こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

オイルタイプコンプレッサーでのエアスプレー

エアフィルター(セパレータ)は当然いるとして、オイルを除去するものが別途必要でしょうか?
そもそもとんでもない値段でしか販売されてないのですが、たとえばエアフィルーターではなく、ミストフィルターを使えばオイルも除去されますか?
もしくは水分は大敵ですが、オイルはフィルターで除去するほど影響がでないでしょうか?

また、バイクの塗装に使うのですが、おすすめのエアーガン教えていただきたいです。
単色メタリックウレタン2液使います。
出来れば1個だけ、安いのなら2個買うのもありかなとおもっています。
1個だけであれば1.4mmが最適との情報をみました。
以下コンプレッサーのスペック

○電源 :100v 50/60Hz
○消費電力:1800W
○タンク容量 約38L
○回転数:2850/3450r/min
○空気接続口:ワンタッチ1/4カプラー×2
○吐出量:120/140L
○設定圧力 約0.88MPa(8.8kgf/cm2)
○最高仕様圧力:0.8Mpa(8kgf/cm2)
○再起動圧力:0.6Mpa(6kgf/cm2)
○圧力調整範囲:0~0.8Mpa(0~0.8kgf/cm2)
○本体重量 約31kg
○本体サイズ:高さ72×長さ67×幅40(cm)

投稿日時 - 2015-11-23 04:44:45

QNo.9084682

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

昔、建築塗装会社にいたことがあります。

湿式(オイル)と乾式(オイルレス)でも、簡易タイプでよいので水抜き/オイル抜きフィルターを設置しましょう。

エアーガンで、塗装物の水分や埃をとばす。
シンナーをつけた布(ウエス)などで表面の油分をとるのはもちろんですが…

"コンプレッサーの圧縮エアーから出る水でお困りの場合、まず1番に考えるのはエアードライヤーを取り付けることです。ただエアドライヤーは高くて予算がないと言うときは、簡易型の水抜きを取り付けることで、ある程度解消できます。その場合は2つの機器の複合技がお薦めです。エアラインの途中に手動タイプの水抜きを取り付けて、さらにスプレーガンの手元でシルカゲル吸着式で水分を吸着する方法です。シリカゲルは確かに効果が上がりますが、水が多い場合はすぐにシリカゲルの寿命が来て、不経済なのでこの方法を用います"
http://www.protoolshop.net/spraygun/airfilter/17210.htm


スプレーガンは好みによりますが、私は重力式(上カップ式、塗料カップがガンの上に付いているタイプ)がすきでした。

"★日本で手に入る大まかなエアスプレーガンは、

国産
●アネスト岩田社製
(LPH50・LPH101・LPH200・LPH300・LPH400
 W101・W200・W300・W400LPH80・RG・W2001・W2003・SGDなど)
●SATA サタ
(jet1000・jet3000・minijet)
●デビルビス
(Luna・O-Light・JJ・JGX・Apollo・Gti・Funなど)
●明治
(F100・F200・F21・FMII・FinerII・Finer)
●近畿製作所・ワグナー・エアーテックス等です"
http://www.matsutanipaint.co.jp/?cn=100174

エアーガンは日立のモノを使ってました。

おすすはやはり、

「アネスト岩田」ですよね

http://www.anest-iwata.co.jp/coating/index.html


エアーコンプレッサーはピストンエンジンで空気をおくりだします。ピストンの摩擦にオイルを使うか使わないかで、湿式(オイル)と乾式(オイルレス)の違いがあります。

湿式は、オイルかまざります。乾式に比べ、静かで、長時間使えるけれど、オイルの水抜き、オイル補充が必須。

乾式をすすめているサイトが多いようです。

"またコンプレッサーにはオイル式・オイルレス式のものがあります。これはオイルレス式が塗装に向いています、オイル式はごく微量の作動オイルがエアーに混じる事がある為です。 どちらでも出来ない事はありません"
http://www.hiromu-web.com/diy/painting2.html


"エアーコンプレッサーには湿式と乾式がある…

乾式(オイルレス)
乾式(オイルレス)はオイル無しでエンジンを回すということになるので、連続使用時間が限られています…

湿式(オイル式)
オイル式の方が良さそうに思いますが、 噴射するエアーに多少なりともオイル気が混じり込みます。用途によっては合わない物がある(塗装など)でも耐久性もあがります…
"
http://acsll.com/2014/02/aircomp3/


"エアーコンプレッサー 一覧表 比較"
http://acsll.com/2014/10/aircomp-compare/


"バイク 塗装に関する質問・悩み・回答・方法"
http://sp.okwave.jp/search?auth_token=9fdaff5f31c3e9ef29a7e2b9506b16f2009b1243&word=%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF+%E5%A1%97%E8%A3%85

参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2015-12-21 17:07:35

-広告-
-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-