることが多い理由はなぜでしょう”
     ↑
普通の人間には出来ないことを平然とやってしまう。
しかも、やったことの規模が大きい。
更に決定的なのは、天下統一の礎を築いた、という実績がある。

ということで
憧れ、崇拝の感情を持つ人が多いからではないですかね。

つまり、普通の人間にも、ああいうことが平然とやれたら
なあ、という願望があるわけです。

ゴルゴ13が人気なのもそうした理由があるからでしょう。

投稿日時 - 2015-12-02 06:55:42

お礼

ありがとうございます。

一種の人格障害なのは間違いないですね。確かに、歴史上の英雄や、一代で大企業に育て上げたような人は、他人の意見は聞く耳持たず。極端な自己中が多いようです。人間的には好きになれないタイプです。

>冷酷で、克己心が強く、頭がよいと英雄に
なりやすいのです。
冷酷で、克己心が弱く、頭が悪いと、ただの
犯罪者です。

一人殺せば殺人者だが百万殺せば英雄、という言葉を思い出します。
稀に見る冷酷さで大量虐殺しても、それが天下統一という大義名分のためならあまり批判されない。所詮、自分が覇者になってやりたい放題したいだけなんですが。

彼の行いから考えて、もし天下を取っていたら民衆は徹底的にいじめられ、おびえて暮らす世の中になったでしょう。

投稿日時 - 2015-12-02 11:49:59

ANo.1

質問者様が列挙した事は殺戮の方ばかりですが

私成りの考えを述べれば


織田信長に殺戮された比叡山の僧侶達は僧侶でいながら仏法から外れ
武力を持ち放置すれば一大勢力となり人身を脅かす事と成りかねない
一向一揆に付いては武士をも恐れぬ武力を持ち出ん端を省みぬ反抗勢
力と成る事を信長は恐れた
又、越前一揆もしかり荒木一党に付いては家臣でありながら信長を裏切
った故であると私成りに解釈しておりますが
信長の本来の精神は仏法を信心していた信心深い武将であったと言う
事実をお忘れなく

さて、ご質問ですが

信長は明智光秀に焼き内で殺害されなければ乱れきっていた戦国の乱世
を唯一統一出来たであろう処に英雄視されているのではないかと推測し
ます。

投稿日時 - 2015-12-02 00:54:28

お礼

ありがとうございます。

しかし仏教の教えを真に理解していれば、降伏して許しを請う人々を無慈悲に殺戮など決してできなかったと思います。
許すこと、他人を慈しむことは仏法の基本ですから、全く相反する行為をしてるところからも、彼が仏教を正しく理解せず都合の良い部分を勝手に解釈してたことは間違いないでしょう。


>信長は明智光秀に焼き内で殺害されなければ乱れきっていた戦国の乱世
を唯一統一出来たであろう処に英雄視されているのではないかと推測し
ます。

よく信長擁護で言われる説ですが、所詮統一といっても権力欲の結果であり、自分が天下を手中にして牛耳りたいということに過ぎません。
信長みたいな、超暴力的、自己中の固まりみたいな人間が権力握ったら、
庶民は益々泣かされどうしになります。
へたに統一されるよりは、地方分権のほうが良いこともありますよ。
今の日本にも言えますが。

結局、勝てば官軍という論理が信長擁護の人には強いかなと。彼が明智光秀に殺されないで、彼が天下取ればよかったと思う人には弱い人々、支配される側への思いやりが感じられません。

投稿日時 - 2015-12-02 02:07:00

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-